15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

ホーナー:レッドブルとホンダは “中国の壁 “で隔てられている

Must read

アメリカ

アメリカ ホーナー:レッドブルとホンダは(...)

レッドブルとフォードは2026年からのコラボレーションを発表しており、その年、モータースポーツの新しい世代を導入することになるが、クリスチャン・ホーナーはホンダとの関係について、3年後のシーズン中も継続的に取り組んでいくことを表明している。

Le directeur de l’écurie autrichienne a également affirmé que l’équipe de Milton Keynes et le motoriste japonais feront le nécessaire pour protéger leurs proprietés intellectuelles respectives, et ce jusqu’à la fin de l’accord entre les deux parties en 2025.彼は、ミルトンキーンズとモータースポーツ関係者が2025年の協定締結に向けた準備を進めていることを明言した。

“Nous avons un accord ainsi qu’une excellente relation avec Honda jusqu’à fin 2025,” (私たちは、2025年までのホンダとの素晴らしい関係を築いています。 と、ニューヨークで行われたRB19の発表会でホーナーは述べています。

“Il n’y aucisement concernant la intellectétuelle : tous les moteurs Honda sont fabriqués au Japon, and there que Red Bull Powertrains est essentiellement tourné versa 2026.” (知的所有権に関するいかなる変更もない:ホンダのすべてのモーターは日本で製造されており、レッドブル・パワートレインは2026年まで基本的にツアーである)。

“この2つの活動には、事実上の中国の村がありますが、私たちは、2年後に可能な限り最高の結果を得るために、ホンダと一緒に努力を続けていきます。”

“Ils sont pleinement impliqués et la relation se conclura fin 2025.私たちは、同質的で効果的なゲル化されたモーターを手に入れました。

“ホンダは、私たちがこのユニット・ド・プイッサンスを持ち、その上にイルはあらゆる知的財産を持つが、私たちはその内部を知ることができない。私たちは、自分のタイトルを守り、他のコースやチャンピオンを獲得するために、力を尽くしていきます。

ホーナーは、ホンダとの関係が最終的にポジティブなものになると楽観視しており、シャシーとモーターを同じ場所で生産することの利点を語った瞬間、さらに熱狂的になった。

“2026年に関する重要なことは、私たちは同じ条件のもとで、同じキャンパスですべてが行われるということです。”

“Nous avons les ingénieurs châssis qui travaillent à côté des ingénieurs moteur, tout est donc fait à l’unisson et c’est un élément qu’il ne faut pas sous-estimer.” (私たちは、イングリッシュマネージャーたちが、イングリッシュマネージャーたちと一緒に働いている。)

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article