25.4 C
Tokyo
2024年 6月 16日 日曜日

ウクライナ情勢はモスクワにとって2014年よりも「ずっと悪い」とロシアのテレビ評論家が語る

Must read

ウクライナ戦争

ロシア国営テレビの司会者が ロシアがより悪い状態にあることを懸念している ロシアがウクライナとの戦争において、2014年よりも悪い状態にあることを懸念している。

戦争は ロシアと西側諸国との関係を悪化させたロシア大統領に対する制裁はますます厳しくなっている。 プーチン とクレムリン。ロシアの人気テレビ局『Russia-1』のあるエピソードでは、モスクワ大学のアレクセイ・フェネンコ教授(国防・安全保障)が、ウクライナの反攻措置がプーチンのウクライナ戦争を悪化させ、ロシアは2014年にクリミアを占領したとき以上の苦しみを味わっていると懸念を表明した。

ロシアは2022年2月24日にウクライナに侵攻し、多くの人が迅速な勝利を期待したが、16ヶ月の戦争に発展し、双方に勝利と壊滅的な損失が見られ、終わりが見えない。

戦いの最前線はバフムートに移った。 ワグネルグループ兵士の一時的な援助にもかかわらずウクライナは、ウクライナ国民の精神が強く保たれている間、バフムートを維持している。最近、モスクワにまで及ぶ出所不明のドローン攻撃があり、クレムリンはキエフのせいだと非難しているが、キエフはその主張を否定している。

ウクライナ戦争 ドミトリー・メドヴェージェフ、プルドボーイ山脈を訪問
2023年6月1日、ウラジーミル・プーチン現大統領の盟友であるドミトリー・メドベージェフ前ロシア大統領(安全保障会議副議長)が、ロシア南部ヴォルゴグラード地方のプルドボーイ山脈を訪問。ロシアのテレビコメンテーターは最近、対ウクライナ戦争におけるロシアの状況は、2014年のクリミア併合時よりも悪化しているとの懸念を示した。 YEKATERINA SHTUKINA/SPUTNIK/AFP via Getty Images

「フェネンコは、「2014年から2015年にかけてとは異なり、現在の状況は我々にとってはるかに悪化している。「なぜかというと、当時は政治的に、ウクライナはロシアに支援されている人民共和国と戦争状態にあるように見えたからだ。つまり、重要なプレーヤーであるロシアが入ってこなかった。そして多くの人々が、ロシアが参戦すればウクライナは終わりだと言っていた。

「さて、新しい構成で何が起こるかというと、彼らの論理によれば、ロシアが参加して、昨年4月にアメリカが言っていたような決定的な成功を収められなかったことが判明し、我々の最後のカードが破られることになる。

戦略国際問題研究センターのマーク・カンシアン上級顧問は、次のように語っている。 ニューズウィーク によると、ロシアのミル・ブロガーたちは、バクムートでの成功のなさに落胆しているという。

「彼らはまた、ウクライナが受けているすべての訓練と軍事装備について心配している。「それがどれほどの軍事力を生み出すかについては、とてつもない不確実性がある。高いところでは、ロシア軍を粉々にするかもしれない」。

2014年、ヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領(当時)がロシアとの協定を拒否した後、ウクライナ政府に対する抗議運動が起こった。 欧州連合.ヤヌコビッチは抗議の中で逃亡し、彼を支持するロシアはその後、クリミアを併合して支配権を取り戻した。しかし、戦闘の多くはウクライナ軍とロシアの反乱軍との間で行われた。 ロシア軍 数カ月後に正式に介入。

「ウクライナの人々は今、次のような支援を得ている。 NATOとカンシアンは語った。

しかし、今回は最初から軍が関与しているため、ロシアの識者の中には、軍が負け戦を戦っているのではないかと心配する者もいる。

「ロシアの宣伝担当者は、現在の状況をあまり楽観視していない。ウクライナ内務省のアントン・ゲラシチェンコ顧問は、「彼らは、2014年から15年にかけての状況よりもはるかに悪いと考えている」と語った、 とツイートした。 金曜日に、ビデオのクリップを添えて。

ロシアの宣伝担当者は、現在の状況をあまり楽観視していない。彼らは、2014年から15年にかけての状況よりもはるかに悪いと考えている。 pic.twitter.com/WoJDfo6WJI

– アントン・ゲラシチェンコ (@Gerashchenko_ja) 2023年6月2日

ニューズウィーク プーチンの記者団にメールでコメントを求めた。

更新 6/2/23, 4:07 p.m.(米国東部時間):この記事は、マーク・カンシアンからのコメントにより更新されました。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article