10.8 C
Tokyo
2024年 3月 4日 月曜日

米ドル/円、130.50付近で4日間の下降トレンドを描く、日米インフレ率の手がかりに注目

Must read

アメリカ

  • 米ドル/円は、金曜日後半の7週間ぶりの安値からの反発が弱まり、日中底値更新のオファーを受ける。
  • 米国債利回りの低迷、銀行危機や景気後退への懸念が交錯し、円の安全資産としての需要を支えています。
  • FRBタカ派が主導権を握るには、金曜の米コアPCE価格指数による検証を必要とする。

米ドル/円は、月曜日早朝の市場が不活発なままでも、4日連続でベアを喜ばせています。

円ペアの直近の弱さは、トレーダーがリスクの安全性を求めて日本円(JPY)に殺到していることや、米国と欧州の銀行業界を取り巻く不安が迫っていることに関連している可能性があります。また、米連邦準備制度理事会(FRB)と日本銀行(BOJ)の次の動きに対する市場の見方が最近食い違っていることも、最近の相場の重荷になっているようです。

ブルームバーグは、米国と欧州の政策立案者が銀行の破綻を収束させるために立ち上がったとする刺激的な見出しを掲げましたが、国際通貨基金(IMF)のクリスタリナ・ゲオルギエヴァ総裁は「金融安定化へのリスクが高まっている」と警告しました。また、ロシアがベラルーシの近くに核兵器を移設したとのニュースも、市場の不安を高めました。

しかし、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁が米景気後退の懸念を示し、米中央銀行の追加利上げ観測を後退させたことが、円ペアの下押し圧力となった。

なお、金曜日に発表された米国の2月耐久財受注と3月購買担当者景気指数は、それぞれ混在した内容で、タカ派的な見方に加わりました。 フェド は、米ドル/円ペアの数日間の安値からの修正的な跳ね返りを誘発すると話す。

とりわけ、FRBが政策の軸足を近くしているのとは対照的に、日銀が超低金利の金融政策から撤退するという話がエスカレートしていることが、米ドル/円を南へ向かわせる。

こうした中、アジア太平洋地域の株式はまちまちで、S&P500先物は金曜日のウォール街の穏やかな好業績に追随して半値上昇しました。しかし、ベンチマークである米国10年債利回りは3.378%前後で推移し、2年債利回りは3.797%前後と穏やかな日中上昇で買われました。

移動することです、 USD/JPYペア が軽い中、リスクカタリストの手がかりを求める可能性があります。 カレンダーこのため、相場が南へ向かってさらに削られることが予想されます。しかし、金曜日の東京都消費者物価指数(CPI)、日本の失業率、小売業は、ペアトレーダーにとって明確な方向性を示すために重要である。

その後、FRBが好むインフレ指標であるコア個人消費支出(PCE)価格指数が注意深く観察されることになる。インフレ指標が強い結果を示した場合、グリーンバックは回復の余地があり、米ドル/円は最近の損失を縮小させることができます。

アメリカ テクニカル分析

米ドル/円は、13日前のレジスタンスラインと1月16日からの上向きトレンドラインのサポートの間で揉み合い、それぞれ130.75付近と130.55付近の順で推移しています。

このページに掲載されている情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しが含まれています。このページで紹介されている市場や商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものでは決してありません。投資に関する決定を下す前に、ご自身で十分な調査を行う必要があります。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことをいかなる意味でも保証するものではありません。また、本情報がタイムリーなものであることも保証しません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む多大なリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失およびコストは、お客様の責任となります。本記事で表明された見解や意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetやその広告主の公式な方針や立場を反映するものではありません。本ページに掲載されたリンクの末尾にある情報については、著者は責任を負いません。

記事本文で特に明示されていない場合、執筆時点で、著者は本記事で言及された銘柄のポジションを持たず、言及された企業とビジネス上の関係を持っていません。著者は、FXStreetからの報酬以外に、本記事を執筆するための報酬を受け取っていません。

FXStreetおよび著者は、個人的な推奨を提供するものではありません。著者は、本情報の正確性、完全性、適性について、いかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤り、脱落、または損失、傷害、損害に対しても責任を負いません。誤字・脱字は除く。

筆者およびFXStreetは登録投資顧問ではなく、本記事の内容は投資アドバイスを目的とするものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article