18.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

:2023年のSalesforceの人員削減は、上場企業として19年の歴史で初めての年間人員削減となる。

Must read

ビジネス情報

セールスフォース社の今年の人員削減計画は、顧客関係管理ソフトウェア会社が2004年に上場して以来、初めての年間人員削減となります。

同社 CRMです。 -2.31% に開示されている。 2023年度の年次10-K報告書 は、1月31日現在で79,390人の従業員がいることを、水曜日遅くに証券取引委員会に提出した2023年1月31日締めで発表しました。

2022年度末の73,541名から8%増加しました。

そして、直前に終了した2020年度からは COVID-19パンデミック開幕セールスフォースの従業員数は62%増加しました。

2023年1月4日、同社が社員の10%を解雇すると発表した際、最高経営責任者のマーク・ベニオフ氏は次のように述べた。 やたらと人を雇う このような状況の中、当社では、パンデミック(世界的大流行)の影響により収益が加速し、景気後退期を迎えています。

お見逃しなく: マーク・ベニオフがウォール街に「これは私の最初の不況ではない」と念を押し、セールスフォースの活動家が「今日は大金を稼いだ」と語った。

もお読みください。: 2023年に入ってから127,000人以上のテックセクターの従業員が職を失っている.

Salesforceの従業員を10%削減しても、従業員数はおよそ71,451人であり、2021年度の従業員総数56,606人を大きく上回ることになります。同社は2020年1月31日現在、49,000人の従業員を抱えている。

2004年6月に株式を公開した会社です。 2005年1月31日現在、767名の従業員が働いています。最初の10-K提出書類によると。その後、毎年平均して約30%(中央値は28%)ずつ従業員が増加しています。最も増加率が大きかったのは2006年度の70%で、最も少なかったのは2023年度の8%でした。

木曜日に2.3%下落して178.72ドルで取引を終えたセールスフォースの株価は、過去3ヶ月間で36.3%急騰しており、SPDR S&P ソフトウェア&サービス上場投信は XSWです。 -2.83% は7.1%上昇し、ダウ工業株平均は DJIAです。 -1.66% は3.7%低下しました。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article