8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

ダウ・ジョーンズ・ニュースワイヤーズ英国、2月の消費者信頼感が予想以上に改善

Must read

英国の2月の消費者信頼感は予想以上に改善し、高インフレと金利上昇の影響を家計が受け続けているにもかかわらず、好調な兆しを見せています。

調査会社GfKは、消費者信頼感バロメーターが1月のマイナス45から2月はマイナス38に上昇し、4月以来の高水準となり、先月の落ち込みを覆す結果となったと発表しました。

この数値は、2021年3月以降で最大の月間センチメントの上昇となり、エコノミストが予想したセンチメントの改善幅が小さいマイナス43を上回った。

しかし、信頼度はまだひどく落ち込んでおり、コロナウイルス関連の封鎖措置前の水準からは、まだ遠いムードが続いていると、GfKクライアント戦略ディレクターのジョー・スタトンは述べています。

「多くの課題が残っており、これは希望の泡に過ぎないかもしれないが、泡は常に崩壊する」と述べた。

GfKによれば、信頼感の向上は、主に個人の経済状況および今後12ヶ月間の経済状況に対する評価が改善したことに起因しています。

英国のインフレ率は12月の10.5%から10.1%に低下し、この数ヶ月で3度目の低下となりました。

また、2月上旬に4.0%まで金利を引き上げたイングランド銀行は、景気拡大が軟化している兆候が見られる中、利上げサイクルを近く休止する可能性があることを示唆している。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article