15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

FRBは2月1日に25または50bpの利上げを行う可能性がある、とDaly氏がWSJに語った。

Must read

 FRB、インフレを視野に次期利上げの規模を検討© Reuters.FILE PHOTO:2021年11月16日、米カリフォルニア州サンフランシスコのコモンウェルス・クラブ・オブ・カリフォルニアでポーズをとるサンフランシスコ連邦準備銀行総裁のメアリー・デイリー氏。REUTERS/Ann Saphir/ファイル・フォト

アン・サフィール、ハワード・シュナイダー 記

サンフランシスコ/アトランタ(ロイター) -米連邦準備制度理事会(FRB)の政策担当者は、今週末に発表される新鮮なインフレデータが、今後の会合で利上げペースを遅らせ、2022年の大半で用いた大きなジャンプではなく、わずか1/4ポイントの引き上げにできるかどうかを決めるのに役立つと述べている。

木曜日に発表される米国の消費者物価データが、直近の月例雇用報告で見られた冷え込みを確認した場合、アトランタ連銀のラファエル・ボスティック総裁は月曜日、記者団に対し、4分の1ポイントの引き上げを “より真剣に、その方向で進める必要があるだろう” と述べた。

“最終的には25 “ベーシスポイントの利上げに踏み切りたい、と述べた。”その具体的なタイミングは、入ってくるデータの関数になるだろう “と。

サンフランシスコ連銀のメアリー・デイリー総裁は、月曜早朝のウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、1月31日から2月1日の会合で望ましい利上げ規模について問われ、25bpと50bpの両方の利上げが「テーブルの上にある」と答えた。

デイリー総裁は、ボスティック総裁と同様に、現在4.25%から4.5%の政策金利を5%から5.25%まで引き上げなければ、インフレに効果がないと考えている。

緩やかなステップ」を踏むことで、入ってくる情報に対応し、借入コストの上昇が経済全体に及ぼす影響の遅れを考慮することができる、とデイリー氏は述べた。

しかし同時に、「私はデータに依存したい、50ベーシスポイントの引き上げを阻止するのではなく」と彼女は言い、今週の消費者物価指数報告で、インフレ像の最も根強い部分、住居を除く主要サービスの価格に改善の兆しがあるかどうかに細心の注意を払うと付け加えた。

FRBの政策担当者は、景気を減速させ、高騰するインフレを抑制するために1年近く積極的な利上げを行ってきたが、最近の雇用と賃金の伸びの鈍化に勇気づけられ、今後のインフレを冷静に判断できるようになったと述べている。

しかし、高インフレを定着させ、最終的にFRBにさらなる利上げを強いることを恐れて、利上げを中止したり、利上げの段階をあまりに早く小さくすることさえ嫌がる。

今後開催される会合で利上げの規模を調整する際、政策立案者は、どの程度の利上げが必要かだけでなく、インフレ率をFRBの目標である2%に近づけるためにどの程度の期間そこに留まる必要があるかについても議論を続けている。

12月に開催された前回の政策決定会合議事録では、今年利下げを行うとの見通しを示した政策担当者はいなかった。これは、FRBがおそらく景気減速に対応して、今年後半には利下げを開始するという市場の予想と対照的である。

月曜日にボスティック氏は、2024年にも利下げを行わないという「基本ケース」を発表したが、この呼びかけには広い信頼帯が設定されている。

この場合、ボスティック氏はFRBの19人の政策委員の中で最もタカ派に属することになり、政策金利を来年4.5%以下に引き下げると予想している人がほとんどである。

デイリー氏は、FRBが政策を引き締めると、現在3.5%の米失業率が4.5%か4.6%程度に上昇し、FRBの好む指標で現在5.5%で推移するインフレ率が、2023年末までに3%台前半、2024年には2%に近くなると予想する、と述べている。

インフレ率をそれよりも早く下げるには、労働市場に「莫大な」痛みを与える必要があるが、デイリー氏はその痛みを与えることはしたくないと述べている。

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article