15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

ダウジョーンズ・ニュースワイヤーズABフーズ、予想を上回る個人消費で増収、2023年度の見通しを後退させる

Must read

アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズPLC ABFです、 -0.44% は、コスト上昇にもかかわらず個人消費が予想以上に好調だったことから、2023年度第1四半期(16週)の売上高が前年同期比で増加し、インフレ率が低下する中で通期見通しを下方修正したと発表しました。

FTSE100採用企業の1月7日に終了した16週間の売上高は、前年同期比16%増の67億ポンド(82億9,000万ドル)であったと発表しました。

ABフーズの小売部門であるPrimarkの当期の売上高は、15%増の31.4億ポンドとなりました。

プライマークのこれまでの業績は、全市場で好調であり、予想を上回るものでしたが、マクロ経済の圧力により、今後数ヶ月は個人消費の重荷になることが予想されるとABフーズは述べています。

同社は、プライマークの調整後営業利益率(例外的項目およびその他の一過性の項目を除いたもの)は、売上実績の結果として予想を上回ったものの、コスト増加により利益率はやや低下したと述べています。

食品事業は、大幅な投入コストの上昇を取り戻すための価格改定を主因として、17%増の35億5,000万英ポンドとなりました。

“通期については、グループ全体の業績に対する見通しに変更はなく、売上高は大幅に増加し、調整後営業利益及び調整後1株当り利益は前年度を下回る見込みです。”と述べています。

ABフーズは、インフレの変動が少なくなり、最近では一部の商品コストが低下していると付け加えた。

michael.susin@wsj.com Michael Susinまでご連絡ください。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article