10.8 C
Tokyo
2024年 3月 4日 月曜日

史上最も進化したAPS-Cカメラα6700と汎用性の高いコンパクトショットガンマイクロホンECM-M1を新発売

Must read

テクノロジー

AIによる高精度な被写体認識と最新の静止画・動画性能をAPS-Cサイズのコンパクトボディに初めて凝縮

2023年7月12日 ソニーは、最新のAPS-Cミラーレスカメラ”α6700“.この新製品は、最新のフルフレームカメラ「α™」と「シネマライン」の最先端の静止画・動画機能と、コンパクトで軽量な「α6700」のデザインを組み合わせたものです。 α6000 シリーズは、ソニーで最も先進的なAPS-Cミラーレスカメラとなりました。

有効画素数2600万画素のAPS-C裏面照射型Exmor R® CMOSイメージセンサーと、ソニーの先進的な処理エンジンBIONZ XR®のスピードとパワーを組み合わせることで、APS-Cサイズのミラーレス一眼カメラとして、これまでで最も進化しました。 “α6700” は、小型・軽量設計でありながら、卓越した描写性能を実現しています。

最大120fpsの高解像度4K動画撮影に対応i14ストップ以上の広いラチチュードii また、ソニーのプロフェッショナル向けシネマラインモデルに採用されているS-Cinetone™ピクチャープロファイルを搭載し、カラーグレーディングを必要としない洗練されたムービーイメージを実現。

ビデオグラファーやブロガー向けに、ソニーは以下の製品も発表した。 「ECM-M1 “ ショットガンマイクロホン、ステレオを含む8つのサウンドピックアップモードで高音質なサウンドキャプチャーが可能。

ソニーは、”α6700 “を発売することで、あらゆるクリエイターの能力を向上させ、クリエイティビティをさらに進化させることを目指します。ソニーは、今後もAPS-Cモデルのラインアップを拡充し、多様なクリエイターの映像制作活動をサポートしていきます。

AIによる高精度な被写体認識

有効約2600万画素を誇る最新のAPS-Cサイズ裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサーと、先進のBIONZ XRエンジンとの組み合わせにより、優れた描写性能を実現。標準ISO感度は静止画・動画ともに100~32000で、高感度・低ノイズ撮影が可能。色再現性の向上により、人物や植物などの被写体を自然な色合いで撮影できるほか、クリエイティブルック機能により、個性的な映像表現も可能です。

AI処理ユニットは α7R V高精度なリアルタイム認識AF(オートフォーカス)を実現。を超えた α6000 シリーズの「人物・動物認識」において、人物、動物、鳥、昆虫、車・電車、飛行機など、複数の被写体を正確に認識できるようになり、多様なクリエイティブ表現に対応できるようになりました。本日発売の FE 70-200mm F4 G OSS II」と組み合わせることで、多様なクリエイティブ表現に対応します。 iii35mmフルサイズ換算で105mmから300mmの焦点距離を実現し、望遠ズームの威力を活かした高画質撮影が可能です。さらに、豊富なEマウントレンズにも対応しています。

4K120p対応の優れた動画性能i

6K相当のデータを活用し α6700 は、4K 120fpsのハイフレームレート記録に対応するなど、優れた4K映像を出力します。S-Log3を搭載し、14ストップ以上の高解像度を提供します。iiステラグラデーション用。また、S-Cinetoneを搭載した α6700 シネマライン開発で培った「肌色描写」や「被写体ハイライト」、AIを活用した「オートフレーミング」を搭載。iv 被写体をスムーズに追尾し、手動でカメラを動かす必要がありません。ボディには、デジタルオーディオインターフェースに対応したマルチインターフェース(MI)シューを搭載。新開発の ECM-M1 ショットガンマイクロホンは、デジタル音声を直接伝送し、高音質で劣化のないサウンドをキャプチャすることができます。

小型・軽量ならではの機動性・操作性・接続性

約12cm×7cm×8cm、重さ約493gのコンパクト設計。v)では α6700 は携帯性に優れている。タッチ操作に対応した使いやすいバリアングル液晶モニターを採用し、最新のタッチメニューで簡単に操作できます。カスタマイズ可能なフロントダイヤル、静止画・動画・S&Qモード切替ダイヤルも搭載。5.0段分の光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構を搭載。ヴィ 静止画とアクティブモードにおけるシャッタースピードの優位性vii 安定した映像を確保

接続性に関しては、このカメラはCreators’ Appに対応しました。viii は、動画や静止画をクラウドサービスへシームレスにアップロードできるようになります。また、ソニーは”カメラリモートSDK” を2023年7月にリリースし、遠隔操作や設定調整を可能にする。

環境への配慮とアクセシビリティ

過去10年間で、ソニーは約379トンを交換しました。ix デジタルカメラやデジタルビデオカメラのバージンプラスチックから再生プラスチックへの転換。ソルプラスを含むリサイクル素材TMxをカメラ本体に積極的に採用し、機能を損なうことなく環境負荷を低減しています。また、スクリーンリーダー機能を搭載しています。xi メニューや動画再生画面を音声で読み上げて操作を支援し、さまざまなクリエイターの創作活動をサポートする「匠の技」。

ショットガンマイクロホン “ECM-M1 “

その ECM-M1 世界初、8つの録音モードをダイヤルで選択できるショットガンマイクロホンxii.4つのマイクカプセルと独自のビームフォーミング、高度なデジタル処理技術により、ステレオを含む様々なモードを提供します。超指向性モードは、前方(幅30度以内)から狙った音を収音すると同時に、周囲の環境音に動的に適応し、他の音を効果的に抑えます。このモードは、被写体が常にマイクの前にいるインタビューやセルフィー撮影に最適です。

新たに追加されたロック機構付きモードダイヤルは、サウンドピックアップモードを簡単かつ確実に切り替えることができます。その ECM-M1 ECM-M1 は、バックグラウンドノイズを低減するノイズカットフィルターや、振動や低周波ノイズを最小化するローカットフィルターなどのノイズ低減ユーティリティを搭載しています。これらのフィルターはデジタル信号処理によって実装され、録音段階で音質を最大化し、複雑な後処理の必要性を低減します。また、4チャンネル録音(対応カメラのみ)にも対応しており、チャンネル3と4は無指向性モードで、チャンネル1と2は選択した指向性にフォーカスした安全録音が可能です。コンパクトで軽量な ECM-M1 ECM-M1 は、機動性を向上させ、様々なシチュエーションで高品質な音声を撮影できるようにします。マイクロホンを対応カメラのマルチインターフェースシューにクリップで固定するだけで、余分なケーブルやバッテリーを必要とせず、電源と音声を直接接続できます。デジタルオーディオインターフェースを内蔵した対応カメラのマルチインターフェースシューに接続すれば、音声信号はデジタルのままダイレクトにカメラに転送され、劣化することがありません。また、簡単なスイッチ操作で、アナログインターフェースを使用するさまざまなカメラに対応します。

価格と在庫

新しい α6700 は、7月末に約1,700ユーロで発売されます。欧州各地のソニー正規販売店で販売される。

新しい ECM-M1 は、約7月末に約400ユーロで発売されます。ヨーロッパ各地のソニー正規販売店で販売される。

最新カメラやその他のソニー製品で撮影された様々な独占ストーリー、ビデオ、エキサイティングな新コンテンツをご覧いただけます。 こちら.ソニーのヨーロッパ写真ハブは22ヶ国語に対応しており、製品ニュース、コンペティション、各国で開催されるソニーイベントの最新リストが掲載されています。

の製品ビデオ α6700そして ECM-M1こちらからご覧いただけます ソニーa6700のご紹介 そしてこちら ソニーECM-M1ショットガンマイクロホンのご紹介

i qfhd(3840×2160)。画角の約38%がトリミングされている。

ii S-Log3撮影時。ソニー内部測定値。

iii FE 70-200mm F4 Macro G OSS Ⅱの詳細は、2023年7月12日発表のプレスリリースをご覧ください。

iv ビデオモード時のみ有効。4K解像度の画像から切り出しているため、画角が狭くなっています。

v 重量はバッテリーとメモリーカードを含む。

vi CIPA規格準拠、Pitch/Yaw方向、FE 50mm F1.2 GM装着時、長時間露光ノイズ低減OFF。

vii アクティブモードでは、撮影画角が若干狭くなります。

viii サービスやアプリケーションの提供地域は、以下のURLからご確認ください:Creators’ App: https://www.sony.net/cca クリエイターズ・クラウド https://www.sony.net/cc/ Google PlayおよびApp Storeでアプリをダウンロードしてください。ネットワークサービス、コンテンツ、オペレーティングシステムおよびソフトウェアは利用規約の対象となり、いつでも変更、中断または中止される可能性があり、料金、登録、クレジットカード情報が必要となる場合があります。

ix ソニー調べ。2012年4月から2022年3月までに製品本体および付属品に使用されたリサイクル材料。

x 生産時期により使用部品にSORPLAS™が使用できない場合があります。

xi 対応言語は販売地域によって異なります。

xii 2023年7月プレスリリース時点。ソニー調べ。カメラマイクとして。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article