23.8 C
Tokyo
2024年 7月 15日 月曜日

今日の株式市場:報道を前に、アジア株式はまちまちの取引

Must read

東京–。 アジア株式は火曜日、まちまちの動きとなった。この週は、経済全体における頑固な高インフレなど、市場の最大の懸念事項に関する報道が目白押しであるため、投資家は様子見とした。

日本のベンチマークである日経平均は、午前中の取引で0.7%上昇し、29,141.93となりました。オーストラリアのS&P/ASX200は、0.2%減の7,258.80となりました。韓国のコスピは0.4%減の2,503.80となりました。香港のハンセンは0.3%減の20,241.95、上海総合は0.2%近く上昇し3,399.98となりました。

ウォール街では、S&P500は0.1%未満の上昇で4,138.12となり、およそ2ヶ月で最悪の週を終えた。ダウ平均は0.2%減の33,618.69、ナスダック総合は0.2%増の12,256.92となった。

前週は、米国の雇用統計が好調で、景気後退の可能性に対する懸念は沈静化したものの、高インフレに対する懸念が高まり、中小銀行に対する懸念が支配的でした。金利が大幅に上昇したため、中小銀行はウォール街に預金は安全であり、シリコンバレー銀行などが倒れたような突然の資金流出の危険はないことを保証するために奔走しています。

市場にとってより大きな懸念は、この混乱によって銀行が融資を控える可能性があるということです。その結果、多くの投資家がすでに可能性が高いと見ている景気後退のリスクが高まる可能性がある。

連邦準備制度理事会(FRB)が月曜日に発表したレポートによると、今年最初の3ヶ月間、多くの銀行が融資基準を引き締めた。それだけでなく、この調査は、銀行が2023年の間にその基準を引き上げることを広く予想していることを示唆しました。中小の銀行の中には、リスクを減らしたい、預金流出の心配があるなどの理由で、このような見通しを示したところもある。

連邦準備制度理事会(FRB)は、高インフレを減速させることを期待して、基準金利を昨年初めの実質ゼロから5%~5.25%の範囲に引き上げた。高金利は、景気を減速させ、投資の価格に打撃を与えることでそれを実現し、高金利が長く続くと景気後退を引き起こす危険性がある。

FRBは、経済の広範囲で急激な減速が見られるものの、雇用市場はほぼ回復していることから、次の動きはわからないと述べた。

また、米国政府による債務不履行の脅威も経済を覆っている。

米国債は世界で最も安全な投資先とみなされているため、このような事態は金融市場を揺るがすだろう。ジャネット・イエレン財務長官は日曜日にABCの「This Week」で、もし議会が今後数週間のうちに31兆3814億ドルという米国債の借入限度額を引き上げられなかった場合、米国が「災難」を避けるための「良い選択肢はない」と述べた。

今週末には、米国政府が消費者レベルおよび卸売レベルのインフレに関する最新の月次報告を行う予定です。また、デューク・エナジー社、ウォルト・ディズニー社、ニューズ・コーポレーション社から決算報告が行われる予定です。

債券市場では、10年物国債の利回りが金曜深夜の3.44%から3.51%に上昇しました。これは、住宅ローンやその他の重要なローンの金利設定に役立ちます。

FRBの行動への期待でより動く2年債は、3.92%から3.99%に上昇した。

エネルギー取引では、ベンチマークとなる米国産原油が43セント下落し、1バレル72.73ドルとなった。国際標準のブレント原油は47セント安の1バレル76.54ドルだった。

通貨取引では、米ドルは135.04円から135.08円まで日本円を上昇させた。ユーロは1.1008ドルから1.0989ドルとなった。

___

AP Business Writer Stan Choe がニューヨークから寄稿しました。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article