23.8 C
Tokyo
2024年 7月 15日 月曜日

この脈打つクッションを抱きしめると、不安が抑えられるらしい。

Must read

テクノロジー

妙に可愛らしいユカイ工学のチーム。 猫のしっぽの枕が、また新しい風変わりな発明をしました。CES 2023で発表されたFufulyは、日本企業によるもうひとつの不安解消クッションであり、今回は穏やかなリズムの脈動が主な治療ツールとなっている。Fufulyを抱きしめていると、その生命感あふれる挙動がお腹を刺激し、ゆっくりとした深い呼吸を誘うというものだ。その形状は、空気の流れをイメージしているとのことですが、抱きしめると、まるで生き物がうとうとと眠っているような感覚になります。静かな機械音を猫の鳴き声と勘違いしてしまったが、CEOの青木俊介は「偶然の一致」と言い切った。

このプロジェクトでは、ユカイ工学は東京大学と提携し、「個体間あるいは個体と物体の相互作用によるリズム同調現象」を研究しています。私たちは普段、赤ちゃんやペットを抱っこしているとき、無意識のうちに穏やかな気持ちになっていますよね。青木は、「このクッションを5分間使用するだけで、ユーザーのストレスレベルが下がり、より注意深く行動できるようになります」と述べています。

Fufulyには3つの動作モードがあります。自分の落ち着くニーズに合わせて、わかりやすい「レギュラー」と「ディープ」モードがあり、3番目のモードは一般的なリラックス呼吸法に基づいています。残念ながら、会場のプロトタイプではモードを変更することができませんでした。青木は、「Qooboの猫のしっぽ枕と同時期に、脈打つクッションのアイデアもあったのですが、最終的には後者を先に開発することにしました」と付け加えた。

テクノロジー ライトニー

リチャード・ライ/Engadget

ユカイ工学が披露したもうひとつの新しいデバイスは、しばらくすると文字通り居眠りする、かわいい人型のベッドサイドランプ「Lightony」だ。おそらく、このロボットの実物そっくりの首の傾きと目の回転の動きによって、早く眠りにつくよう促すのだろうが、このおもちゃで遊んでいるうちに、子供たちがそのまま起きてしまうこともあり得るだろう。また、Lightonyは音声コマンド(クラウドではなくローカルで処理)に反応するので、ベッドに入ったときにカウントダウンを設定したり、「おはよう」と声をかけて起こしたりすることも可能です。

青木氏はEngadgetに、Fufulyは今年、クラウドファンディングによって日本で発売され、その後、いずれは世界的に発売される予定であると語ったが、価格はまだ発表されていない。Lightonyについては、まだ開発初期段階とのことなので、また後日改めてご紹介したいと思います。

Engadgetがお勧めする製品はすべて、親会社から独立した編集チームによって選ばれたものです。一部の記事にはアフィリエイト・リンクが含まれています。これらのリンクのいずれかを介して何かを購入すると、アフィリエイト手数料を得ることがあります。価格はすべて記事掲載時のものです。

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article