21.3 C
Tokyo
2024年 5月 21日 火曜日

ローマ法王、「不条理」なウクライナ戦争の停戦を改めて呼びかけ

Must read

ウクライナ戦争

ウクライナ戦争 2023年2月22日(水)、バチカンのパウロ6世謁見所で行われた週刊一般謁見で、信者を祝福する教皇フランシスコ。AFP PHOTO

2023年2月22日(水)、バチカンのパウロ6世謁見所で行われた週刊一般謁見で、信者を祝福する教皇フランシスコ。AFP PHOTO

2023年2月22日(水)、バチカンのパウロ第6謁見所で行われた週刊一般謁見で、信者を祝福するフランシスコ法王。 AFP PHOTO

VATICAN CITYです: ローマ法王フランシスコは、ロシアによるウクライナ侵攻1周年を2日後に控え、ウクライナにおける「不条理で残酷」な戦争の停戦を改めて呼びかけました。

「死者、負傷者、難民、孤立した人々、破壊、経済的、社会的な損害がそれを物語っている」と86歳の教皇は毎週行われる一般謁見で語った。

最新情報を入手する
受信箱に届く

マニラ・タイムズの日刊ニュースレターに登録する

メールアドレスを登録することで、私は以下の事項を確認し、同意したものとします。 利用規約プライバシーポリシー.

フランシスコは、金曜日が開戦から1年になることを指摘し、”不条理で残酷な戦争、悲しい記念日 “と呼びました。

すべての国に対して、”紛争を終結させ、停戦を実現し、和平交渉を開始するための具体的な努力 “をするよう促した。

教皇は、2022年2月24日にロシア軍がウクライナに進軍して以来、紛争の終結を繰り返し求め、キエフとモスクワへの訪問を希望しているが、それは実現されていない。

和平の仲介をしようとする彼の申し出は、何の役にも立っていない。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article