23.4 C
Tokyo
2024年 6月 21日 金曜日

第4四半期の米国GDPは2.9%増、景気後退懸念があっても予想以上

Must read

第4四半期の米国GDPは2.9%増、失業保険申請件数は'22年4月以来の低水準に低下

米国経済は、2022年に成長がマイナスに転じるかどうかという疑問が残る中、堅調な状態で2022年を終えました。

商務省が木曜日に発表した第4四半期の国内総生産(10月から12月にかけて生産されたすべての財とサービスの合計)は、年率2.9%のペースで増加しました。ダウ・ジョーンズが調査したエコノミストたちは、2.8%と予想していた。

成長率は、第3四半期の3.2%ペースより若干鈍化しました。

株価は混合に転じた 国債の利回りはほぼ上昇しましたが、この報告を受けて、国債の利回りは上昇しました。

GDPの約68%を占める個人消費は、当期2.1%増加し、前期の2.3%から若干減少しましたが、依然としてプラスです。

インフレ率は、夏に41年ぶりの高水準を記録した後、年末にかけて大幅に低下した。個人消費支出価格指数は3.2%上昇し、予想通りでしたが、第3四半期の4.8%から大きく低下しました。食品とエネルギーを除いた物価指数は3.9%上昇し、4.7%から低下しました。

インフレ率は、物価上昇が後退していることを示す一方で、連邦準備制度理事会の目標である2%を大きく上回る水準にあります。

消費者による押し上げに加え、民間在庫投資、政府支出、非住宅固定投資の増加もGDPの数字を押し上げる要因となりました。

住宅市場の急激な悪化を反映して住宅固定投資が26.7%減少したこと、輸出が1.3%減少したことが成長率の足かせとなった。住宅の落ち込みは、GDPのヘッドラインから約1.3%ポイント差し引かれました。

連邦政府支出は、国防以外の支出が11.2%増加したことなどにより6.2%増加し、州および地方支出は2.3%増加しました。政府支出の合計は、GDPを0.64%ポイント増加させました。

在庫の増加も大きな役割を果たし、1.5%ポイント近くを追加した。

キャピタル・エコノミクスの米国上級エコノミスト、アンドリュー・ハンターは、「成長率の構成は落胆させるもので、月次データは第4四半期に入り、経済が勢いを失ったことを示唆している」と書いています。”金利上昇の影響が遅れて、今年前半には穏やかな景気後退に追い込まれると、我々は依然として予想している。”

第4四半期GDPデータについて専門家はどう考えるか

この報告書は、経済にとって不安定な1年を締めくくるものです。

GDPが1984年以来最も強いペースで上昇した2021年に続き、2022年の最初の2四半期はマイナス成長で始まり、一般に言われる景気後退の定義と一致した。しかし、消費者の回復力と強い労働市場のおかげで、最後の2四半期は成長がプラスに転じ、2023年に希望を与えることができました。

“Plante Moran Financial Advisorsの最高投資責任者であるJim Bairdは、「2022年前半の経済がGDP報道が示唆するほど弱くなかったように、第4四半期のGDP発表が示すほど強くもない」と述べています。”回復力のある個人消費に支えられ、昨年後半は堅調なペースで景気が拡大したが、今後数四半期でより顕著な減速が起こる可能性は依然としてある”

木曜日に発表された別の経済指標では、労働市場が堅調でタイトであることが強調されました。 週次失業保険申請件数 は6,000人減の186,000人となり、2022年4月以来の低い数値となり、ダウ・ジョーンズ予想の205,000人を大きく下回りました。

また、長持ちする商品の受注も予想を大きく上回りました、 12月は5.6%上昇しました、 を予想したのに対し、2.4%の減少となりました。ただし、輸送を除いた場合の受注は、需要があるため0.1%減少しました。 ボーイング 旅客機が見出しの数字を押し上げる要因となった。

かなり強い経済データにもかかわらず、ほとんどのエコノミストはこう考えている。 景気後退もやむなし 今年も

アグレッシブなシリーズ FRB利上げ は、暴走するインフレを抑制することを目的としており、今年はそのねぐらになることが予想されます。FRBは2022年3月以降、基準となる借入金利を4.25%ポイント引き上げ、2007年後半以来の高金利となりました。利上げは一般に遅行性で行われるため、その実質的な効果は先の時期まで感じられない可能性がある。

市場は、FRBが来週の会合でさらに4分の1%の利上げを実施し、それに続いて3月にも同様の規模の利上げを実施する可能性がほぼ確実と見ています。

全体としてはプラス成長であるにもかかわらず、経済の一部の分野では景気後退の兆しが見られます。特に住宅は遅れをとっており、12月の建築許可件数は前年比30%減、着工件数は22%減となりました。

第4四半期の企業収益報告も、収益後退の可能性を示唆しています。Refinitivによると、S&P500企業の20%近くが報告し、収益は4.1%増加したにもかかわらず、3%の損失で推移しています。

また、12月の小売売上高は1.1%減となり、個人消費も弱含みの様相を呈しています。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article