10.8 C
Tokyo
2024年 3月 4日 月曜日

今日の株式市場ハイテク株の下落がウォール街の上昇を鈍らせる

Must read

ニューヨーク(AP)-水曜日はハイテク株が下落し、ウォール街はまちまちのまま、5週間続いた上昇の勢いをさらに削いだ。S&P500種株価指数は0.5%安で引け、先週1年以上ぶりの高値まで上昇した後、3連騰となった。ナスダック総合株価指数は1.2%下落し、他の市場を上回った。ハイテク株のウエイトが低いダウの下落幅は小さかった。ダウは102ポイント(0.3%)下落した。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、インフレを抑制するためにさらなる利上げが行われる可能性があると述べた。上昇銘柄が下落銘柄をわずかに上回った。

これはニュース速報である。AP通信の記事は以下の通り。

ニューヨーク(AP)-技術株は水曜日に下落し、ウォール街はまちまちのまま、5週間続いた上昇の勢いをさらに削いでいる。

S&P500種株価指数は、午後の取引で0.2%下落した。S&P500種株価指数は、先週1年以上ぶりの高値まで上昇した後、3連騰する勢いだ。

ナスダック総合株価指数は市場に遅れ、東部時間午後3時現在で0.7%下落した。しかし、ウォール街では下落銘柄よりも上昇銘柄の方がやや多く、特にエネルギー産業と工業産業が上昇した。ダウ工業株30種平均は5ポイント(0.1%弱)高の34,059ドル。

連邦準備制度理事会(FRB)が間もなく利上げを中止し、景気後退を回避できるほどインフレ率が急速に低下しているとの期待から、S&P500種株価指数は約14%上昇した。アナリストの中には、インフレ率が頑なに高いままであるため、FRBが利上げを長期化せざるを得なくなる可能性がある一方で、上昇のスピードが速すぎ、行き過ぎたと指摘する者もいる。

パウエルFRB議長は水曜日、次のように述べた。 パウエル議長は水曜日、「インフレ率を2%に戻すにはまだ長い道のりがある」と述べた。パウエル議長は、昨年初めから猛烈な勢いで利上げが行われてきたため、利上げのスピードは遅くなるだろうが、あと数回の利上げが行われる可能性があると述べた。

「ここまで来たことを考えれば、利上げを行うことは理にかなっているかもしれないが、より緩やかなペースで行うことになるだろう」と下院委員会での証言で述べた。彼は、高速道路で時速75マイルから50マイルに減速し、目的地が近づくにつれてさらに減速するようなものだと例えた。

高金利はすでに、米国の銀行システムで3つの有名な破綻を引き起こす一因となっている。連邦政府が迅速に支援策を講じた後も、銀行業界は依然として圧力を受けている。

オールスプリング・グローバル・インベストメンツのアクティブ・エクイティ部門責任者であるアン・ミレッティ氏によると、中小銀行や地方銀行は、米国の商業・産業向け融資の約50%を占めている。これらの銀行への圧力は、中小企業の融資をより厳しくし、経済に打撃を与えるだろう。

ミレッティ氏は、FRBがこの短期間にすでに利上げを行ったことから、米国の景気後退の可能性に傾いているという。景気後退はそれほど深くないかもしれないが、それでも多くの人が予想するよりは長引く可能性があるという。

「インフレは後退している。

債券市場では、利回りは朝方から上昇幅を縮小した。10年債利回りは3.72%で安定している。10年債利回りは3.72%で、住宅ローンやその他の重要なローンの金利設定に役立っている。

年物国債利回りは、FRBへの期待により大きく動くが、4.69%で安定していた。

金利上昇は、あらゆる種類の株式、債券、その他の投資の足を引っ張る。しかし、高成長株は最も大きな打撃を受ける傾向があり、いくつかの大型ハイテク株は市場で最も重いウェイトを占めていた。

エヌビディアは1.3%下落し、人工知能産業をめぐるウォール街の熱狂に後押しされた今年初めの華々しい上昇の一部を取り戻した。このチップ・メーカーは、AIによって収益が飛躍的に伸びると発言した後、今年に入ってから200%近い上昇を続けている。

テスラは4.2%下落し、マイクロソフトは1%下落した。

フェデックスは、今後の業績予想が一部のアナリストの予想に対して低く見えたため、2.6%下落した。これは、ウォール街の予想を上回る直近四半期の利益を報告したにもかかわらず、である。

ウォール街の勝ち組では、ダラー・ツリーが今期の業績予想を据え置き、4.2%上昇した。

エネルギー株も原油価格と共に上昇した。エクソンモービルは1.5%上昇し、シェブロンは1%上昇した。

海外市場では、世界第2位の経済大国である中国の景気回復の足踏みに対する懸念の中、株価は引き続き下落した。香港のハンセン指数は2%下落し、中国政府が一部の投資家の期待よりも低い金利を引き下げた後、2日連続で急落した。

上海の株価は1.3%下落し、韓国のコスピは0.9%下落した。

ヨーロッパでは、株価指数は小幅に下落した。

ロンドンのFTSE100種株価指数は、英国のインフレ報告が予想を上回ったため、0.1%下落した。そのため、イングランド銀行は木曜日の会合で再び利上げに踏み切るとの観測が高まった。

___

APビジネスライターのマット・オットとエレイン・クルテンバックが寄稿。

スタン・チョー、AP通信

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article