6.9 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

ウォール街が安定を取り戻し、株価はほぼ横ばい状態

Must read

ニューヨーク – 株価は、ウォール街が混乱に満ちた1ヶ月の終わりに安定を取り戻す中、火曜日はまちまちでした。

S&P500は、指数内の大半の銘柄が上昇したものの、6.26ポイント(0.2%)下落し、3,971.27となりました。ダウ平均は37.83ドル(0.1%)安の3,394.25ドル、ナスダック総合は52.76ドル(0.4%)安の11,716.08ドルとなりました。

今月初め、銀行システムに対する懸念が再燃して以来、ウォール街で最も激しい動きがあった債券市場でも、比較的穏やかな雰囲気が漂っていました。債券の利回りは、前週に歴史的な大暴落を見せた後、小幅な上昇にとどまっています。

今月は、世界中の銀行が大幅な金利上昇の圧力に押しつぶされるのではないかという懸念でもちきりでした。しかし、規制当局がシステムを保護するために大きな動きを見せたことで、最近、市場に落ち着きが戻りつつあります。

そのため、ウォール街の関心は金利と中央銀行が次に何をするかということに戻っています。連邦準備制度理事会(FRB)をはじめとする中央銀行は、難しい決断を迫られています:インフレ率は依然として高く、通常であればさらに高い金利を要求することになる。しかし、銀行が弱体化したことで、金利の引き上げが悪化する可能性のあるシステムの脆弱性が明らかになりました。

“世界の中央銀行は、私たちをその中途半端なゾーンに置いて、明確な情報を待っていると思う:と、U.S.Bank Wealth Managementのシニア投資ストラテジスト、ロブ・ハワース氏は述べました。

FRBが主要なオーバーナイト金利を4.75%から5%の範囲に引き上げ、昨年初めの実質ゼロから上昇させた後、FRBが示唆したようにもう一回引き上げを行った後に休止すれば、市場は安心感を得ることができるでしょう、とハワース氏は言います。

たった1年で、金利が「劇的に変化した」と彼は言います。「ある種の安定を得るだけで、計画を開始するための明確な材料になります。

トレーダーは火曜日、FRBが5月の次回会合で利上げを行うとの賭けに出たが、依然として金利を据え置くとの意見が若干多数を占めた。

金利の上昇は、経済全体を鈍いハンマーで叩くことでインフレを抑制しようとするものです。また、その過程で、特にテクノロジーやその他の高成長株などの株価を引き下げる。

アップル、マイクロソフト、その他のハイテク株は、小幅に下落した後、火曜日のS&P500の最も重いウェイトを占めています。

香辛料・調味料メーカーのマコーミック社は、最新四半期にアナリストの予想を上回る利益と収益を計上し、9.6%の上昇を見せました。

その他の銘柄はまちまちで、今月は波乱含みの金融株もありました。S&P500種構成銘柄の大半は上昇しましたが、投資家が最もリスクが高いと強調している一部の銀行は、午前中の上昇分を帳消しにして下落しました。

ファースト・リパブリックは2.3%下落し、パックウェスト・バンコープは5%下落しました。

シリコンバレー銀行を崩壊させたような顧客流出を次に起こすのはどこかと、中小規模の銀行に厳しい目が向けられているのです。

銀行をめぐる騒動が、全国の企業への融資を抑制することにつながるのではないかという懸念が、より広範な懸念の1つとなっています。その結果、経済成長が鈍化し、景気後退のリスクが高まる可能性があります。

ゴールドマン・サックスのチーフエコノミスト兼グローバル投資調査部長のヤン・ハツィウスは最近、今後1年間の景気後退の確率を25%から35%に引き上げた。しかし、同氏は報告書の中で、銀行業界の苦境を経済にとって「ハリケーンではなく、向かい風」と呼んだ。

経済に関する報道は、さまざまな角度からなされています。雇用市場は引き続き堅調に推移していますが、経済の隅々ではより弱い動きが見られます。

火曜日には、エコノミストの予想に反して、消費者の信頼感が強まっていることを示す報告がありました。また、別の報告では、1月の米国の住宅価格は12月から軟化しましたが、エコノミストの予想ほどではありませんでした。

トレーダーたちは、FRBが景気浮揚のために早ければ今夏にも利下げに踏み切ることに、依然として大きな期待を寄せています。このような賭けは、銀行業界の苦境が始まって以来、盛んに行われています。また、予想以上のインフレを示唆するデータを受けて、利下げ観測が消えたのとほぼ同じタイミングで、利下げ観測が現実味を帯びてきた。

このようなFRBへの期待の大幅な変化は、債券市場に大きな変動をもたらしています。火曜日、利回りはほんの少し上昇していた。

住宅ローンやその他の重要なローンの金利設定に役立つ10年物国債の利回りは、月曜日深夜の3.54%から3.55%に上昇しました。

FRBへの期待でより動く2年物利回りは、月曜深夜の4.01%から4.05%に上昇しました。今月初めには5%を超え、2007年以来の高水準となった。

スタン・チョー著

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article