8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

インド、ロシアとのパートナーシップに揺るぎなし

Must read

ウクライナ戦争

西側諸国からの圧力にもかかわらず、インドはロシアとのパートナーシップを堅持し、ウクライナでの戦争を非難することを拒否し、西側の対モスクワ制裁にも加わらないという態度をとり続けている。しかし、このことが米国との関係強化に影響を与えることはなく、また与える可能性もないと分析されている。

先月モスクワを訪問したインドのスブラマニヤム・ジャイシャンカール外相は、ニューデリーは冷戦時代の同盟国との経済関係を強化すると述べた。「我々にとって、ロシアは安定した、時間をかけて培われたパートナーであり、私が言ったように、何十年にもわたる我々の関係のいかなる客観的評価も、それが両国に非常に、非常によく貢献してきたことを確認するだろう」と彼は言った。

ニューデリーはロシアに課された西側の制裁に加わっておらず、モスクワの侵略を非難する国連の決議にも参加していない。アナリストによると、インドの軍隊は戦車や戦闘機などロシア製の装備に大きく依存しており、特に中国との緊張が高まっている今、ヒマラヤの係争中の国境に沿って両軍が3度目の冬を迎えるために集結している状況では、モスクワを孤立させる余裕はない。

「もしあなたの兵士が中国と対峙しているならば、武器を供給してくれている一国を相手にすることはできないでしょう。インドがロシアと共有している防衛関係は、インドがより現実的な関与を選択させた」とニューデリーのオブザーバー研究財団の研究・外交政策担当副社長、ハルシュ・パント氏は言う。

西側諸国の指導者たちがロシアの原油を買うなというのをはねつけ、インドはモスクワからの石油、石炭、肥料の購入量を増やした。戦争が始まる前は1%以下だったロシアは、年末までにニューデリーへの石油のトップサプライヤーとなった。インド政府関係者は、モスクワから石油を買うことは自国に有利であり、今後もそうするつもりだと述べた。

インドはまた、8月に中国や他の数カ国と一緒にロシアの大規模なボストーク軍事演習に参加するために部隊を送った。「インドとロシアの関係には、エネルギーや防衛関係など、双方にとって重要な取引的側面があり、インドは国益を考えて決断する」と、ジンダル国際問題大学院のスレラム・チャウリア学部長は述べた。

2018年10月5日、インド・ニューデリーのハイデラバード・ハウスでの会談を前に到着したロシアのウラジーミル・プーチン大統領とインドのナレンドラ・モディ首相。/ロイター

しかし、ウクライナ紛争の激化は、ニューデリーに懸念を抱かせている。ナレンドラ・モディ首相は9月、ウズベキスタンで開かれた地域サミットの傍らで会談し、ロシアのプーチン大統領に対し、”今は戦争の時代ではない “と述べた。世界が食糧やエネルギー不足などの課題に直面し、特に発展途上国が影響を受けていると指摘したのだ。

インド外務省によると、最近の両首脳の電話会談で、モディ氏は再び、紛争を終わらせるための外交と対話を呼びかけたという。重要なのは、ロシアとインドの指導者の間で定期的に開催されている年次首脳会談が、今年は予定されていないことである。

「ロシアが現在行っている多くのことは、おそらく不当であるとインドは感じている – 民間人やエネルギー部門への攻撃のような。そのため、ロシアの行動には否定的な反応もある」とパント氏。しかし、パント氏は、「インドは、この紛争には複数の原因があると感じており、したがって、政治的対話が唯一の道である」として、ロシアを公に非難することはあり得ないと付け加えました。

インド、米国、日本、オーストラリアからなるクアッド同盟の中で、ロシアを制裁していない唯一のパートナーである。批評家たちは、インドがロシアの石油を大量に購入していることが、ロシアの侵略を罰しようとする西側の努力を弱めていると指摘した。しかし、両国は拡張主義的な中国に対抗するために戦略的パートナーシップを強化し、そのようなことは起こらなかった。

ロイド・オースティン米国防長官は4月、ニューデリーでのインド外相・国防相との会談で、「今日、我々は米印両軍があらゆる領域で、そしてますます広いインド太平洋全域で共に活動し緊密に連携するよう位置付けている」と述べた。

9月、アントニー・ブリンケン米国務長官はインド側との共同記者会見で、インドと米国の関係を「単純に世界で最も重要な関係の一つ」と呼んだ。インドと米国の軍隊は先月、インドの中国との国境近くで演習を行いました。これは両軍が毎年行っている定期的な訓練の一環であるが、その場所は重要であると考えられていた。

「中国の台頭は現代における最も強力な力のひとつであり、インドとアメリカは協力しなければならない、他に選択肢はない、というコンセンサスを確かに固めた」とパント氏は言う。パント氏は、このパートナーシップは双方にとって重要であると述べています。「インドなしではインド太平洋は成り立たない。アメリカはインドのパートナーとしての価値を理解し、インドはその周辺が混乱しているときに、ワシントンの価値を理解しているのだと思う。

アナリストによると、インドはウクライナ紛争から抜け出すための交渉に協力したいと考えており、世界経済に懲罰的な打撃を与えていると指摘している。「ロシア、そして西側諸国の緊密なパートナーであるインドは、橋渡し役になりたがっている」とChauliaは言う。「すでに水面下での話し合いが行われており、インドは少なくとも武力衝突がなくなるよう、紛争当事者間の相違を減らすために建設的な役割を果たすことを望んでいる」。

  • 著作権 © 朝鮮日報・朝鮮日報ドットコム

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article