15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

ソニー、2023年度TIPAアワードで4冠達成 「BEST FULL FRAME PROFESSIONAL CAMERA」(ソニー α7 RV)、「BEST PROFESSIONAL CONTENT CREATOR CAMERA」(ZV-E1)を含む

Must read

テクノロジー

ソニーは、技術映像プレス協会が主催する「TIPA賞」において、ソニーの性能と革新性が高く評価され、合計4つの賞を受賞したことを発表します。本年は、α7 RVが「ベストフルサイズプロフェッショナルカメラ」、ZV-E1が「ベストプロフェッショナルコンテンツクリエーターカメラ」などのタイトルを獲得しています。

プロフェッショナル向けフルサイズカメラ「BEST FULL FRAME」:ソニー α7 RV

TIPA編集部は、「α7R V」を、現役プロフォトグラファーのための機能・性能を底上げする、高い印象と応答性、柔軟性を備えたカメラとして満場一致で選びました。61MPフルフレームセンサー、8K動画撮影、8段分の手ブレ補正機構に加え、先進のAI搭載オートフォーカスシステムにより、これまでにない精度とスピードで多くの被写体の動きを追尾・予測します。Exmor R BSIとBIONZ XRプロセッサーにより、α7R Vは15ストップの驚くべきダイナミックレンジと拡大した低照度能力を備えています。また、圧縮RAWで最大583コマ(フルタイムAE/AF)、JPEGで最大1000コマ(シングルバースト)の連続撮影が可能です。

ベストプロフェッショナルコンテンツクリエイターカメラ:ソニー ZV-E1

コンパクトでフルフレームのZV-E1は、動く被写体を追跡する新しいアル機能、複数の被写体の相互作用に対応し、多数の映画的なVlog設定によって視覚効果やムードを設定することができます。コントロールオプションは、カメラ上のタッチスクリーンやスマートフォンからのリモート操作で簡単にアクセスすることができます。ダイナミックアクティブモードは、手持ち撮影時の手ぶれ補正を強化し、AIチップがインテリジェントに画像を切り取ることで、被写体を常に注目の的にします。 USB接続によるライブストリーミングなど、多数の接続オプションがあります。搭載された3カプセルマイクは、指向性の変化に対応し、手動または自動検出で設定することができます。さらに、クラウドベースの編集やメディア共有を可能にするSony Creators’ Cloudエコシステムへのアクセスも可能です。

ベスト・スタンダード・プライム・レンズ:ソニー FE 50mm F1.4 GM

開放F値1.4の超高速レンズで、暗い場所での撮影やシャッターチャンスに最適なプライムレンズです。11枚羽根の絞りと40.6cmの近接撮影能力で、驚くほど滑らかな背景と豊かなボケ味を実現する汎用レンズとして最適です。2つのフォーカスホールドボタンやリニアレスポンスマニュアルフォーカスリングなど、静止画だけでなく動画にも対応できる新しい設計と操作性を備えていることも、TIPA編集部の印象に残っています。また、縫い目やボタン、スイッチ類に防塵・防滴構造を採用し、前玉にはフッ素コーティングを施すなど、厳しい環境下でも安心してお使いいただけます。また、すべてのG Masterレンズと同様に、特殊なレンズが収差や歪みを最小限に抑え、優れた解像度とシャープネス、鮮明さと色精度を提供します。

ベストスタンダードズームレンズ:ソニー FE 20-70mm F4 G

現代のレンズは、スチル写真家のニーズだけでなく、Vlogを含むビデオのニーズも満たさなければなりません。ソニーFE20-70mmは、この2つのニーズに応えるとともに、24-70mmのユニバーサルズームを短辺20mmに拡張した、ワイドからノーマルまでの優れたレンズとして機能する。ビデオグラファーにとって、ワイドズーム時は、自撮り、風景、イベント撮影に優れた端から端までのシャープネスで広い視野を提供し、「ポートレート」70mmは、POV、インタビュー、ディテールワークに最適で、9枚羽根の絞りで柔らかいボケ味を実現しています。2つのXDモーターがスムーズで静かなAF性能を実現し、最新の設計によりフォーカスブリージング、フォーカスシフト、アキシャルシフトを排除し、アクティブモード手ブレ補正が動画機能にさらなるクオリティを加えています。

###

詳しくは、お近くの広報担当者または、お問い合わせください:

ソニー・ヨーロッパ コーポレートコミュニケーション部 サラ・ルイーズ・モールトセイド

+44 (0)1932 817000 /sarah.louise.maultsaid@sony.com

ソニー株式会社について

ソニー株式会社は、ソニーグループ株式会社の100%子会社で、エンターテインメント、テクノロジー&サービス(ET&S)事業を担っています。ソニーは、「技術の追求と新たな挑戦を通じて、世界中の人々と社会に『感動』と『安心』を提供し続ける」というビジョンのもと、ホームエンタテインメント&サウンド、イメージング、モバイルコミュニケーションなどの領域で製品・サービスを創造していきます。

詳しくは、以下をご覧ください: http://www.sony.net/

* どちらも日本語です、 カンドゥー とは、感情や アンシン には、安心、安心、信頼、信用など様々な意味が込められています。

Sony Europe B.V.について

Sony Europe B.V.は、ソニー株式会社の子会社であり、英国に本社を構えています。ソニーは、欧州全域において、コンシューマーおよびプロフェッショナル市場向けのエンターテインメント、テクノロジー&サービス事業、およびイメージング&センシングソリューション事業を牽引しています。研究開発、エンジニアリング、デザイン、セールス、マーケティング、流通、カスタマーサービスに至るまで、創造性とテクノロジーの力で世界を感動で満たすというソニーの目的を実現するために、私たちは働いています。

詳しくは、以下をご覧ください: www.sony.eu/presscentre

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article