15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

[EXPLAINER] 血と財宝と混沌:ロシアのウクライナ戦争の代償

Must read

ウクライナ戦争

ロシア、モスクワ – ロシアによる2022年のウクライナ侵攻は、数万人の死者と数百万人の避難民を出し、世界中に経済的混乱をもたらした。

以下はその影響の詳細である:

第二次世界大戦以降、ヨーロッパでは見られなかったレベルの死者が出ている。

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)によると、2022年2月24日から2023年5月21日までに、民間人8,895人が死亡、15,117人が負傷したと記録されている。

ネット上に公開された米国情報機関の文書とされる一群によると、35万4000人ものロシアとウクライナの兵士が死傷している。

ウクライナは、自国の兵士が何人殺されたかは明らかにしていない。ロシアのショイグ国防相は9月21日、開戦以来5937人のロシア兵が死亡したと述べた。それ以上の報告はない。

ウクライナとロシアの双方は、相手側が壊滅的な数の死傷者を出していると述べている。ロイターは、双方の戦場での主張を確認することができなかった。

欧米の外交官はロイターに対し、ロシアの死傷者数は合計で約20万人に上ると述べた。

ロシアのショイグは、5月だけで16,000人のウクライナ兵が失われたと述べた。ロシア最強の傭兵エフゲニー・プリゴジンは、8ヶ月に及ぶバクムートの「肉挽き」で72,000人のウクライナ兵が死亡したと述べた。

ワグナーは、戦争中に約5万人の囚人をリクルートし、そのうちの約20%が死亡したと述べた。ワグナーは、戦争中に約5万人の囚人をリクルートしたが、そのうちの約20%が死亡したと語った。キエフによれば、バフムートにおけるロシアの犠牲者は、自国の犠牲者よりもはるかに多いという。

ウクライナ東部での紛争は、ウクライナのマイダン革命で親ロシア派の大統領が倒され、ロシアがクリミアを併合した後、2014年に始まり、ロシアの支援を受けた分離主義勢力がウクライナ軍と戦っている。

OHCHRによると、2014年から2021年末までの間に、民間人3,106人を含む約14,000人がそこで殺害された。

(ウクライナ危機についてはこちら)

MISERY

2022年の侵攻以来、数百万人のウクライナ人が故郷を追われていると国連難民機関が発表した。ウクライナの人口は4100万人以上。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、ウクライナでは、戦争によって国内避難民となった500万人以上を含む、推定1760万人が緊急の人道支援を必要としている。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のデータによると、ウクライナからの難民はヨーロッパ全土で800万人を超え、ロシア、ポーランド、ドイツが最も多い。ロシアには290万人のウクライナ難民が登録されている。

ウクライナ

ウクライナは、海岸線を含む国土の少なくとも17-18%をロシアに奪われた。ウクライナの経済は破綻し、いくつかの都市は戦闘によって荒れ地と化した。

国際通貨基金によると、ウクライナの経済は2022年に30%縮小し、2023年にはさらに3%縮小すると予測されている。

ウクライナ、世界銀行グループ、欧州委員会、国連による共同評価によると、ウクライナの復興と回復には今後10年間で4,110億ドルの費用がかかる。

ウクライナが戦闘にいくら費やしたかは不明である。

ロシア

ロシアの戦費支出は国家機密であるが、ロシア侵攻後に西側諸国が科した史上最も厳しい制裁措置がロシア経済に大きな衝撃を与えているのと時を同じくしている。

経済は2022年に2桁の縮小になるという初期の予想を覆したが、政府が軍事費への支出を増やしているため、繁栄への復帰はまだ遠い。

ロシア経済省は、今年のGDP成長率を少なくとも1.2%と予想している。国際通貨基金(IMF)は、2023年の成長率を0.7%と予測しており、世界的な孤立とエネルギー収入の減少が、今後数年間ロシアの見通しを鈍らせると予想している。

ロシアの軍事費が急増し、制裁がエネルギー収入を圧迫する中、モスクワは財政赤字を抑えるための戦いに直面している。

ロシアは欧州のガス市場の大部分を失ったが、世界市場に石油を売り続けることができた。

欧米の金融市場から排除され、オリガルヒのほとんどが制裁を受け、マイクロチップなど一部の品目の調達に問題が生じている。

CIAのウィリアム・バーンズ長官は今年初め、プーチンがロシアを「時間の経過とともに中国の経済植民地」にしてしまう危険性があると述べた。

ロシアは、1917年のボリシェヴィキ革命後の悲惨な数ヶ月以来、初めて外債の債務不履行に陥った。

価格

ロシアへの侵攻と西側諸国の制裁は、肥料、小麦、金属、エネルギー価格の高騰を招き、インフレの波と世界的な食糧危機を煽った。

ロシアはサウジアラビアに次ぐ世界第2位の石油輸出国であり、天然ガス、小麦、窒素肥料、パラジウムの世界最大の輸出国である。

ロシアによるウクライナ侵攻の直後、国際原油価格は2008年の記録以来の高値に急騰した。

IMFは4月、戦争によって引き起こされたエネルギーと食料市場への混乱が収束しつつあると発表した。

「ロシアのウクライナ侵攻後に急上昇した商品価格は緩やかになったが、戦争は続いており、地政学的緊張は高い」とIMFは述べた。

西側兵器

ウクライナ侵攻以来、米国はウクライナに対し、スティンガー対空システム、ジャベリン対装甲システム、155mm榴弾砲、化学・生物・放射性物質・核攻撃から身を守る装備など、376億ドル以上の安全保障支援を行ってきた。

キール世界経済研究所によれば、ウクライナを名目上支援しているのは、アメリカ、EU、イギリス、ドイツ、そして日本である。

ロシアは、西側の武器供給が戦争をエスカレートさせていると述べている。ブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルヴァ大統領は、西側諸国はウクライナに武器を供給することで戦争を煽っていると述べた。中国はロシアを非難することを拒否し、平和を求めていると言っている。

– Rappler.com

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article