15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

NASA、火星探査に次世代ロケット「ブルーオリジン」を採用

Must read

ジェフ・ベゾスが設立したロケット会社ブルーオリジンは、早ければ来年にもNASAのために火星にミッションを送り込む予定だ。

宇宙機関は木曜日、同社の次期ニューグレン・ロケットを、脱出とプラズマ加速・動力学探査機(エスカペード) のミッションです。

このミッションでは、赤い惑星の軌道を周回する2つの双子の探査機を送り、火星の磁気圏が太陽風とどのように相互作用しているかを理解することを目的に研究する。

現在再生中です。 こちらをご覧ください。 マイケル・ストレイハンとクルーが宇宙へ飛び立つ「Blue…

11:35

この契約は、これまで宇宙の果てに触れて地表に戻るように設計された同社のニューシェパードロケットを使った準軌道飛行しか行っていないブルーオリジンにとって、大きな意味を持つものだ。

ニューグレンは、スペースXのファルコン9やファルコンヘビーのようなものと競争できることを期待している同社の大型軌道ロケットである。同社のケープカナベラル施設で何年も前から開発されているが、まだ実証されていない。

2段式のNew Glennロケットは、2つのオービターを地球の大気圏から持ち上げて、火星に向かって送り出す予定で、打ち上げ目標は2024年後半のいつかだ。

その後、2つの宇宙船は約11ヶ月かけて火星への旅を完了する予定だ。彼らが収集したデータから、将来の宇宙飛行士や人工衛星を宇宙天気の被害から守るための理解と洞察が得られることが期待されている。

もっと読む

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article