25.4 C
Tokyo
2024年 6月 17日 月曜日

ダウジョーンズ・ニュースワイヤーズ日銀は当面金融緩和を継続、上田氏、インフレ率は間もなく鈍化すると指摘

Must read

東京 – 日本銀行の上田一夫総裁は月曜日、インフレがすぐに減速し始めると予想しているため、金融緩和を当分の間継続すると述べた。

上田氏は議会の委員会で「トレンドインフレはまだ2%以下なので、金融緩和を継続する必要がある」と述べた。彼は、2024年3月に終わる今年度の後半には、インフレ率が中央銀行の目標である2%を下回る可能性が高いと述べた。

中央銀行は物価見通しをさらに慎重に検討する必要があり、トレンドインフレ率が2%に達した時点で緩和の解除を開始する必要があると、彼は付け加えた。

上田氏は、中央銀行は市場の混乱を避けるため、10年物日本国債利回りの上限を変更することを直前まで発表できないかもしれないと述べた。

上田氏の日銀総裁としての最初の政策決定会合は、木曜日と金曜日に開催される予定である。中央銀行は2日間の会議の終わりに、成長と物価に関する見通しを発表する予定である。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article