8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

OPPO、Reno8 TシリーズをRM1,399から販売開始

Must read

テクノロジー

OPPOは、5Gモデルと4GモデルからなるReno8 Tシリーズを正式に発表しました。これらは、ポートレート撮影に優れたミドルレンジスペックのデバイスで、T以外の兄弟機よりもお求めやすくなっています。

Reno8 T 5Gは、Snapdragon 695チップセットを搭載し、8GB RAMと256GBの拡張可能ストレージを装備しています。

Reno8 T 5Gはまた、OPPO初の108MPポートレートカメラを搭載し、対象物にミクロの接写ができる40倍マイクロレンズと2MP深度カメラで補完し、セルフィーは32MPフロントカメラでサービスされます。Reno8T 5Gは、4800mAhのバッテリーを搭載し、67W SuperVOOCで44分間で100%まで充電することができ、最大1600回の充電サイクルの寿命があると主張しています。

一方、Reno8T 4GはMediatek Helio G99チップセットを搭載し、8GB RAMと256GBのストレージを組み合わせ、90HzでFHD解像度をプッシュする小型の6.43インチAMOLEDディスプレイを持っており、20倍または40倍拡大で2MPマイクロレンズで補完されている100MPポートレートカメラ、セイフティは同じ32MPカメラによってサービスを提供されることも特徴としています。

Reno8 T 4Gは5000mAhのバッテリーを搭載し、33WのSuperVOOC急速充電に対応しています。

Reno8 Tシリーズは、ColorOS 13とAndroid 13を箱から出して出荷され、5Gバリアントは、Sunrise GoldとMidnight BlackのカラーオプションでRM1,799で本日から予約開始、4Gバリアントは、RM1,499で2023年2月14日から以降にのみ予約開始となる予定です。

ウォーレン

KLGGのギークな独裁者。

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article