15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

インドネシア、ウクライナ和平案に非武装地帯と国連国民投票を提案 アジアニュース

Must read

ウクライナ戦争

インドネシアの国防相は土曜日(6月3日)、ウクライナでの戦争を終わらせるための和平計画を提案し、非武装地帯と、紛争地域と呼ばれる場所での国連の住民投票を呼びかけた。

ウクライナ外務省のオレグ・ニコレンコ報道官は、このプランを却下し、ロシアはウクライナから軍を撤退させるべきだというキエフの立場を繰り返した。

プラボウォ・スビアントは、シンガポールで開催されたシャングリラ・ダイアローグ防衛会議に集まった世界各国の国防・軍事関係者に対し、敵対行為の停止を求める宣言を発表するよう呼びかけた。

彼は、停戦と、各当事者の前方陣地から15キロ(ほぼ10マイル)撤退することによる非武装地帯の確立を含む、多項目にわたる計画を提案した。

非武装地帯は、国連が派遣する平和維持軍によって観察・監視されるべきであり、「紛争地域の住民の大多数の希望を客観的に確認するために」国連の住民投票が実施されるべきであると付け加えた。

「私は、シャングリラ対話において、ウクライナとロシアの両国に和平交渉を直ちに開始するよう促す・・・自発的な宣言の形式を見出すことを提案する」とプラボウォ氏は述べた。

ニコレンコ氏は、ロシアはウクライナの領土を占領するという侵略行為を行っており、停戦を提案することは、ロシアに再編成と強化を許すことになると述べた。

「ウクライナとロシア連邦の間には、住民投票を行うような係争地は存在しない。

「占領地では、ロシア軍は戦争犯罪、人道に対する罪、大量虐殺を行っている。ロシアは現在、あらゆる手段でウクライナの反攻を妨害しようとしている。”

[[nid:631608]]

ロシアはウクライナの戦争犯罪と大量虐殺の非難を否定している。

インドネシアの提案は、ジョコ・ウィドド大統領が昨年モスクワとキエフを訪問し、両首脳間の和平仲介役を務め、和平交渉を再開することを申し出たことに続くものだ。彼は当時、主要経済国で構成されるG20の議長だった。

同じパネルで、欧州連合(EU)欧州委員会のジョゼップ・ボレル・フォンテルス上級代表兼副委員長は、ウクライナへの軍事支援が停止すれば、戦争はすぐに終わるだろう-ただし、同国の主権は外部からの侵略に奪われることになる-と指摘した。

「私たちはウクライナへの軍事支援を止めることはできない。とボレルは語った。

ウクライナのVolodymr Zelenskiy大統領は、ロシアにウクライナから全ての軍隊を撤退させることを求める10項目の和平計画を提案した。ニコレンコはインドネシアに対し、ゼレンスキーの和平案を支持するよう求めた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article