8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

2月の給与所得者数は予想を上回る31.1万人増、堅調な伸びを示す

Must read

米国経済は2月に31万1千人の雇用を増やし、成長は熱を帯びている

雇用創出は2月に減速しましたが、連邦準備制度理事会(FRB)が景気減速とインフレ抑制に努めたにもかかわらず、予想を上回る力強さを示しました。

労働省が金曜日に発表した非農業部門雇用者数は、月間で311,000人増加しました。これはダウ・ジョーンズの予想値225,000人を上回り、雇用市場がまだ熱いことを示すものであった。

労働力率が62.5%と2020年3月以来の高水準に1ティック上昇する中、失業率は3.6%と予想の3.4%を上回った。

労働統計局が失業率の算出に用いる家計調査では、17万7000人増と小さかった。落胆した労働者や経済的理由でパートタイムの仕事を持つ人を含む、より包括的な失業率の指標は6.8%に上昇し、0.2ポイント増加した。

また、平均時給が前年比4.6%上昇し、予想の4.8%を下回ったことから、インフレ面でも朗報がありました。また、前月比0.2%の増加も予想の0.4%を下回りました。

雇用統計は予想を上回ったものの、2月の伸びは異常に強かった1月から減速した。年初の非農業部門雇用者数は50万4,000人で、これは当初発表の51万7,000人からわずかに下方修正されただけでした。12月分も23万9,000人で、前回予想から2万1,000人減となった。

株価はまちまち を発表し、国債利回りはほぼ低下しました。

“ミックス “という表現がぴったりだ。チャールズ・シュワブのチーフ・インベストメント・ストラテジスト、リズ・アン・ソンダーズ氏は、次のように語っています。”経済のある部分については、まだ不況の中にある”。

雇用統計の結果、FRBは3月21-22日に開催される金融政策決定会合で利上げに踏み切る可能性が高くなりました。しかし、トレーダーは、中央銀行が0.5%ポイントの利上げを加速させる可能性を低く見積もり、CMEグループの試算によると、その可能性は48.4%、またはコインフリップ程度まで低下した。

「コメリカ・ウェルス・マネジメントのチーフ・インベストメント・オフィサー、ジョン・リンチは、「今回の報告で最も良かったニュースは、おそらく賃金圧力が緩和されたことでしょう。「企業にとって最大のコストが下がることは歓迎すべきことです。とはいえ、最近の経済の好調さを考えると、3月の政策決定会合で50ベーシスポイントの引き上げが検討されている。 [consumer price index] を報告する。”

レジャー・サービス業は105,000人の増加で、6ヵ月平均の91,000人とほぼ同水準の雇用増となった。小売業は50,000人増となった。政府機関は46,000人増、専門・ビジネスサービスは45,000人増となりました。

短期的な金融引き締めの影響をまだ懸念している、とNuveen CIOのSaira Malikは述べています。

しかし、情報関連職は2万5千人減少し、運輸・倉庫業は月間で2万2千人減少しました。

「労働市場が経済の明るい部分であると遠慮なく言うのは、もはや正確ではありません。求人情報サイトGlassdoorのチーフエコノミストであるAaron Terrazas氏は、「上空3万5,000メートルから見ると、まだ明るい状況だが、表面から1インチ掘り下げると、明らかに軟化している部分がある」と述べている。

テラサスは、「リスクに敏感な」セクターで雇用が減速していることを指摘しました。さらに、「政策立案者にとっての課題は、こうした弱点は経済全体のごく一部であり、潜在的にはまだ顕在化していない関連性が潜んでいることだ」とも述べている。

雇用統計は、米国経済、ひいてはFRBの政策担当者にとって重要な時期に発表されたものです。

この1年間で、中央銀行は基準金利を8回引き上げ、フェデラルファンド金利は4.5%から4.75%の範囲になりました。

2022年末にかけてインフレデータが冷え込むように見えたため、市場はFRBが今度は利上げのペースを落とすと予想しました。2月に行われた連邦公開市場委員会では、0.25%の利上げが承認され、今後はより小さな利上げが行われることが示唆されました。

しかし、パウエルFRB議長は今週、最近の指標ではインフレ率が再び上昇しており、このままでは金利が従来の予想よりも高い水準に上昇するとの見通しを議会で示しました。パウエル議長は特に、金利が上昇を続け、高止まりする可能性が高い理由として、労働市場が「極めてタイト」であることを指摘した。

また、2月の値上げよりも高くなる可能性があるとの見解を示した。

パウエル議長は、3月のFOMCに向けては何も決定していないと強調したものの、市場はその発言に反発した。株価は大幅に下落し、2年債と10年債の利回りの差は拡大した。この現象は逆イールドカーブとして知られ、第二次世界大戦後のすべての不況に先行している。

訂正します。失業率は3.6%に上昇し、予想の3.4%を上回った。以前のバージョンでは、予想との関係で方向性を誤って表現していました。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article