21.3 C
Tokyo
2024年 5月 21日 火曜日

ブラジル政府、海外で得た金融投資からの所得に課税へ

Must read

アメリカ

アメリカ ブラジル政府、海外で得た金融投資からの所得に課税へ© Reuters.FILE PHOTO:2023年4月25日、スペイン・マドリードのカサ・デ・アメリカで、ビジネスミーティングに出席するため到着したブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ大統領が身振りをする。REUTERS/Juan Medina/ファイル・フォト

ブラジリア(ロイター) – ブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバ大統領の政府は、ブラジルに居住する個人が海外で得た金融投資の資本収入に課税することで歳入を増やすことを目的とした大統領令を発表した。

2024年1月1日以降に得た所得をその目的のために考慮すると、日曜日の夜に発表された即効性のある措置の文章は述べています。恒久的な法律となるためには、4ヶ月以内に議会で投票される必要があります。

本文によると、金融投資から海外で得た所得は、資産の売却または満期時に課税され、支配されている企業の利益と配当は毎年12月31日に課税されます。また、信託財産への課税も含まれています。

6,000レアル(1,203ドル)までの所得は非課税、それ以上50,000レアル以下の所得は15%の課税となります。50,000レアルを超える所得は22.5%の課税となります。

財務省は、この措置により、2023年に約32億レアル(6億4100万ドル)、2024年に36億レアル近く、2025年に67億レアルを徴収する可能性があると述べた。

また、本文では、海外にある資産や権利を2022年12月31日に時価に更新し、取得費の差額を10%の税率で課税する可能性が提起されている。この場合、11月30日までに税金を納める必要がある。

この措置は官報の号外に掲載されたが、ルーラは最低賃金の実質的な引き上げという新たな政策の導入を約束し、低所得者の所得税免除を引き上げる計画を発表した労働者の日の演説では、この措置には触れなかった。

左派ルーラの経済チームは、政府は税金を払うべきなのに払っていない人に課税することで財政の均衡を図ると強調している。しかし、日曜日の措置は、政府の公式チャンネルでは明らかにされていない。

政府は最近、財政の持続可能性を確保するための新しい財政ルールを提示しましたが、この枠組みが成功するかどうかは歳入の増加にかかっており、それは不確実です。

(1ドル=4.9867レアル)

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article