15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

テレックス、2022年第4四半期および通期決算を発表

Must read

ビジネス情報

  • Q4 売上高は前年同期比23%増の12億ドル、為替変動調整後ベースでは31%増
  • 第4四半期の営業利益は1億2,100万ドル、前年同期比73%増
  • 第4四半期の営業利益率は9.9%で前年同期比290bpsの改善
  • 第4四半期のEPSは1.34ドル、前年同期比63%増
  • 通期売上高は前年同期比14%増の44億ドル、為替レート中立ベースでは20%増
  • 通期の営業利益は前年比28%増の4億2,000万ドル
  • 通期EPSは前年比41%増の4.32ドル
  • 受注残は前年比22%増の41億ドル
  • 2023年の見通し。売上高は46億ドルから48億ドル、EPSは4.60ドルから5.00ドル

, /PRNewswire/ — テレックス・コーポレーション(NYSE: TEX)は本日、2022年第4四半期および通年の業績を発表しました。

ビジネス情報 (PRNewsfoto/株式会社テレックス)

CEOコメント
「第4四半期は、テレックスにとって好調な1年の素晴らしい締めくくりとなりました。複雑なグローバル・マクロの力学をうまく操り、大幅な増収・増益を達成することができました。このような環境を乗り切ったテレックスのチームメンバーの努力と献身、そして回復力に感謝したいと思います。2022年の業績は、市場をリードする多様な事業のポートフォリオの強さと、魅力的な成長市場での継続的なリーダーシップを示すものです」と、テレックス会長兼CEOのジョン・L・ギャリソンJr.は述べています。

「世界的なサプライチェーンの混乱とかなりのインフレ圧力にもかかわらず、通年で価格コスト中立を達成することができました。当社のチームは、12月のInvestor Dayで強調したように、複数年にわたる成長計画の実行に引き続き注力し ています。2023 年の受注残高は前年比 22%増の 41 億ドルとなり、お客様からの強い需要があることを明確に示 しています。世界的に認知されたブランド、業界をリードする革新的な新製品、強固な受注残高、バランスシートにより、マクロ経済の変動が続くなかでも事業を運営することが可能です。2023年の売上高は46億ドルから48億ドル、1株当たり利益は4.60ドルから5.00ドルになると予想しています。

第4四半期の事業・財務ハイライト

  • 2022年第4四半期の純売上高は、2021年第4四半期の10億ドルに対し、23%増加しました。この増加は主に、当社製品に対する需要の増加と、全セグメントにわたるコスト上昇を緩和するために必要な価格実現の改善によるものですが、為替レートの変動によるマイナス8.3%の影響により一部相殺されました。
  • 2022 年第 4 四半期の営業利益は 1 億 2,080 万ドル(売上高比 9.9%)となり、前年の 6,980 万ドル(売上高比 7.0%)から改善されました。前年同期比5,100万ドルの増加は、販売台数の増加、好ミックス、価格実現によるマージンの増加が、当四半期のコスト増および為替のマイナス影響を上回ったことによるものです。
  • 2022 年第 4 四半期の継続事業の利益は、2021 年第 4 四半期の 5,800 万ドル(1 株当たり 0.82ドル)に対し、9,200 万ドル(1 株当たり 1.34ドル)となりました。EPSは前年同期比63%増。
  • 当四半期の実効税は、評価引当金の取り崩しなどの一時的な個別項目により、13.0%となりました。

2022年通期 オペレーション&ファイナンシャルハイライト

  • 2022 年通期の純売上高は、前年度の 39 億ドルに対して 13.7%増加し、44 億ドルとなりました。この増加は、主に、複数の事業にわたる当社製品に対する健全な需要と、コスト上昇を緩和するために必要な価格実現がすべてのセグメントで実現したことによるものですが、為替レートの変動によるマイナス影響6.3%により一部相殺されました。
  • 2022年通期の営業利益は、前年度の3億2,800万ドル(売上高比8.4%)から改善し、4億2,000万ドル(同9.5%)と なりました。
  • 2022年通期の継続事業の利益は3億200万ドル、1株当たり4.32ドルで、前年の2億1750万ドル、1株当たり3.07ドルから改善しました。2022年通期のEPSは前年比41%増でしたが、1株当たり0.42ドルの為替のマイナス影響を受けています。
  • 事業への投資と配当や自社株買いによる株主への現金還元を継続した結果、投下資本利益率は21.3%となり、資本コストを大幅に上回りました。
  • 当年度の実効税率は、評価性引当金の取り崩しなどの一時的な個別項目の計上により、18.1%となり ました。

事業セグメント別概況

材料加工

  • 2022年第4四半期の売上高は、前年同期比21.2%増、9620万ドル増の5億5030万ドルでした。為替の影響を除くと、売上高は前年同期比31.8%増となりました。
  • 2022 年第 4 四半期の営業利益は、前年同期の 6260 万ドル(売上高比 13.8%)から 39%増加し、8700 万ドル(売上高比 15.8%)となりました。
  • 2022年通期の売上高は19億ドルで、前年比14.8%、2億4980万ドル増となりました。為替の影響を除くと、売上高は前年比22.9%増となりました。
  • 2022年通期の営業利益は、前年度の2億4090万ドル(売上高比14.2%)に対し、23.6%増の2億9780万ドル(売上高比15.3%)となりました。

高所作業車(Aerial Work Platforms

  • 2022年第4四半期の売上高は、前年同期比25.7%増、1億3740万ドル増の6億7180万ドルでした。為替の影響を除くと、売上高は前年同期比32.2%増となりました。
  • 2022 年第 4 四半期の営業利益は、前年の 2540 万ドル(売上高比 4.8%)に対して 112.6%増加し、5400 万ドル(売上高比 8.0%)となりました。
  • 2022 年通期の売上高は、前年比 14%増の 25 億ドル(3 億 480 万ドル)でした。為替の影響を除くと、売上高は前年同期比18.9%増となりました。
  • 2022年通期の営業利益は、前年度の1億5,210万ドル(売上高比7%)に対し、29%増の1億9,620万ドル(同7.9%)となりました。

統制のとれた資本配分

  • 2022年12月31日現在、当社は7億2710万ドルの流動性(現金およびリボルビングラインに基づく利用可能額)を有しています。
  • 運転資本は8億7,510万ドルで、3ヵ月後の年換算売上高の18.0%を占め、サプライチェーンの混乱に伴う在庫水準の上昇を反映しています。
  • 2022 年、Terex は資本支出と成長投資のために 1 億 5970 万ドルを投じました。
  • Terexは、2022年に9660万ドルの自社株買いを実行し、3560万ドルの配当を支払いました。

CFOのコメント
上席副社長兼最高財務責任者のジュリー・ベックは、「2022年は規律ある資本配分戦略に従い、年間を通じて1億3200万ドルの現金を株主に還元する一方、事業の改善と成長のための投資も実施した」と述べた。12月に発表した自社株買いプログラムの拡大と本日発表した15%の増配は、当社の強固な財務状況と今後の持続的な利益ある成長を推進する能力に対する経営陣と取締役会の継続的な信頼の表れです。当社の財務レバレッジは1.0倍で、潤沢な流動性と持続的なフリーキャッシュフローの創出により、2023年の財務目標達成と複数年にわたる成長計画の継続に向けて非常に有利な立場にあると言えます」。

2023年通期。見通し
(単位:百万ドル、ただし1株当り情報は除く)

テレックス見通し (1)

2022年度

2023年度 見通し

売上高

$4,418

$4,600 – $4,800

売上高販管費比率

10.2 %

~10.5%

営業利益率

9.5 %

10.0% – 10.4%

支払利息/その他費用

$53

~$60

税率

18.1 %

~21.0%

EPS

$4.32

$4.60 – $5.00

シェア数

69.4

~69.0

減価償却費・償却費

$47

~$50

フリーキャッシュフロー

$152

$225 – $275 (2)

コーポ・その他OP (3)

($74)

~($75)

セグメント別業績見通し (1)

2022年度

2023年度 見通し

売上高

営業利益
マージン

売上高

営業利益
マージン

材料加工

$1,942

15.3 %

$2,000 – $2,100

~15.5%

高所作業車

$2,484

7.9 %

$2,600 – $2,700

~9.0%

(1) 将来の買収、売却、構造改革およびその他の異常事態の影響を除く。

(2) 設備投資額:~1億3,500万米ドル

(3) 2023年の企業・その他売上高の見通しは、~(10)百万ドルとする。

非GAAP指標およびその他の項目
営業成績は継続事業を反映しています。1株当り情報はすべて希薄化後ベースです。 四半期業績の包括的な見直しは、当社の決算説明会におけるプレゼンテーションに含まれています。

本プレスリリースでは、様々なGAAP(米国で一般に認められた会計原則)および非GAAP財務指標を参照しています。 これらの非GAAP指標は、他社が開示する同様のタイトルを持つ指標と比較できない場合があります。 テレックスは、この非GAAP情報が当社の営業成績および基礎事業の継続業績を理解する上で有用であると確信しています。

本プレスリリース末尾の用語集には、この件に関する詳細が記載されています。

カンファレンスコール
当社は、2023年2月10日(金)午前8時30分(米国東部時間)より、会長兼CEOのJohn L. Garrison Jr.と上級副社長兼最高財務責任者のJulie Beckによる決算説明のための電話会議を予定しています。この電話会議の模様は以下のウェブサイトでもご覧いただけます。 https://investors.terex.com.参加者は、開始時刻の10分前にアクセスすることをお勧めします。また、このコールは、以下のイベントアーカイブに保存されます。 https://investors.terex.com.

将来予測に関する記述
本プレスリリースに含まれる一部の情報は、1933年証券法第27A条、1934年証券取引法第21E条および1995年私募証券訴訟改革法の定義における)将来の出来事または将来の財務実績に関する見通しであり、一定の偶発性および不確実性を含んでおり、2022年12月31日に終了した年度のフォーム10K年次報告書およびその後当社が米国証券取引委員会に提出する報告書に記載されたものを含んでいます。また、本書中の「経営陣による財務状態及び経営成績の検討及び分析-偶発事象と不確実性」と題された箇所は、偶発事象と不確実性を含んでいます。「また、本プレスリリースまたは本書中で言及されている文書に含まれる「かもしれない」、「期待する」、「はずだ」、「意図する」、「予想する」、「考える」、「計画する」、「プロジェクトする」、「見積もる」、「予定する」という言葉およびその否定形、あるいは類似の表現は、将来の見通しに関する記述を識別するためのものです。 しかしながら、これらの言葉がないことは、記述が将来の見通しではないことを意味しているわけではありません。これらの将来予想に関する記述は、将来の出来事に関する現在の予想および予測に基づいています。 これらの記述は、将来の業績を保証するものではありません。 これらの記述は、本質的に様々なリスクおよび不確実性の影響を受け、実際の業績はこれらの将来予想に関する記述と大きく異なる場合があります。 その多くは当社が制御できないリスクおよび不確実性ですが、特に以下のものが含まれます。

  • 特定の材料およびコンポーネントの入手可能性および価格の変動(サプライ・チェーンの中断を引き起 こす可能性があります)。
  • 顧客基盤および供給業者における統合。
  • 当社の事業は、変化する規制環境の遵守や政治的・経済的不安定さなど、多国籍企業の運営から生じる多くの潜在的リスクの影響を受けています。
  • 当社の重要な施設のひとつに重大な障害が発生した場合。
  • 当社の事業は、政府の支出に影響を受けやすい。
  • 当社の業界は競争が激しく、価格圧力にさらされています。
  • 当社の戦略を成功させる能力およびその戦略から得られる実際の成果。
  • 買収した事業を統合する当社の能力。
  • 当社の連結財務諸表は米ドルで表示されていますが、一部の資産およびその他の報告項目は他の国の通貨で表示されており、為替リスクおよび換算リスクを生じています。
  • 当社の事業は、当社が事業を展開する市場の循環的な性質の影響を受けています。
  • 当社の負債契約に含まれる制限付きコベナンツを遵守する必要があること。
  • 当社の債務を返済し、事業を運営するために十分なキャッシュ・フローを創出する能力。
  • 資本市場にアクセスし、資金を調達し、流動性を提供する当社の能力。
  • 顧客の財務状況および顧客の継続的な資本調達手段。
  • 一部の顧客に対する信用支援の提供によるエクスポージャー。
  • また、計上した引当金を超える損失が発生する可能性があります。
  • チームメンバーを惹きつけ、育成し、従事させ、維持する能力。
  • 労働停止およびその他の労働問題の可能性。
  • サイバーセキュリティの脅威の増加、およびより巧妙なコンピュータ犯罪。
  • 輸出入規制の変更、関税の賦課、世界的な貿易摩擦の激化および不公正な取引による輸入品、特に中国からの輸入品は、引き続き当社の事業にマイナスの影響を与える可能性があります。
  • (2)事業環境の変化 環境規制の遵守にはコストがかかり、環境・社会・ガバナンス(以下「ESG」)の期待や基準を満たせず、ESG目標を達成できない場合、当社の事業に悪影 響を及ぼす可能性があります。
  • 訴訟、製造物責任賠償請求およびその他の債務。
  • 米国連邦海外腐敗行為防止法および同様の世界的な腐敗防止法に対する当社の対応。
  • プライバシーおよびデータセキュリティの問題に対する規制の強化、および法律の拡大。
  • 米国証券取引委員会(以下「SEC」)が課した差止命令および関連する義務を遵守する当社の能力、および
  • その他の要因

実際の出来事や当社の将来の実績は、これらおよびその他のリスク、不確実性および重要な要因により、いかなる将来予想に関する記述とも大きく異なる場合があります。 ここに記載された将来予想に関する記述は、このプレスリリースの日付時点のものであり、ここに参照された文書に含まれる将来予想に関する記述は、各文書の日付時点のものです。当社は、本プレスリリースに含まれる、または参照される将来予想に関する記述の更新または修正を、それに関する当社の予想の変化またはかかる記述の根拠となる事象、条件もしくは状況の変化を反映するために公に発表するいかなる義務または約束も明示的に否認します。

Terexについて
Terex Corporationは、材料加工機械と高所作業車の世界的なメーカーです。建設、メンテナンス、製造、エネルギー、リサイクル、鉱物、資材管理などの用途で使用される製品の設計、製造、サポートを行っています。 静音でエミッションフリーの性能を持つ電気・ハイブリッド製品、再生可能エネルギーをサポートする製品、様々な種類の廃棄物から有用な材料を回収する製品など、一部のテレックス製品とソリューションにより、お客様の環境負荷低減に寄与しています。北米、欧州、オーストラリア、アジアで生産された製品は世界中で販売され、最初の仕様決めから資金調達、部品やサービスサポートまで、製品のライフサイクルのすべての段階においてお客様と関わっています。

お問い合わせ先
パレトシュ・ミスラ
投資家情報担当
電話:203-604-3977
電子メール paretosh.misra@terex.com

株式会社テレックスとその子会社
要約連結損益計算書
(未監査)
(単位:百万ドル、ただし1株あたりデータを除く)

第1四半期(6月30日に終了した3ヵ月間
12月31日

12ヶ月間
12月31日

2022

2021

2022

2021

売上高

$

1,217.6

990.1

4,417.7

3,886.8

商品売上原価

(982.2)

(818.2)

(3,546.5)

(3,129.4)

売上総利益

235.4

171.9

871.2

757.4

販売費及び一般管理費

(114.6)

(102.1)

(451.2)

(429.4)

営業利益(損失)

120.8

69.8

420.0

328.0

その他の収益(費用)

受取利息

0.7

0.8

2.8

3.7

支払利息

(13.3)

(10.9)

(49.1)

(51.5)

早期債務消滅損失

(0.2)

(1.7)

(0.3)

(29.4)

その他の収益(費用)-純額

(2.2)

10.3

(6.8)

13.0

継続事業税引前利益(損失)

105.8

68.3

366.6

263.8

(法人税等調整額

(13.8)

(10.3)

(66.4)

(46.3)

継続事業からの利益(損失)

92.0

58.0

300.2

217.5

非継続事業からの損益-税効果考慮後

0.2

0.8

(0.2)

3.4

当期純利益(損失)

$

92.2

58.8

300.0

220.9

基本的な1株当たり利益(損失)。

継続事業からの利益(損失)

$

1.37

0.83

4.38

3.12

非継続事業からの損益-税効果考慮後

0.01

0.05

当期純利益(損失)

$

1.37

0.84

4.38

3.17

希薄化後1株当たり利益(損失)。

継続事業からの利益(損失)

$

1.34

0.82

4.32

3.07

非継続事業からの損益-税効果考慮後

0.01

0.05

当期純利益(損失)

$

1.34

0.83

4.32

3.12

1株当たり計算における加重平均発行済株式数

基本的

67.5

69.8

68.5

69.7

希釈

68.6

70.9

69.4

70.9

株式会社テレックスおよび子会社
要約連結貸借対照表
(未監査)
(単位:百万円、ただし額面は除く)

12月31日
2022

12月31日
2021

資産

流動資産

現金及び現金同等物

$

304.1

$

266.9

その他の流動資産

1,657.9

1,500.9

流動資産合計

1,962.0

1,767.8

非流動資産

有形固定資産-純額

465.6

429.6

その他の非流動資産

690.5

666.1

非流動資産合計

1,156.1

1,095.7

総資産

$

3,118.1

$

2,863.5

負債および株主資本

流動負債

1年以内返済予定長期借入金

$

1.9

$

5.6

その他の流動負債

996.7

904.3

流動負債合計

998.6

909.9

非流動負債

長期借入金(1年以内返済予定分控除後

773.6

668.5

その他の非流動負債

164.7

175.5

非流動負債合計

938.3

844.0

負債合計

1,936.9

1,753.9

株主資本合計

1,181.2

1,109.6

負債および株主資本合計

$

3,118.1

$

2,863.5

株式会社テレックスおよび子会社
要約連結キャッシュ・フロー計算書
(未監査)
(単位:百万円)

12月31日に終了した年度

2022

2021

営業活動

当期純利益(損失)

$

300.0

$

220.9

減価償却費および償却費

47.2

50.2

営業資産・負債の増減と非現金費用

(86.0)

22.3

営業活動から得た(使用した)キャッシュ・フロー

261.2

293.4

投資活動

資本的支出

(109.6)

(59.7)

その他の投資活動(純額

(44.5)

(42.5)

投資活動によるキャッシュ・フロー

(154.1)

(102.2)

財務活動

財務活動によるキャッシュ・フロー

(54.9)

(580.1)

現金・預金および現金同等物に対する為替相場変動の影響額

(15.0)

(14.3)

現金・預金および現金同等物純増加(減尐)額

37.2

(403.2)

現金・預金および現金同等物期首残高

266.9

670.1

現金および現金同等物の期末残高

$

304.1

$

266.9

株式会社テレックスおよび子会社
セグメント別業績開示
(未監査)
(単位:百万円)

Q4

前年度比

2022

2021

2022

2021

の%である。

の%。

の%。

の%。

売上高

売上高

売上高

売上高

連結

売上高

$

1,217.6

$

990.1

$

4,417.7

$

3,886.8

営業利益

$

120.8

9.9 %

$

69.8

7.0 %

$

420.0

9.5 %

$

328.0

8.4 %

MP

売上高

$

550.3

$

454.1

$

1,941.6

$

1,691.8

営業利益

$

87.0

15.8 %

$

62.6

13.8 %

$

297.8

15.3 %

$

240.9

14.2 %

AWP

売上高

$

671.8

$

534.4

$

2,483.6

$

2,178.8

営業利益

$

54.0

8.0 %

$

25.4

4.8 %

$

196.2

7.9 %

$

152.1

7.0 %

全社・その他・消去

売上高

$

(4.5)

$

1.6

$

(7.5)

$

16.2

営業損失

$

(20.2)

*

$

(18.2)

*

$

(74.0)

*

$

(65.0)

*

* – 意味のないパーセンテージ

用語集

非GAAP指標の定義
当社の業績に関する追加情報を投資家に提供するため、Terexは様々なGAAP(米国で一般に認められた会計原則)および非GAAP財務指標を参照し、投資家に有用な情報を提供すると経営陣は考えています。これらの非GAAP指標は、他社が開示する同様のタイトルを持つ指標と比較できない可能性があります。また、当社は、非GAAPベースの財務指標は、GAAPベースの財務指標に代わるものではなく、追加的に考慮されるべきものであると考 えています。当社は、この非GAAPベースの情報は、当社の経営成績およびその基礎となる事業の継続的な業績を理解する上で有用であると考えています。テレックスの経営陣は、社内の予算や目標を設定し、その予算や目標に対する当社の財務実績を評価するために、GAAPベースの財務指標と非GAAPベースの財務指標の両方を使用しています。

以下に記載する金額は監査対象外であり、単位は百万米ドル(株式データ及び%は除く)、特に断りのない限り2022年12月31日現在または同日に終了した期間について記載しています。

為替レート変動は業績に営業外影響を与えるため、その影響を除外することが、期間損益の評価に有用であると考えてい ます。 為替レート変動の換算効果は、当期の業績を比較可能な前期のレートで換算し、為替変動の要素を営業活動から切り離して計算し ています。同様に、比較可能な過去の期間に含まれていなかった買収および売却にともなう業績変動の影響も、期 間間の業績比較可能性を向上させるために、業績の絶対変化量から差し引くことがあります。

2023年度見通し
当社の2023年の1株当たり利益の見通しは、将来起こりうる買収、売却、事業再編、その他の異常事態の影響を除外しているため、非GAAP財務指標となります。当社は、かかる項目の正確な時期や影響を合理的な程度で確実に予測することができないため、この将来予想に関する非 GAAP 財務指標を最も直接的に比較できる GAAP 財務指標と不合理な努力なしに整合させることはできません。入手不可能な情報は、当社の2023年度通期のGAAPベースの業績に重要な影響を与える可能性があります。この将来予想に関する情報は、当社が現在行っている事業を反映したものとは考えていない特別な項目を除いた、当社のEPS予想に関するガイダンスを投資家に提供するものです。

フリー・キャッシュ・フロー
当社は、フリー・キャッシュ・フローを非GAAP基準で算出しています。当社は、フリー・キャッシュ・フローを、営業活動から得た(使用した)純現金に、販売型リース及び商業貸付からなる Terex Financial Services の金融債権(以下「TFS 資産」)の増加(減少)を加え、資本支出及び資本資産の売却収入を差し引いたものと定義しています。当社は、このフリー・キャッシュ・フロー指標は、主要事業におけるキャッシュの創出又は使用に関する有用な情報を経営陣及び投資家に提供するものであると確信しています。以下の表は、営業活動から得た(使用した)現金をフリー・キャッシュ・フローに調整したものです(単位:百万米ドル)。

年度末
2022年12月31日

年 年年 年 される
2021年12月31日

営業活動から得た(使用した)現金・預金および現金同等物 (純額)

$ 261.2

$ 293.4

TFS資産の増加(減少)額

(110.6)

資本支出(資本財の売却による収入控除後

(109.4)

(57.8)

フリー・キャッシュ・フロー

$ 151.8

$ 125.0

ROIC
ROICおよびその他の非GAAP指標(以下に計算)は、当社が事業に投下した資本を如何に効率的に活用しているかを示 すためのものです。ROICは、過去4四半期のNOPATの合計を、過去5四半期の借入金から現金及び現金同等物と株主資本の平均で除して算出しています。 各四半期のNOPATは、営業利益(損失)に1を乗じ、2022年度通期の実効税率(以下「実効税率」)を差し引いて算出しています。

また、負債は、1 年内返済予定の長期負債と 1 年内返済予定の長期負債を差し引いた金額で計算しています。ROIC は、任意の時点で直近の 12 ヶ月を表していることから、直近 4 四半期の NOPAT を用いて計算されています。また、ROIC 比率の分母が分子に反映されている事業期間と適切に一致するように、5四半期の期末貸借対照表の 期首残高と期末残高の平均(四半期ベース)を分母に含めることにより、分子と同じ期間の4四半期の平均投 資資本を算出しています。

当社の経営陣および取締役会は、特定の報酬制度に関連するものを含め、経営成績を評価するための一つの指標としてROICを使用しています。ROICは、当社がいかに効率的に資本を投下しているかを測定するものであり、また当社がいかに経営改善を進めているかを評価する上で、同業他社と比較するためのより良い指標になると考えているため、当社はROICを指標として使用しています。また、ROIC は事業に投下した資本に対するリターンを測定するものであり、当社の業績に関する正確かつ説明的な指標であると考 えています。また、負債から現金及び現金同等物を控除した金額を株主資本に加えることにより、類似した事業間の総資本に関する比較をより適切に行うことができ、ROICは投下資本の割合として価値創造の水準を明らかにすると考えています。 以下の表が示すとおり、2022年12月末の当社のROICは21.3%となりました。

以下の金額は、実効税率を除き、百万米ドル単位で表示されています。 金額は、以下の表で言及されている期間について、終了した3ヵ月間におけるものです。

12月22日

9月22日

6月22日

3月22日

21年12月

実効税率

18.1 %

18.1 %

18.1 %

18.1 %

営業利益(損失)

$ 120.8

$ 120.8

$ 103.9

$ 74.5

を乗じたもの。1マイナス実効税率

81.9 %

81.9 %

81.9 %

81.9 %

税引後営業利益(損失

$ 98.9

$ 98.9

$ 85.1

$ 61.0

負債

$ 775.5

$ 826.5

$ 828.2

$ 740.3

$ 674.1

控除現金・預金および現金同等物

(304.1)

(231.7)

(253.3)

(218.4)

(266.9)

借入金-現金および現金同等物

471.4

594.8

574.9

521.9

407.2

株主資本

1,181.2

1,034.7

1,048.9

1,114.1

1,109.6

負債-現金および現金同等物+株主資本

$ 1,652.6

$ 1,629.5

$ 1,623.8

$ 1,636.0

$ 1,516.8

2022年12月31日 ROIC

21.3 %

調整後NOPAT(過去4四半期)

$ 343.9

平均借入金額から現金および現金同等物+株主資本を差し引いた額(5四半期累計)

$ 1,611.7

運転資本
運転資本は要約連結貸借対照表の売上債権(引当金控除後)および棚卸資産から、買掛金および前受金を控除し て算出されています。当社は過剰な運転資本を非効率的な資源の使用とみなし、事業の継続的な運営に悪影響を与えない範囲で最小限の投 資にとどめるよう努力しています。以下の期間において、運転資本は以下のとおりです。

2022 年 12 月 31 日

棚卸資産

$988.4

売上債権

547.5

控除買掛金

(624.6)

控除する。顧客前渡金

(36.2)

運転資本合計

$875.1

後3ヶ月年率換算売上高は、当四半期の売上高に4を乗じたものです。

3ヵ月間 売上高

$1,217.6

四半期数

x

4.0

四半期別売上高の年率換算値

$4,870.4

WC 年率換算四半期売上高に対する比率

18.0 %

この比率は、運転資本を直近3ヵ月間の年率換算売上高で除して算出されます。当社は、この比率は当社の資源使用効率を測るものであると考えています。

業績評価指標の定義
当社は、事業の業績をモニターするために、以下の経営指標を使用しています。これらの経営指標は、投資家やその他の財務情報の利用者がセグメントの業績を評価する際に有用であると考えています。

受注残
当社は受注残を、1年以上先の受注を含め、履行されると見込まれる確定した受注と定義しています。 当社の受注残は、主に新規設備の受注です。 部品受注は、通常、受注ベースで履行されます。

当社経営陣は受注残を当社事業の業績に関する多くの指標のひとつとみなしています。受注残は多くの変数により変動し、その変動は重要でない場合もあるため、当社は受注残を重要な指標とみなしていますが、必ずしも将来の業績を決定するものではありません。

Q4 2021

Q4 2022

増減率

月数

> 12
月数

バックログ

月数

> 12
月数

バックログ

月数

> 12
月数

バックログ

MP

$1,034

$13

$1,047

$911

$263

$1,174

(12 %)

1923 %

12 %

AWP

$1,956

$328

$2,284

$2,493

$404

$2,897

27 %

23 %

27 %

合計

$2,990

$341

$3,331

$3,404

$667

$4,071

14 %

96 %

22 %

ビジネス情報 Cision マルチメディアをダウンロードするには、元のコンテンツを表示します。https://www.prnewswire.com/news-releases/terex-reports-fourth-quarter-and-full-year-2022-results-301743425.html

出典:株式会社テレックス

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article