23.8 C
Tokyo
2024年 7月 15日 月曜日

DalyはFRBが5%以上の金利を上げると見ているが、どこまでかは不明確

Must read

ビジネス情報

ビジネス情報 デイリー、FRBが5%以上の金利を上げると見るが、どこまでかは不明確&copy ブルームバーグ。メアリー・デイリー

(ブルームバーグ) — サンフランシスコ連邦準備銀行のメアリー・デイリー総裁は、中央銀行が金利を一時停止する前に5%を超えるところまで引き上げるとの見通しを示したが、究極の水準は不明で、インフレに関する受信データ次第となる。

月末の次回会合に関して、中央銀行は2回連続で50ベーシスポイントの利上げを行うか、あるいは1/4ポイントの利上げに減速する可能性があると、デイリー氏は月曜日にウォール・ストリート・ジャーナルのライブストリーミング・インタビューで述べた。

「より緩やかなステップで行うことで、入ってくる情報に対応できるようになる」と、今年は利上げの投票を行わないデイリー氏は述べた。彼女は、根強いインフレに対して「勝利を宣言する」のは時期尚早だと強調した。

FRBは12月の会合で利上げペースを緩める一方、追加引き締めが控えており、インフレ率を中央銀行の目標である2%に引き下げるため、借入コストがしばらく高い水準にとどまる可能性があることを強調した。

デイリー氏は先月、今年の金利引き下げを織り込んでいる市場の見方よりも長い間、金利が抑制されたままであるとの見方を示した。彼女は、連邦基金金利を11ヶ月間ピークで維持することは、「合理的な出発点」であると述べた。

FRBは1月31日と2月1日に会合を開き、50ベーシスポイントの追加利上げか、さらにペースを落として4分の1ポイントにすると予想されているが、トレーダーは後者がより可能性が高いと見ている。金曜日に発表されたレポートによると、12月の米国労働市場における雇用は引き続き堅調である一方、賃金の伸びは冷え込んでいる。

©2023 Bloomberg L.P.

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article