22.9 C
Tokyo
2024年 5月 21日 火曜日

連勝を実質的に保証するWordleスタートワード

Must read

テクノロジー

について考える。 ワードルすぎて 私の戦略 TRAINから始めて、2つ目の単語としてCLOSEを試すという私の戦略は、数ヶ月前にそれを失う前に、100連勝近くまで行きました。FAULTの代わりにVAULTを当ててしまったのです。おっと。私のFAULT。

だから私は Wordleの描画ボードに戻りました3つの単語でスタートする戦略を試す必要があると判断したのです。通常、最初の2つの単語としてTRAINとCLOSEを推測すると、適切な数の正確な文字が得られるので、あとは適切な場所にシャッフルするだけです。しかし、そうでない場合もあります。その場合、残り4つの単語を推測して、何をすべきか全く分からないまま、グリッドをぼんやり眺めることになります。

私のスターターワードであるTRAINとCLOSEは、コンサイスオックスフォード英語辞典で最もよく使われる10文字すべてを使用しています。 リーダーズ・ダイジェスト社調べ.これはかなり良いことだ、と私は思いました。しかし、それで何も得られないのなら、そこからどこへ行けばいいのだろう。しばらくの間、W、H、L、M はすべて、邪魔にならない良い子音だと考えて、WHELM を試してみたのです。それはまあまあうまくいったのですが、あまりよくありませんでした。私はWHELMEDが足りなかったのです。

テクノロジー UMPED」についてのパンプド

でも、この1ヶ月は、この作戦で。

  1. 最初の単語…TRAIN
  2. セカンドワード…CLOSE(CLOSEは何も出ないこともありますが、大きな文字なので飛ばせないのです)
  3. 3つ目の単語…UMPED。そう、「UMPED」は単語なんです。Eを再利用するのは嫌ですが、UMPEDは5つの主要な母音の最後と3つの大きな子音を取得し、Eがよく現れる場所でEを試すことができます。

テクノロジー Xが目印

この3つの単語を当てると、ほとんどの場合、遊ぶための適切な量の文字があります。あとは、文字を並べ替えて、Wordleの答えを見つけるだけです。

この時点で、可能性のある単語を書き出すこともできますが、私は、文字がわからないところに「X」を使ってWordleグリッドに可能性を入力するのが好きです。 例えば、「ER」で終わる単語で、どこかに「D」があることがわかっている場合、DXXERと入力して、そこから考えてみることができます。(“DIVER?”)

私は何度もバックスペースして、間違ってENTERキーを押さないように気をつけながら、いろいろな単語を試しています。でも、Xのつく単語をたくさん打つと、たいてい脳が活性化されるんです。(Xは空白を意味するので、好きな文字を使ってください)。

テクノロジー 最後の手段……それともチート?

もし、あなたが信じられないほど行き詰っていて、連勝を失いたくないのなら、私は提案します。でも、正直なところ、私はそれをチートだと思っています。

などのサイトがあります。 クロスワードソルバー では、単語の長さを自由に選択し(Wordleは5文字)、持っている文字を入力することができます。すると、その条件に合う単語を提供してくれるサイトです。

これは、少なくとも2文字がどの位置にあるか知っている場合のみ、本当に役に立ちますが、文字を持っていて、その位置が分からない場合は、この方法でごまかすことができます。

テクノロジー 新しいWordleのルール

ニューヨーク・タイムズ は、クリエイターのJosh WardleからWordleを購入しました。 Wordleは、1月に作成者のJosh Wardle から買収し、現在は編集者の一人が単語リストを担当しています。そのため、単語が難しくなったと思われるかもしれませんが、おそらくその通りです。11月13日の解答の「INANE」は、特にNew York Timesの解答のように感じました(笑)。

また、Timesでは、ゲーム内で複数形がどのように機能するかを改めて説明しています。このゲームでは、「FOXES」や「SPOTS」のような、単数形の単語にSやESをつけただけの単純な複数形は使いません。しかし、「GEESE」のような複数形は使うかもしれません。でも、LIONSのように単純な複数形を推測して、答えにならないことを知りつつ、文字の位置を確認することもあります。それがWordleの面白さであり、答えを導き出すために好きなように遊んでください。好きなように推測してください。

これからも毎日Wordleを続けていこうと思います。正解したときに緑色の文字が反転するのを見ると、脳が刺激され、満足します。

そして、私はいつも3ワード法を使うわけではありませんが、本当に困ったときのためにバックポケットに入れておくのは満足です。皆さんもぜひお試しください。

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article