23.4 C
Tokyo
2024年 6月 21日 金曜日

5月の雇用者数は33.9万人増、弾力的な労働市場で予想を大幅に上回る

Must read

5月の雇用者数は33.9万人増、弾力的な労働市場で予想を大きく上回る

米国経済は5月も雇用を創出し続け、複数の逆風にもかかわらず非農業部門雇用者数は予想以上に急増した。 労働省が金曜日に発表した。.

ダウ・ジョーンズ予想19万人を上回り、29ヶ月連続のプラス成長となった。

5月の失業率は3.7%に上昇し、労働力率は横ばいであったにもかかわらず、予想の3.5%には届かなかった。失業率は2022年10月以来の高水準となったが、それでも1969年以来の低水準に近い。

主要インフレ指標である平均時給は0.3%上昇し、予想通りだった。年間ベースでは4.3%の上昇となり、予想を0.1ポイント下回った。平均労働時間は0.1時間減少し34.3時間となった。

市場はポジティブに反応 ダウ工業株30種平均は序盤の取引で400ポイント以上上昇した。強い雇用統計と議会での債務合意を市場が消化したため、国債利回りも上昇した。

「マンパワーグループの社長兼最高商務責任者であるベッキー・フランキウィッツ氏は、「米国の労働市場は、インフレ、注目されるレイオフ、ガソリン価格の上昇など、混乱の中で気概を示し続けている。「33万9,000人という求人数で、我々はまだルールブックを塗り替えており、米国の労働市場は歴史的な定義を覆し続けている。

5月の雇用者数の増加は、12ヶ月平均の34万1,000人とほぼ一致した。

専門・ビジネス・サービスが6万4,000人の新規雇用を獲得し、当月の雇用創出を牽引した。政府部門は56,000人、ヘルスケア部門は52,000人の雇用増となった。

その他、レジャー・接客業(48,000人)、建設業(25,000人)、運輸・倉庫業(24,000人)などが増加した。

ゴールドマン・サックスのヤン・ハツィウス氏、雇用統計は景気後退が近いことを示唆

雇用が大幅に増加したにもかかわらず、失業率が上昇したのは、自営業が36万9000人と大幅に減少したためである。これは、失業率の算出に使われる家計調査で雇用者としてカウントされた31万人の減少の一部であり、一般的に、ヘッドラインの給与支払者数に使われる事業所調査よりも変動が大きいと考えられている。

「キャピタル・エコノミクスの北米担当チーフ・エコノミスト、ポール・アッシュワース氏は、「結果的に、今回の雇用統計で唯一弱さを示したのは、週平均労働時間が34.4時間から34.3時間に減少したことだ。

失意のどん底にある労働者や経済的理由でパートタイムの仕事に就いている労働者を含む失業率の代替指標は、6.7%に上昇した。

5月の雇用統計は、経済が厳しい状況にある中で発表された。多くの専門家は、今年後半から2024年初頭にかけて景気後退が起こると予想している。

最近のデータでは 消費者は引き続きしかし、貯蓄を切り崩し、クレジットカードで買い物をする消費者も増えている。回復力のある労働市場も消費支出を下支えしており、4月の求人数は1,000万人を再び上回った。

今週、ワシントンの派閥抗争が終結し、潜在的な頭痛の種のひとつが解消されたようだ。 債務上限に関する合意.この合意は ジョー・バイデン今週、上下両院で可決された後、署名のためにジョー・バイデンの机の上に置かれる。

しかし、この先には別の問題が残っている。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、一向に収まらないインフレに対抗するため、2022年3月以降、基準金利を10回引き上げてきた。ここ数日、一部の政策立案者は、政策引き締めが経済にどのような影響を与えるかを見極めるため、6月に相次ぐ利上げを休止する意向を示している。

しかし、6月の利上げ観測は雇用統計後に上昇した。トレーダーは一時、4分の1ポイントの追加利上げの可能性を約38%織り込んだが、その後、その確率は約26%まで低下したという。 CMEグループのデータ.

他のデータでは、製造業は縮小傾向にあるが、サービス業は拡大している。木曜日に発表されたISM製造業景況指数も、物価が後退していることを示しており、FRBにとっては好材料だ。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article