23.8 C
Tokyo
2024年 7月 15日 月曜日

フィッチ、フランスの格付けを「AA-」に引き下げ、見通しを安定に上方修正

Must read

ビジネス情報

ビジネス情報 フィッチ、フランスの格付けを「AA-」に引き下げ、見通しを安定に上方修正

(日 ロイター] – フィッチは1日、フランスのソブリン格付けを1ノッチ引き下げ、「AA-」とした。政治的な行き詰まりや社会不安が、エマニュエル・マクロン大統領の改革課題に対するリスクとなる可能性があるとしている。

この決定に対し、フランスのブリュノ・ル・メール財務大臣は、フィッチは政府の経済改革・強化計画がもたらすプラスの影響を過小評価しているとし、フランスの債務削減への取り組みを再確認しました。

フィッチは、フランスの経済見通しを従来の「ネガティブ」から「安定的」に修正し、ユーロ圏第2位の規模を誇るフランスの今年の経済成長率は0.8%と、ユーロ圏平均と同水準だが、前回11月のレビューでフィッチが予想した1.1%を下回ると述べた。

世界的な格付け会社は、「年金改革に対する抗議行動で示された社会的・政治的圧力は、財政再建を複雑にする」と述べています。

フランス経済は、政府の年金法案に対する一連のストライキにもかかわらず、第1四半期に0.2%の成長を遂げましたが、インフレ率は頑なに高止まりしています。

フィッチは、ベース効果により2023年後半にインフレ圧力が緩和され、2023年のインフレ率は平均5.5%、その後2024年には2.9%まで鈍化すると予測した。

フランスのインフレ率は3月の5.7%から4月には前年比5.9%に上昇した。統計機関INSEEは、この上昇の一因はエネルギー価格の上昇にあると述べた。

フィッチは、フランスの財政指標は同業他社よりも弱く、一般政府債務/GDPは、比較的大きな財政赤字と財政再建のわずかな進展を反映して、緩やかな上昇傾向を維持すると予想しています。

今月初め、ル・メールは、昨年末に3兆ユーロ(約3兆3100億円)目前で記録したフランスの国家債務負担が、2022年の経済生産高の111.6%から2027年には108.3%まで緩和する見込みであると述べた。

フランスは現在、高い債務返済コストに直面しており、1年前の1%から約3%の借入れを行っている。金曜日、フランスのガブリエル・アタル予算相は、2027年までに国の債務返済費用が最大の予算支出項目になる可能性があると述べた。

(1ドル=0.9074ユーロ)

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article