10.8 C
Tokyo
2024年 3月 4日 月曜日

フォックスコン、TSMCと日本のTMHをインドのチップ工場に誘致 – レポート

Must read

テクノロジー

インドのVedantaとの195億ドルの半導体製造ベンチャーが破綻した数日後、Foxconnは台湾の大手TSMCおよび日本のTMHと、インドにチップ工場を建設するための交渉を行っていると報じられている。

提案されているベンチャーは、ニューデリー国内に4〜5つの製造ラインを設立することになると、エコノミック・タイムズ紙は伝えている。 が報じた。 金曜日、いつものように “開発に詳しい人物 “の話を引用している。

TSMCとTMHの2社は、このプロジェクトに半導体の製造と運営に関する豊富な経験をもたらすだろう。

TSMCは世界最大の半導体受託製造企業であり、アップル、クアルコム、AMD、インテル、Nvidiaなどのウェハーを製造している。一方、日本のTMHは、ウエハーファブの運営とメンテナンスに精通している。

報告書によると、チップ製造の経験不足は、インド中央政府がVedantaベンチャーに関して提起したいくつかの旗印の一つであった。その前に 放棄 今週、フォックスコンはこれらの懸念に対処するため、グローバルファウンドリーズおよびSTマイクロと協議を進めていると言われている。

また、Foxconnはインドでより高度なチップを生産することも視野に入れているようだ。ヴェダンタが40nmと28nmの成熟したノードの生産設備を無名の統合デバイスメーカー(IDM)からライセンス供与する計画を進めているのに対し、フォックスコンは先進的な設計とレガシーノードの両方を生産することを目指していると報じられているが、この取り決めの詳細はまだ確定していない。

先進的なプロセス・ノードを使用して製造されるチップの大部分(CPU、GPU、AIアクセラレータのヘッドラインをつかむことを考える)は、台湾と韓国のTSMCとサムスン電子によって製造されているため、これは重要なことである。インテルも米国で先端プロセス・ノードを製造しているが、ファウンドリー・サービスのチップ製造部門はまだ軌道に乗っていない。しかし、チップ需要の相当量はまだ 古いプロセス技術 すべての集積回路に新しいノードが必要なわけではない。

Foxconnの半導体製造への持続的な関心は、100億ドルのインド半導体ミッション法の下で利用可能な巨額の資本、税制優遇措置、その他のインセンティブを考えれば、驚くには当たらない。 可決 2021年

以前 報告したようにインド政府はフォックスコンとヴェダンタに対し、資本支出の40%、海水淡水化プラントの費用の50%、電気と水に対する補助金、安価な土地、印紙税と登録料の払い戻しなど、プロジェクトを進めるための多くのインセンティブを提供した。

インド政府はチップメーカーを誘致するため、あらゆる手段を講じたにもかかわらず、フォックスコンはその餌食となった数少ない企業のひとつである。

TSMCはその代わりに、台湾でのプレゼンスを拡大し、米国での足跡を築くことに注力している。当初、2020年にアリゾナ州に120億ドルの工場を建設すると発表した後、TSMCは米国戦略を2つの工場に拡大した。 ファウンドリ その価格は400億ドルを超える。

ファウンドリー大手はまた、欧州での事業拡大を模索している、 潜在的に NXPセミコンダクター、ボッシュ、インフィニオンとの共同開発。ですから、インドでのフォックスコンとの提携もまったくありえない話ではありません。®

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article