14.8 C
Tokyo
2024年 4月 19日 金曜日

SKハイニックス、第1四半期にチップの低迷が悪化すると警告、四半期ベースで過去最高の赤字に

Must read

アメリカ

アメリカ SKハイニックス、第1四半期にチップの低迷が深刻化すると警告、四半期ベースで過去最高の赤字に© Reuters.ファイル写真。2022年2月25日に撮影されたイラスト写真で、コンピューターの回路基板上に見られる韓国の半導体サプライヤー、SKハイニックスのメモリーチップ。REUTERS/Florence Lo/Illustration

ジョイス・リー、ヤン・ヒキョン 記

ソウル(ロイター) – 韓国のSKハイニックス社は2日、四半期ベースで過去最悪の営業損失を計上し、10年以上にわたるチップ業界の低迷が今後数カ月でさらに深まると警戒している。

サムスン電子(OTC:)に次ぐ世界第2位のメモリーチップメーカーであるSKハイニックスは、チップメーカーが世界のハイテク需要の落ち込みに対応して供給を減らし、顧客が低価格でチップを再び購入するので、市場の状況は今年後半に徐々に改善するだろう、と述べた。

SK Hynixの財務責任者であるWoohyun Kim氏は、決算説明会で「最近のメモリ価格の下落は、2008年の第4四半期以来最大であり・・・業界全体の在庫はおそらく史上最高水準にある」と述べた。

彼は、在庫水準が第1四半期にピークに達した後、チップメーカーが生産を削減し、下半期の需給状況を改善するにつれて徐々に減少すると予想している。

SK Hynixは、今四半期のチップ価格の低下を指摘。

同社の株価は、2023年後半に回復するとの期待に支えられ、より広いベンチマークの1%上昇に対し、3.3%上昇で取引を終えた。

12月締め第4四半期、SKハイニックスは前年同期の4兆2000億ウォンの利益から、予想より悪い1兆7000億ウォン(13億8000万ドル)の営業赤字に振れました。四半期の損失は、SKグループが2012年にハイニックスを買収して以来、最大となった。

Refinitiv SmartEstimateによると、アナリストは1.3兆ウォンの営業損失を予想していた。

生産調整が必要」。

世界のテクノロジー産業は、2022年後半以降、企業がハイテク製品やサービスへの支出を削減する一方で、消費者はインフレが急増する中で裁量財への支出を減らしており、急激かつ急激な需要減退と戦っている。

積み上がった在庫を処分するため、チップメーカーは第4四半期に控えめな価格でチップを売却しようとし、NANDフラッシュチップの在庫の資産価値の下落を招いた。

しかし、経済の不確実性の中で、顧客が自社の在庫を使うことを選ぶため、売却は簡単ではなかったとアナリストは述べている。

第4四半期のデータでは、SK Hynixの製品が生産時から販売されるまでに46.1週間かかっていると、イーベスト投資証券のアナリスト、Nam Dae-jon氏は述べた。

第1四半期には39.9週まで減少する見込みだが、「まだ多すぎる…積極的な生産調整が必要だ」とナム氏は指摘した。前年同期には10週を下回っていた。

SKハイニックスは10月、メモリチップ需要の「前例のない悪化」を警告した後、2023年の投資を2022年比で半分以上削減する計画だと述べた。

SK Hynixは決算説明会で、2024年の市場好転に備え、先端チップに資源を集中させると述べた。2022年末時点で4兆2300億ウォンのフリーキャッシュフロー赤字となった。

一方、サムスン(KS:)電子は、10-12月期のチップ営業利益が97%急減したと発表したにもかかわらず、投資を削減する計画はないと述べた。

“ハイニックスはサムスンほどお金を持っていない。DB金融投資のアナリスト、オ・ギュジン氏は「フリーキャッシュフローが大赤字で、…借入金も増えた」と述べた。”設備投資を削減するために必要な選択だ “と述べた。

(1ドル=1232.4700ウォン)

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article