15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

スイスの規制当局、AT1債の評価損計上の決定を擁護

Must read

アメリカ

アメリカ スイスの規制当局、AT1債の評価損計上の決定を擁護© Reuters.FILE PHOTO.2023年3月21日、中国・香港のオフィスビル外で、クレディ・スイスのロゴの前を歩く歩行者。REUTERS/Lam Yik

チューリッヒ(ロイター) -スイスの金融市場規制当局であるFINMAは、クレディ・スイスの一部の社債権者に急な損失を課すという決定を木曜日に行い、この決定は法的に水際立ったものであると弁明した。

日曜日、スイスはクレディ・スイスを数十億フランで救済し、UBSに買収させることを発表しました。

この取引の一環として、スイスの規制当局は、金融機関の追加的Tier1負債のうち160億スイスフラン(174億9000万ドル)をゼロに評価し、株主は何らかの補償を受けると発表しました。

AT1債券保有者よりも株主を優先したこの決定は、2750億ドルのAT1債券市場を動揺させ、月曜日に価格の急落を招きました。クレディ・スイスのAT1社債権者の中には、法的助言を求めている者もいる。

クレディ・スイスが発行したAT1商品は、契約上、「実行可能性イベント」、特に政府の臨時支援が認められた場合に、完全に評価損を計上することになっている」とFINMAは述べています。

“クレディ・スイスは2023年3月19日に連邦デフォルト保証を担保とする臨時流動性支援融資を受けたため、同行の発行するAT1商品についてはこれらの契約条件が満たされた “と付け加えています。

Tier2債券は評価損を出さない、とFINMAは述べている。

FINMAのUrban Angehrn局長は、「顧客、金融センター、市場を保護するための解決策が日曜日に見つかった」と述べています。

欧州の規制当局は月曜日、クレディ・スイスにおける社債権者の扱いとは異なり、社債権者よりも株主に損失を課すことを継続すると踏み切った。

債券保有者の信頼を高めるため、UBSは水曜日に、数日前に売却した27億5000万ユーロ相当の債務を買い戻すと発表しました。

(1ドル=0.9148スイスフラン)

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article