22.5 C
Tokyo
2024年 6月 13日 木曜日

今日の株式市場米国の債務上限突破への期待から、ウォール街はポイントアップ

Must read

ニューヨーク–。 ウォール街の3月以来の好調な週は、米国政府の債務不履行を回避するための努力に対する懸念が高まり、金曜日に勢いを失いました。

S&P500は、6.07ポイント(0.1%)下落し、4,191.98となりました。ダウ平均は109.28(0.3%)下落の33,426.63、ナスダック総合は30.94(0.2%)上昇の12,657.90となった。

S&P500は、金曜日は弱かったものの、6週間連続で上下1%も動かなかった長い低迷期から脱却することができました。週初めの上昇の大部分は、ワシントン州が債務不履行を回避できるという期待の高まりによるもので、1.6%の上昇となりました。

民主党と共和党は、6月1日という期限に直面している。この期限は、議会がさらなる借金を許可しない限り、米国政府が請求書を支払うための現金を使い果たす可能性がある日である。債務不履行となれば、景気後退を意味する可能性が高いため、エコノミストと投資家はともに、取引が成立することを広く期待している。

しかし、金曜日、ケビン・マッカーシー下院議長のトップ・ネゴシエーターが、会談を「一時停止」する時期が来たと発言したことで、その希望は一部薄れた。このため、S&P500は昼間の小幅な上昇から一転して下落に転じました。これは、数週間にわたってウォール街を支配してきた綱引きにおける最新の出来事である。

「ノースウェスタン・ミューチュアル・ウェルス・マネジメントのチーフ・インベストメント・オフィサー、ブレント・シュッテ氏は、「毎日、市場は、不況か不況でないかで一進一退を繰り返している。「そのため、このようなレンジ相場が続いているのです。私のように不況に向かう、あるいは不況にあると考える人もいれば、そうでない人もいる。”

米国債のデフォルトは、ほぼ間違いなく景気後退を引き起こすだろう。しかし、金曜日には、連邦準備制度理事会(FRB)が近いうちに金利の引き上げを緩和するのではないかという期待が、こうした懸念を打ち消すのに役立った。これは逆に、すでに減速している経済への圧力を緩和する可能性がある。

トレーダーは、パウエルFRB議長の金曜日のコメントから、FRBが6月の次回会合で金利を据え置く可能性を示唆したと受け止めた。これは、インフレを抑えるために猛烈なペースで金利を引き上げてきたFRBが、1年以上ぶりに金利を据え置くことになる。

高い金利は、昨年夏のピークからインフレを抑えるのに役立っている。しかし、それは広く経済を傷つけ、株式や債券、その他の投資の価格を引き下げることで実現している。製造業やその他の分野では、金利上昇の重圧ですでに弱体化が見られる。

パウエル議長の講演後、トレーダーが6月のFRB追加利上げへの賭けを後退させたため、国債利回りは序盤から上昇した分を取り戻した。

10年物国債の利回りは、木曜日深夜の3.65%から3.69%に上昇しました。この利回りは、住宅ローンやその他の重要な融資の金利設定に役立つ。

2年債利回りは、FRBの行動への期待でより動くが、パウエルが講演を始める前に4.33%まで上昇した。その後、木曜日深夜の4.26%から4.25%まで低下した。

そのわずか1日前、トレーダーは6月のFRB利上げへの賭けを高めていました。これは、ダラス連銀のロリー・ローガン総裁が、FRBの目標を大きく上回っているインフレのさらなる冷え込みを示唆するデータがない限り、追加利上げが行われる可能性があることを示唆したためである。

ウォール街では、DXCテクノロジーが2.5%上昇し、S&P500の中で最も大きな上昇の1つとなったが、これは混在した業績報告書を提出した後のことである。

最新四半期の収益は予想を下回ったが、同社はまた、10億ドルの自社株買いプログラムを発表した。このような買い戻しは、企業の一株当たり利益を増やすことができるため、投資家は好む傾向にあります。

負けたのはフットロッカーで、27.2%急落しました。それは、厳しい経済環境と呼ばれる中、買い物客に買ってもらうために価格を下げなければならないため、今年の財務見通しを引き下げた。

もう一つの小売業者であるロス・ストアーズは、今年通年の収益について、一部のアナリストの予測を下回る予想レンジを示した後、0.6%下落しました。これは、直近の四半期の売上と収益がウォール街の予想を上回ったにもかかわらず、です。

今週は、ホームデポ、ターゲット、ウォルマートの決算が混とんとしていたため、小売業に多くの注目が集まっています。というのも、米国の家計による弾力的な支出は、経済が不況に陥るのを防ぐ主な柱の1つとなっているからです。

ディアも最新四半期に収益と利益の予測を上回ったが、その株価は初期の上昇から1.9%の下落に振れた。ウォール街の多くの企業とは異なり、ディアは利益と収益が前年同期比で伸びている。

S&P500の大半の企業は、アナリストの予想よりも強い業績を年明けに報告している。しかし、彼らはまだ2四半期連続で前年同期比の減益を報告する勢いです。

日本の日経平均は0.8%上昇し、約33年ぶりの高値となりました。4月の日本の消費者物価指数は前年比3.4%上昇し、インフレ圧力が収まっていることを示すデータであった。

中国株は苦戦した。香港のハンセンは1.4%下落し、上海の指数は0.4%下落した。欧州市場は上昇した。

___

AP Business Writers Yuri Kageyama and Matt Ott、AP Economics Writers Christopher Rugaberが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article