10.8 C
Tokyo
2024年 3月 4日 月曜日

2023年「世界パーキンソン病デー」:啓発に向けた各地の取り組み

Must read

イギリス

イギリス UK コビド
コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが広がる中、ミルトン・ケインズ大学病院で医療スタッフが重篤なCOVID-19患者を治療。ロイター/トビー・メルビル

世界パーキンソン病デー」は、世界中の何百万人もの人々が罹患している衰弱性の神経変性疾患であるパーキンソン病についての認識を高めるために、毎年4月11日に実施されるイベントです。パーキンソン病は、神経変性疾患であり、世界中の何百万人もの人々が罹患しています。この疾患は、神経系を悩まし、運動を阻害し、しばしば震えを特徴とします。

英国では、世界パーキンソン病デーは、パーキンソン病患者やその家族にとって重要な日であり、認知度を高め、より良いサポート、ケア、病気に関する研究を提唱する機会となっています。

パーキンソン病は、脳を侵し、震え、こわばり、動作の緩慢さ、バランスと協調性の障害など、さまざまな症状を引き起こす慢性かつ進行性の疾患です。英国では、約145,000人がパーキンソン病と共存していると推定されており、高齢化に伴い、この数は今後増加すると予想されています。

英国での世界パーキンソンデーを記念して、多くの組織や支援団体が、病気についての認識を高め、パーキンソン病とともに生きる人々を支援するためのイベントやイニシアチブを計画しています。例えば、英国の慈善団体Parkinson’s UKは、この世界パーキンソンデーに、建物や記念碑、ランドマークを青くライトアップして談話を作り、パーキンソン病に光を当てる「ライトアップブルー」というキャンペーンを開始しました。

Parkinson’s UKは、パーキンソン病の複雑で多様な性質と、それが人々の日常生活に与える影響についての認識を高めることを目的としています。また、キャンペーンでは、パーキンソン病の患者さんが直面するさまざまな経験や課題を紹介するビデオや患者さんの体験談を紹介しています。

英国では、世界パーキンソンデーを記念して、「Parkinson’s 100 Challenge」という取り組みも開始されました。これは、英国パーキンソン病協会への寄付金と認知度を高めるために、身体的な挑戦をすることを奨励するものです。参加者は、100マイルのランニング、100キロのサイクリング、100レングスの水泳など、自分で課題を選び、友人や家族からスポンサーを募って、その努力をサポートすることができる。

これらのイベントに加え、英国では世界パーキンソンデーを記念して、多くの仮想会議やウェビナーが企画されています。これらのイベントでは、研究者、医療従事者、パーキンソン病患者さんが一堂に会し、治療とケアの最新動向を議論し、病気を管理するためのベストプラクティスや洞察を共有します。

これらのイベントで議論されている重要な課題のひとつが COVID-19パンデミックの影響 を、パーキンソン病とともに生きる人々に与えています。研究によると、パーキンソン病の人々はCOVID-19に感染すると重い症状を発症するリスクが高く、パンデミックの結果、治療やケアに支障をきたした人が多くいます。

こうした課題に対処するため、医療専門家や支援団体は、バーチャルコンサルテーションや遠隔モニタリング技術へのアクセスなど、パーキンソン病患者さんへのサポートやリソースの充実を呼びかけています。こうした取り組みは、世界的な健康危機の中にあっても、パーキンソン病患者が必要なケアとサポートを受け続けられるようにするために役立つものです。

英国における「世界パーキンソン病デー」は、現在進行形で必要とされていることを再認識させるものです。 大研究 と、パーキンソン病の原因や治療法に対する投資を行っています。パーキンソン病の症状を抑える薬や治療法はありますが、現在のところ治療法はありません。新しい治療法の開発を支援し、最終的に治療法を見つけるためには、さらに多くのことが必要です。

近年、パーキンソン病の根本的な原因を解決するための遺伝子治療やその他の革新的な治療法の可能性に関心が高まっています。擁護団体や研究者は、この研究を支援するための資金やリソースを増やし、新しい治療法の開発と実施を加速させるために、学術界、産業界、医療従事者の連携を強化することを求めています。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article