21.3 C
Tokyo
2024年 5月 21日 火曜日

ByteDanceのCEOは、同社のリードアドバンテージが減少していると見ている。

Must read

テクノロジー

ByteDanceのCEOであるLiang Rubo氏は、ByteDanceの11周年を記念して16日に行われた社内会議で、Douyin、TikTok、Jinri Toutiaoなどの主要コンテンツにおける同社の優位性は、この1〜2年で低下したと述べた。DouyinのCEOであるKelly Zhang、TikTokのCEOであるShou Zi Chew、同プラットフォームのEコマース担当社長であるKang Zeyuもこの会議に出席したとテックメディア36Krが報じた。Kang氏は、TikTokのEコマース部門が今年の同社の主な成長ドライバーになると考えており、米国での大規模なローンチを準備しているとのことです。しかし、ショートビデオプラットフォームは現在、ByteDanceがTikTokの株式を売却しない限り、米国から追放される可能性に直面しています。Chewは会議でこの問題を取り上げ、同社がこの懸念に対処することを期待して「非常に充実したセキュリティ・ソリューション」を構築中であることを明らかにしました。[[36Kr、中国語表記]

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article