25.4 C
Tokyo
2024年 6月 17日 月曜日

レアル・マドリード、カリム・ベンゼマら夏の退団者を確認

Must read

ビジネス情報

ビジネス情報 マルコ・アセンシオ
マルコ・アセンシオ(Marco Asensioゲッティ

今週の日曜日、アスレティック・クラブとの今シーズン最後の試合を前に、レアル・マドリードはすでにロッカールームを整理している。金曜日にマルコ・アセンシオ、エデン・ハザード、マリアーノ・ディアスの退団が決定し、いくつかの発表がなされた。日曜日には、クラブはまた、憶測に終止符を打ち、サウジアラビアのアル・イティハドに移籍する見込みのカリム・ベンゼマの退団を確認した。

マルコ・アセンシオ、退団者リストのトップに立つ

ベンゼマがMARCA Leyendaアワードで、シーズンがまだ正式に終わっていない段階で選手の将来について話すのは自分のスタイルではないと明言した後、レアル・マドリードは金曜日に4人以上のフォワードに爆弾を投下して、全く逆のことをした。

アセンシオは昨シーズン、退団が確実視されていたが、カルロ・アンチェロッティ監督率いるチームでセンセーショナルなゴールを決め、もう1年在籍した。しかし、それでもレギュラースターターとしての地位を確立することはできなかった。マジョルカ出身のこの選手は、6月末の契約満了に伴いレアル・マドリードを去ることになり、10年近く続いたレアルでの活動に終止符が打たれる。

アセンシオは2014年、フロレンティーノ・ペレスの目に留まったマジョルカ出身の新顔の若者としてやってきた。彼は縁の下の力持ち以上の存在だったが、サッカー界の多くは、彼がまだそのポテンシャルを十分に発揮できていないと考えている。

アセンシオは、スペインの強豪チームに所属し、17のトロフィーを獲得した。 リーガエスパニョーラ のタイトルがあります。

アンチェロッティのもとで、アセンシオは、ベンチから重要なゴールを決めるなど、輝かしい瞬間を見せることができた。しかし、残念ながら先発の座を維持することはできず、90分間フルにプレーしながら自分の才能を発揮できる可能性のあるクラブを探しているのは当然である。レアル・マドリードでは、ブラジルのスター選手、ロドリゴ・ゴエスと右ウイングで競い合うことになり、出番は限られている。

プレミアリーグのアストン・ビラがアセンシオの次の行き先と考えられていたが、リーグ1の巨人、パリ・サンジェルマンがその取引を乗っ取るようだ。PSGがより有利なオファーを出せるのは間違いないし、トロフィーを獲得する可能性もフランスの方が高い。

クラブは声明の中で、次のように述べている:「レアル・マドリードは、7シーズンにわたり我々のバッジとカラーを守ってくれたマルコ・アセンシオに、感謝と愛情を表したい。

“彼はわずか20歳でレアル・マドリードに入団し、我々の最も成功した時代の一つに関わるチームの一員として歴史を作ってきた。”

エデン・ハザードはチャンスを使い果たした

アセンシオ退団が発表されたわずか数時間後に、レアル・マドリードもやや驚きの少ない声明で、エデン・ハザードの放出を確認した。

ベルギーのスターは、2019年にサンティアゴ・ベルナベウに到着し、次のような大きな空白を埋められるかもしれないという大きな期待を持っていた。 クリスティアーノ・ロナウド.彼は、プレミアリーグのチェルシーで245試合に出場し85ゴールを記録した輝かしいキャリアから到着しました。しかし、残念ながら、ロス・ブランコスでの過去4シーズンでわずか4ゴールしか決めることができなかった。

レアル・マドリードでの苦難の日々を送ることになったが、その主な理由は、しつこいほどの怪我のせいで、かなりの数の出場を続けることができなかったからだ。また、アンチェロッティ監督も、彼を招集する前に、他の選択肢を検討することがしばしばあった。

32歳の彼は、真のマドリディスタであることを証明したいという気持ちを常に口にしているが、フィットネスの問題は、チーム内で重要な役割を果たすことを妨げている。まだ契約は1年残っているが、我慢の限界に達したようで、クラブが今夏の移籍市場に乗り出す前に、彼を追い出すことになった。

ヨーロッパのトップクラブに移籍する可能性は極めて低く、サウジアラビアやアメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)が最も可能性の高い移籍先となる。

ビジネス情報 エデン・ハザール
エデン・ハザード アンヘル・マルティネス/ゲッティイメージズ

再出発を決めたマリアーノ・ディアス

フォワードラインの総入れ替えと思われるレアル・マドリードは、マリアーノ・ディアスが今月末に契約満了を迎え、フリートランスファーで退団することも決定している。

ハザードのように、この29歳はトップチームのレギュラースターターとしての地位を確立することができないでいる。彼は2011年から2016年にかけてクラブのユースアカデミーで出世し、その後シニアチームに昇格した。その後、リヨンで1年間リーグ1を過ごし、その印象的な滞在でレアル・マドリードが彼を再び獲得した。

残念ながら、出場回数が少なく、思うような輝きを放つことはできていない。しかし、リーガ・エスパニョーラの他のクラブで居場所を見つけることができる可能性はまだ十分にある。

カリム・ベンゼマの去就がついに正式決定

木曜日に行われたMARCA Leyendaアワードで、ベンゼマが「自分はレアル・マドリードの選手だから、将来について何も言うことはない」と話した後、レアル・マドリードのファンはベンゼマが残るかもしれないと期待していました。彼はスピーチの最後に「ハラ・マドリード!」と叫んでいたが、わずか数日後の日曜日の朝にクラブが彼の退団を確認したとき、そのすべてが一昔前のことのように思えた。

クラブが出したのは、恐ろしい”オフィシャルコミュニケーション「レアル・マドリードは、14年ぶりにクラブと選手が別れることに合意したと発表しました。レアル・マドリードは、過去最高の25のタイトルを含む、フランス人選手のクラブでの功績を列挙した後、ストライカーのために組織的な別れが準備されていることを確認した。

このイベントは、6月6日(火)正午12時から、レアル・マドリード市内で、クラブのフロレンティーノ・ペレス会長の出席のもと行われる予定だ。

この記事の著作権は、インターナショナル・ビジネス・タイムズに帰属します。ビジネスニュースリーダー

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article