22.9 C
Tokyo
2024年 5月 21日 火曜日

BOEのベイリー氏、企業に対し価格設定時にインフレ率の低下を想定するよう要請

Must read

ビジネス情報

ビジネス情報 BOEのベイリー氏、企業に対し価格設定時にインフレ率の低下を想定するよう要請© Reuters.FILE PHOTO:イングランド銀行金融政策報告記者会見に出席するアンドリュー・ベイリー総裁(2023年2月2日、英国・ロンドンのイングランド銀行で)。ユイ・モク/プール・ビア・REUTERS

デビッド・ミリケン著

ロンドン(ロイター) – イングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁は、英国企業は価格を設定する際に、今年のインフレ率が低下するという公式予測を考慮すべきであると述べた。

「企業が価格を設定する場合、企業が直面するコストを反映させなければならないことは理解しています」とベイリー氏はBBCに語った。

「しかし、私が言いたいのは、経済の中で物価を設定し、人々が前を向いているとき、今年のインフレ率は急激に下がると予想しているということです。そして、私はただ、そのことを心に留めておいてくださいと言いたいのです」と述べました。

ベイリー氏はさらに、企業が必要以上に価格を引き上げているという証拠はないと述べた。

英国の中央銀行は木曜日、主要金利を4%から4.25%に引き上げました。公式発表によると、2月の消費者物価上昇率が年間10.4%に予想外に上昇したことを受け、その翌日となりました。

ベイリー氏は、昨年のエネルギー価格の急騰の影響が前年比の物価比較から抜け落ちたため、中央銀行は今年のインフレ率が大幅に低下すると予想していると繰り返し、インフレ率が安定したことに「非常にほっとしている」と述べた。

「今、私は勇気づけられる兆しを感じています。心強い前進の証拠があります。しかし、この面では非常に警戒しなければならない」と述べた。

“そして、価格を設定している人たちに言いたいのは、インフレを埋め込めば、金利はさらに上昇しなければならないことを理解してほしい “ということです。

金曜日の金融市場は、今年中にもう1回BOEの金利が上昇し、金利がピーク時の4.5%に達することを織り込んでいました。

昨年、ベイリーは、インフレ率に見合った賃金上昇を確保しようとすると、インフレ率の目標値である2%への回復が遅れ、インフレ率の上昇のコストを交渉力の弱い人々に転嫁することになると述べ、労働組合からの批判にさらされました。

木曜日、BOEスタッフは、6月末までの3ヵ月間の経済が縮小するのではなく、緩やかに成長すると予測し、短期予測を上方修正しました。

ベイリー氏は、英国経済は現在、景気後退を回避できる可能性が高いと述べた。

“成長という意味での経済の見通しは、現在、かなり良くなっている。そして、今年は景気後退を回避できる可能性がかなり高いと言うのが妥当だと思います」と述べました。

11月にBOEは、現代の記録が始まって以来最も長い景気後退を予測しましたが、各四半期の予測下落幅は小さく、小幅な上方修正で四半期ごとの下落の連鎖を断ち切るには十分であると述べています。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article