15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

ステランティス、販売店再編でフランスの5店舗に1店舗の削減を計画

Must read

 ステランティス、販売店改革でフランスの5店舗に1店舗を削減する計画© Reuters.ファイル写真:フランス・パリ近郊のヴェリジー・ビヤクーブレーにある社屋に見られるステランティスのロゴ(2022年2月23日撮影)。REUTERS/ゴンサロ・フエンテス

ジル・ギヨーム 記

パリ(ロイター) – ステランティスは、コスト削減と電気自動車時代に備えて流通網を再構築するため、最終的にフランス国内の小売店5店舗に1店舗程度を削減すると、2日に発表した。

プジョー(OTC:)、シトロエン、フィアットなどのブランドを持つ伊仏のグループは、自動車の電動化やソフトウェア駆動が進む中、新しいトレンドや顧客の要望に適応するため、販売網の柔軟性を高めようと競争している。

ステランティスのフランス担当マネージャー、ギヨーム・クージーは「物理的な拠点は少なくなる」と述べたが、同社のブランドと潜在的な購入者の間には「同じかそれ以上の」接点があると付け加えた。

同社の将来の店舗はよりマルチブランドになり、顧客はステランティスがヨーロッパで販売する8つのブランドの中から、各ディーラーでより幅広いオファーを見つけることができるだろうと、彼は付け加えました。

新小売店モデル」と名付けられた同社の販売店とのビジネス関係の再編成計画は、現在、関係者間で最終的な話し合いが行われています。

フランスの2022年の新車販売台数は8%近く減少し、夏以降に見られたわずかな改善も12月には予想外に霧散してしまった。

(この記事は、見出し、リードの単語を「shut」から「cut」に変更するために修正しました)

続きを読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article