15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

約4分の1の金融サービス会社が、更年期を経験した女性をサポートするための対策をとっていません。

Must read

イギリス

調査対象者の約44%が更年期を迎える女性に対する職場のサポート不足を問題視しているムードボード /Alamy/Alamy/The Guardian

金融サービスに従事する人の約4分の1(22%)が、更年期を迎える女性リーダーをサポートするための施策が職場にないと回答している。金融サービス側の更年期移行に対する怠慢に迫ろうとする調査をもとにしたもの。

専門家会員制組織で登録慈善団体であるChartered Institute for Securities & Investment (CISIこの調査には、英国、欧州、アジア、アフリカなど世界各国から332名の回答者が集まりました。回答者は、ウェルスマネジメント、オペレーション、コンプライアンス、ファイナンシャルプランニング、キャピタルマーケット、アセットマネジメント、コーポレートファイナンス、リスク、イスラム金融など、金融サービスの各部門に所属しています。

CISI が依拠したのは、最近の 職場における更年期障害に関する報告書この報告書では、金融サービス企業が、更年期を迎える女性に対する職場のサポートが不十分なために、シニアリーダーの候補から女性を失っていることが示されています。さらに、「あなたの会社では、このことが問題になっていると思いますか」と質問し、回答者がどのような対策をとっているか(もしあれば)についても質問しています。

その結果、44%が更年期を迎えた女性に対する職場のサポートの欠如を問題だと考えている。一方、46%は自分の会社で問題だとは思っておらず、10%は中立的な回答をしています。

この女性リーダーに対する職場のサポート不足の対策として組まれた施策では、フレックスタイム制が15%、ポリシーが11%、全員参加の社内研修や管理職研修が10%、有給休暇が8%と、衝撃的な結果になっています。更年期の民間医療機関向け福利厚生がある企業は6%にとどまり、アプリを使ったサポートが受けられる企業は1%でした。

興味深いことに、多くの回答者が、企業が関与しない理由について自分の考えを述べている。ある人は男女差別を要因として考え、女性に対する見下した見方の別の形であると主張しています。しかし、他の人は、それを「年齢差別」になりうる「文化」のせいだと非難しました。

さらに、更年期障害に対するスティグマが、金融サービス会社側のこのような受動性を引き起こしたと主張する人もいました。アジアの資産管理会社で働くある女性社員は、黙って耐えることがいかに大変なことか、そして彼女のように、この生物学的に自然な段階が敷居の下に押し込められているために、さらに多くの人がこれを乗り越えなければならないことを明かしました。

さらに、他の回答者は、企業内に適切なリーダーシップがないことを指摘しています。回答者の一人は、彼女が出会った上司を「若すぎるし、利益を追求しすぎる」と表現しています。また、彼女の前任のCEOは、リーダーシップと共感は一致しないと考えていると付け加えています。

その結果、支援の欠如は危機と密接に関係している。「金融サービス部門は膨大なスキル不足に直面している」と、金融サービス技能委員会の最高責任者であるクレア・タンレーは強調する。多くの人が有益だと考えている再三の提案は、更年期障害の変容の課題に対する認識を広めることです。

金融サービス業に従事する労働者の約4分の1は、更年期を迎える女性に対する会社でのサポートが不十分であることを明かしています。

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article