14.8 C
Tokyo
2024年 4月 19日 金曜日

フォレックス・トゥデイ米雇用統計の週、ドルの勢いは続くか?

Must read

アメリカ

来週は、オーストラリア準備銀行とイングランド銀行の定例会合が予定されている。米国の雇用統計(非農業部門雇用者数など)も引き続き注目される。カナダとニュージーランドでも雇用統計が発表される。ユーロ統計局はインフレ率と成長率のデータを発表する。

来週の注目ニュースは以下の通り:

FOMCの後、アメリカでは雇用統計が焦点となる。火曜日にはJOLTS求人倍率、水曜日にはADP民間雇用者数、木曜日には週間失業保険申請件数と単位労働コスト、そして金曜日には今週のハイライトとなる 非農業部門雇用者数.7月の雇用者数は18万人増、失業率は3.6%にとどまると予想されている。また、火曜日にはISM製造業PMI、木曜日にはISMサービス業PMIが発表される。

ドル円は今週、米国の経済指標に支えられ上昇し、トップ・パフォーマーの一角を占めた。この上昇が続くためには、ドル円はもう一段の好結果を必要としている。DXYは、木曜日の米GDP統計を受けて上昇した後、2週目の上昇を記録し、101.50を上回って引けた。テクニカル面では、DXYはまだ底を打ったわけではないが、1年ぶりの安値からの回復を続けている。

米国債利回りは上昇し、米ドルを下支えした。10年物国債利回りは4.0%を超える水準まで上昇したが、その後は戻し、2年物国債利回りは4.9%前後に落ち着いた。ユーロ圏の債券利回りも上昇したが、そのペースはより緩やかだった。

ユーロ/米ドル ユーロ/米ドルは、2週連続で下落し、1年ぶりの高値からさらに後退した。1.0940で底を打ち、その後1.1000より上で跳ね返された。主なトレンドは依然として上昇だが、ユーロの勢いは弱まりつつある。ドイツでは月曜日に小売売上高、火曜日に失業率が発表される。月曜日には7月ユーロ圏消費者物価指数速報値が発表され、年率5.5%から5.2%への鈍化が予想される。木曜日には、ユーロスタットがユーロ圏生産者物価指数(PPI)を発表し、金曜日には小売売上高が発表される。

ポンド/米ドル ポンド/米ドルは、限定的な調整を行った後、1.2850/60付近で推移し、横ばいで週を終えた。今週の重要なイベントは、イングランド銀行金融政策委員会である。中央銀行は木曜日に利上げを発表すると予想されている。利上げ幅が25ベーシスポイントか50ベーシスポイントかが議論の的となっている。インフレ率と賃金上昇率は50bpsの利上げを決定する可能性を示唆しているが、労働市場の減速と経済見通しの兆候は、より小さな利上げを支持している。

不安定な金曜日に続いて 米ドル/円 は141.00近辺で小幅に値を下げ、金曜日につけた底値からは程遠い水準で週を終えた。 日銀の サプライズ的な動き。市場は、日銀が金融政策スタンスを大幅に変更する時期がどの程度近づいているのか、次の動きについての手がかりを探るだろう。正常化への兆しが見えれば、日本円は上昇する可能性がある。

米ドル/スイスフラン は2週連続で上昇し、数年来の安値からの回復を拡大し、0.8700をわずかに下回って終了した。スイスは7月 消費者物価指数 木曜日、年率は1.7%から1.5%に低下すると予想される。

豪ドル/米ドル 0.6800を維持できず、0.6600付近で推移。同ペアは横ばいの動きを続けている。また オーストラリア準備銀行 (RBA)は火曜日に金融政策決定会合を開き、25ベーシスポイントの利上げが予想されている。

NZD/USD 0.6400を上抜けすることができず、明確な方向性を見出せないまま推移しています。0.6100のサポートエリアに接近。水曜日未明、ニュージーランドは失業率や労働コスト指数を含む第2四半期雇用統計を発表する。

米ドル/加ドル は小幅に上昇したが、1.3250でキャップされたまま。同ペアは依然として下方向に偏っている。カナダは金曜日に雇用統計を発表する。


この記事が好きですか?このアンケートに答えて、フィードバックにご協力ください:

このページに掲載されている情報には、リスクや不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に特に明記されていない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄のポジションも持っておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていません。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article