14.9 C
Tokyo
2024年 4月 19日 金曜日

今日の株式市場ウォール街は閑散とした一日を終え、まちまちのまま終了

Must read

北京 — アジア 株式市場木曜日の株式市場は、世界経済が景気後退に陥るかもしれないという懸念があるにもかかわらず、主要中央銀行の首脳が、根強いインフレと闘うために金利を高く維持する必要があると発言したため、まちまちの動きとなった。

上海、香港、ソウルは下落し、東京とシドニーは上昇した。原油価格は下落した。

ポルトガルで開催された日米欧の中央銀行総裁会議は水曜日、主要国の雇用は依然として堅調であり、物価上昇圧力を払拭するには至っていないと述べた。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、「政策は十分な期間、十分に制限的ではなかった」と述べた。

ハイ・フリークエンシー・エコノミクスのカール・B・ワインバーグ氏はレポートの中で、「利上げの終わりはまだ見えていない」と述べた。

上海総合指数は0.1%安の3,185.56、東京の日経平均は0.4%高の33,340.66。香港のハンセンは0.9%安の18,995.31。

ソウルのコスピは0.1%高の2,560.67、シドニーのS&P-ASX200は0.1%未満の上昇で7,203.30。ニュージーランドは上昇し、バンコクは下落した。

ウォール街では、ベンチマークであるS&P500は0.1%弱の4,376.86となった。

ダウ工業株30種平均は0.2%安の33,852.66。ナスダック総合株価指数は0.3%上昇し、13,591.75となった。

チェリオスとハーゲンダッツのメーカーであるゼネラル・ミルズは、最新四半期の収益がアナリストの予想を下回ったため、5.2%下落した。

ハーシーが4%、J.M.スマッカーが3.7%、コナグラ・ブランズが3.5%下落した。

米軍やウクライナで使用される無人航空機、戦術ミサイルシステム、その他の機器を製造するエアロビロンメントは、予想を上回る利益と収益を発表し、4.9%上昇した。

FRBや欧州・アジアの中央銀行が金利を引き上げたことで、投資家は今年少なくとも短期間の景気後退を予想している。しかし、雇用と個人消費は予想外に好調を維持しており、景気後退は回避される可能性が示唆されている。

FRBは今年あと1~2回の利上げを見込んでいるとし、欧州中央銀行などはさらに積極的な姿勢を示している。

火曜日に発表された米消費者信頼感指数や新築住宅販売件数などの好調な経済指標を受け、S&P500種指数は1.1%上昇した。今月、S&P 500種指数は2022年4月以来の高値を記録した。

エネルギー市場では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、ベンチマークとなる米国産原油が18セント安の1バレル69.38ドルとなった。水曜日には1.86ドル高の69.56ドルだった。国際的な原油取引の価格基準となるブレント原油は、ロンドン市場で前日比26セント安の1バレル73.98ドル。前場は1.77ドル高の74.03ドルだった。

ドル円は、水曜日の144.32円から144.35円まで上昇した。ユーロは1.0922ドルから1.0896ドルに下落した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article