23.4 C
Tokyo
2024年 6月 21日 金曜日

全仏オープンのシンデレラストーリー

Must read

ウクライナ戦争

スポーツ

エリナ・スビトリーナの握手禁止ポリシーがローラン・ギャロスを制した理由。

ウクライナ戦争 2023年6月4日、フランス・パリのローラン・ギャロスで行われた2023年全仏オープン第8日目、女子シングルス4回戦でダリア・カサトキナとのマッチポイントを制し、喜ぶエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)。

トップ200の選手がこんなことをするだろうか? ジュリアン・フィニー/ゲッティイメージズ

今年の全仏オープンでは「スポーツにこだわる」ことはなかった。

ノバク・ジョコビッチが フランスのスポーツ大臣から叱責を受ける コソボでの衝突に関するコメントに対して。ウクライナのマルタ・コスティユクは、ベラルーシのアリナ・サバレンカとの握手を拒否し、大ブーイングを浴びた。また、1月の全豪オープンで優勝したベラルーシの第2シード、サバレンカは、試合後の記者会見でウクライナのジャーナリストと緊迫したやりとりになった。サバレンカは「この世界では、ロシアの選手もベラルーシの選手も、誰も戦争を支持していない。しかし、彼女はベラルーシの強権者アレクサンドル・ルカシェンコとの関係についてはコメントしなかった。

敗れたコスチュクは、サバレンカの発言をあまりよく思っていなかった(そして彼女は だけではない彼女は個人的に、ウクライナ侵攻を支持するテニスプレーヤーを知っているという。「というのも、この質問をしたら、この人たちがウクライナを望むと答えるとは思えないからだ。

また、スポーツにこだわっているわけではない:29歳のウクライナのスター、エリナ・スビトリーナは、オデサ(2014年からロシアに占領されたクリミアに隣接)とウクライナの間で育った。 ハリコフスビトリーナは昨年、ロシア人との対戦を一時拒否し、今大会でもロシアとベラルーシの対戦相手との握手を拒否している。彼女の夫がフランスのテニス・スター、ガエル・モンフィスであることから、ローラン・ギャロスの観衆の目には、彼女は名誉フランス女性と映っている。彼女は先月のストラスブール国際の優勝賞金をウクライナの子供たちのためのチャリティに寄付し、パリでも同じように寄付すると言っている。また、彼女は昨年秋に出産して以来、ツアーではほんの数試合しかプレーしておらず、今大会のWTAシングルス・ランキングは192位だった。

スビトリーナのカムバック・ストーリーは甘美なものだが、トップ10を相手にそれを維持できるだろうか?夏のような日曜日の午後、ローラン・ギャロスで、スビトリーナはランキング9位のダリア・カサトキナと全仏オープン準々決勝進出を賭けて対戦した。

他のロシアやベラルーシの選手と同様、カサトキナは中立の立場でプレーしているが、これはスビトリーナや他のウクライナの選手たちからの要求の結果として課せられた体裁上の罰である。ウクライナの2つの侵略国は、非常に多くの偉大な現役テニスプレーヤーを輩出しており、昨年春に戦争が始まって以来、記者会見やロッカールームでは、この戦争が生きた問題となっている。 ウィンブルドンがロシアとベラルーシの選手を出場禁止に 昨年は完全に禁止されたが、今年の夏には中立国旗の下で再び入場が許可される予定だ。

しかし、すべての選手が同じような反応を示したわけではない。例えば、ロシアの世界ランキング7位のアンドレイ・ルブレフは、次のように語っている。 こう書いている。 2022年2月の大会で、テレビカメラのガラスに「No war please」と書かれた。そして、スビトリーナの日曜日の対戦相手、ダリア・カサトキナほど同情的な人物はいない。 “外国人諜報員” のレッテルを貼られた。彼女の箱に入っていたのは、ロシアのポップスター、ゼムフィラだった。 パリに亡命中 自身の反戦姿勢のために。

第1セットのスタートから明らかだったのは、ランキングの不一致に惑わされてはいけないということだ。両者はこれまでに6度対戦しており、スビトリーナはかつてランキング3位だった。 を獲得している。彼女はロシアの相手をブレークして2-1とリードを奪うと、終始その勢いを止めなかった。カサトキナを前後に走らせ、スラムや鋭い角度のショットをセットアップし、サービスボックスから横に走らせる。スビトリーナは、ショットが十分に入らないかのようにデッドボールを叩き、拳を突き上げ、コーチである元オランダのプロ、レーモン・スルイターに「さあ、行くぞ!」と叫んだ。「足を動かして、さあ、行くぞ」と彼は彼女に言った。彼女は5-4でこのセットを取り、カサトキナが連続でロングポイントを取ったときに取った。

カサトキナは、試合後のインタビュアーが言ったように、自分自身に勝たなければならない選手、グラインダーとしての評判を持っている。しかし、彼女のプレーはそうではなかった。彼女は何度も何度も長打を打ち、中途半端なサーブをネットに返し、サーブは控えめに言ってもイマイチで、4本のダブルフォールトがあり、セカンドサーブの平均スピードは時速わずか61マイルだった。(一時は、レーダーガンには遅すぎたようだ)。

第2セットは乱打戦となった。第2セットは69分で、サーブブレークが8回あった。5-4でマッチポイントを失い、6-5でサービング・フォー・ザ・マッチをブレークされた。しかし、スビトリーナはタイブレークを7-5で制した。カサトキナの76ポイントに対して彼女のポイントは80ポイントにとどまったが、大事な場面での勝利だった。試合後、彼女は「また17歳になった気分」と語った。4回戦へ、しかもフランスの母の日に。

この勝利は、スリリングであると同時に悲しいものだった。スビトリーナはスタンディングオベーションに包まれ、テレビレポーターがスタンドの夫を取り囲んだ。カサトキナは、スビトリーナに彼女のオープン・ハンドを拒否させたくないと、コートの向こうの彼女とアイコンタクトをとり、親指を立て、審判の手を握った。拍手の中で聞き取れなかったが、どうやら観客は何が起こったのか、どのロシアのテニス選手を見ているのか理解できなかったのか、カサトキナにブーイングを浴びせたようだ。アナウンサーが名前を言う暇もないほど、彼女は足早にコートを後にした。その後、彼女はツイッターで こう書いている。 昨日の最悪なことは、試合に負けたことではなく、パリを去ることだった。

スビトリーナの次の対戦相手は?ベラルーシのサバレンカだ。運がいいことに、スビトリーナはロシアかベラルーシから3人連続で対戦相手をゲットしている。準々決勝でどちらが勝っても、スビトリーナはまた緊張した面持ちでコートを後にすることになりそうだ。 しかし、スビトリーナは、握手とブーイングに焦点を当てるメディアの姿勢に憤慨している。戦争そのものではなく、握手やブーイングに焦点が当てられていることに、メディアは憤慨した。「ウクライナ人を助けること、子供たちを助けること、夫を失った女性を助けることに集中してほしい。「今、人々はかつてないほどの助けを必要としているのです。子供たちは両親を失い、身体の一部を失っているのです」。

彼女はカサトキナに優しい言葉をかけた。「彼女は勇敢な人ね」とスビトリーナは試合後の記者会見で対戦相手について語った。しかし、彼女には、火曜日にサバレンカと対戦することなど、他に考えなければならないことがあった。ガエル・モンフィスは、次の試合に向けて、次の目標を見つけなければならないだろう。 ベビーシッターを探さなければならない。

訂正、2023年6月5日本記事は当初、オデサが2014年からロシアに占領されていると誤って記載していた。同市は1991年以来ロシアに占領されていない。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article