25.4 C
Tokyo
2024年 6月 17日 月曜日

ルミナーテックCEOのラッセル氏、フォーブスの過半数株式を取得へ

Must read

アメリカ

アメリカ ルミナーテックCEOのラッセル氏、フォーブスの株式の過半数を取得へ© Reuters.FILE PHOTO:2017年6月1日、ロシアのサンクトペテルブルクで開催された「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム2017(SPIEF2017)」のボードに映るフォーブス誌のロゴ。REUTERS/Sergei Karpukhin/ファイル・フォト

(ロイター] – ルミナー・テクノロジーズのオースティン・ラッセルCEOは、ビジネスニュース出版社を約8億ドルと評価する取引で、フォーブス・グローバル・メディア・ホールディングスの株式の過半数を購入すると、ラッセルとインテグレート・ホエール・メディア・インベストメント(IWM)は金曜日の声明で述べた。

自動車技術の億万長者は、フォーブス家が所有する残りの部分を含むフォーブスの82%を取得することに同意したと、ロイターへの共同声明は述べている。

ラッセルは同社の日常業務には関与しないと声明は述べており、買収のための資本はルミナールへの出資とは無関係であると付け加えている。

ラッセルがこの取引にどのように資金を調達しているかは、すぐには明らかにされていない。

ウォール・ストリート・ジャーナルが最初に報じたこの取引の一環として、フォーブスの香港にある親会社IWMは同社の少数株を保持し、1つの取締役会の席も維持することになる。また、フォーブスは米国のメディア、技術、AIの専門家で構成される新しい取締役会を同社に加える予定であると声明は付け加えている。

“今、この取引を通じて、真のイノベーターであり先見性のあるオースティン・ラッセルがブランドの新しい執事となることは、まさにふさわしいことです “と、フォーブスのCEOマイク・フェダーレはロイターへの声明の中で述べている。

フォーブス・メディアの会長兼編集長であるスティーブ・フォーブスは、引き続き同社に関与すると声明は述べている。

フォーブスは米国で最も古いメディアの1つで、500万人の読者に届く同名の旗艦誌を発行しています。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article