10.8 C
Tokyo
2024年 3月 4日 月曜日

本日の株式市場:ウォール街の後退に追随し、アジア株はほぼ下落

Must read

バンコク — S&P500種株価指数が昨年春以来の高水準に上昇した後、ウォール街のベンチマークが後退したため、水曜日のアジア市場では株価がほぼ全面安となった。

米国先物はほとんど変わらず、原油価格は上昇した。

東京の日経平均は0.1%高の33,427.14と小幅続伸、香港のハンセンは1.5%安の19,607.08。上海総合指数は0.5%高の3,240.36、ソウルのコスピは0.4%安の2,594.19。

オーストラリアでは、S&P/ASX200が0.2%安の7,345.30。

今週は、市場を動かすようなイベントはほとんどない。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は水曜日と木曜日に議会で証言する。先週、FRBは基準金利を据え置き、1年以上ぶりに利上げを発表しなかった。しかしFRBは、今年中にあと2回利上げする可能性があると警告した。

イングランド銀行は木曜日に金利政策について会合を開く。世界の中央銀行は、世界経済が圧迫されているとの懸念の中、インフレとの戦いに臨んでおり、方向性は異なっている。

SPIアセット・マネジメントのスティーブン・イネス氏は、「比較的軽めのデータ・ドケットの中で、投資家はFRBによる大量のスピーチを前に慎重になっている」とコメントした。

また、「中央銀行がインフレの痛みを与えようとするムードにある昨今、投資家は米株高に踏み切る前に、連邦準備制度理事会(FRB)と市場のインフレ先高期待の間にある大きな格差を縮めるために、ポジティブなインフレ・データの収束を見る必要があるかもしれない」と付け加えた。

6月1日の祝日で休場していた米国市場が再開した火曜日、S&P500種株価指数は0.5%安の4,388.71となった。ダウ工業株30種平均は0.7%減の34,053.87、ナスダック総合株価指数は0.2%減の13,667.29。

アメリカ 株式市場 景気後退を回避し、インフレが緩和してFRBが近く利上げを停止するとの期待から、株価は一歩後退した。人工知能をめぐる熱狂も、一部のハイテク株を大幅上昇に導いた。

こうした期待は、FRBが高金利を長期化させ、景気を悪化させるのではないかという懸念と戦っている。対前年比で最も改善しやすいインフレ率のいくつかは間もなく過ぎ去り、経済と金融市場の双方に厳しい時代をもたらすだろう。

70年代、インフレ率は期待されたよりもずっと長く高止まりし、FRBは最終的に経済を痛みを伴う景気後退に追い込まざるを得なかった。

一方中国では、世界第2位の経済大国が、反COVID規制の緩和後、回復に躓いている。

ウォール街の大半は下落し、S&P500種株価指数では5銘柄中4銘柄が下落した。

世界経済への懸念が、原油価格と原油を採掘する企業の株価を引き下げた。エネルギー株は2.3%下落し、S&P500を構成する11セクターの中で最大の下げ幅となった。エクソンモービルは2.3%下落、シェブロンは2.3%下落した。

アルミ缶などを製造するボール社は4.2%下落。同社は火曜日に、航空宇宙事業の選択肢を検討しているが、「正式な決定が下される確実性はない」と述べた。同社の株価は、この部門の売却を検討しているという報道を受けて、金曜日に7.2%急騰していた。

勝ち組はダイス・セラピューティクスで、イーライ・リリーがこのバイオ医薬品会社を現金24億ドルで買収すると発表した後、37.2%急騰した。リリーは0.9%上昇した。

米国の住宅建設業者が先月、エコノミストの予想よりも多くの現場で着工したとの報告を受けて、住宅建設業者は上昇した。将来の活動の指標となる建築許可件数も、予想を上回るペースで加速した。

プルテグループは1.9%上昇、D.R.ホートンは1.6%上昇した。

水曜日のその他の取引では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、米国の指標原油が29セント上昇し、1バレルあたり71.48ドルとなった。

国際標準のブレント原油は18セント高の1バレル75.17ドル。

ドル円は141.34円から141.70円まで上昇。ユーロは1.0922ドルから1.0916ドルに下落した。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article