8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

ダウ・ジョーンズ・ニュースワイヤーシェル、30億ドルの自社株買いを開始 利益は51億ドルに減少

Must read

シェルは木曜日、第2四半期の収益が落ち込み、30億ドルの自社株買いプログラムを開始したと発表した。

多国籍エネルギー大手 SHEL、 +0.23% SHEL、 -0.95% は、調整後利益が50億7000万ドルと、過去最高だった前年同期の114億7000万ドルから減少し、市場コンセンサスの55億8000万ドルを下回ったと発表した。

シェルの発表によると、液化天然ガスの取引および最適化の結果、実現石油・ガス価格の下落、精製マージンの低下、販売量の減少が下落の要因である。

営業活動によるキャッシュフロー(通常の事業活動から企業が生み出す現金を示す指標)は、市場コンセンサスの146億2,000万ドルを上回り、7%増の151億3,000万ドルとなった。これには48億ドルの運転資金流入が含まれる。

当期純利益は64%減の31億3,000万ドルで、これには17億ドルの正味減損費用と戻入益が含まれており、調整後利益と同じ要因によるものである。

ワエル・サワン最高経営責任者(CEO)は、「シェルは、商品価格の下落という環境にもかかわらず、第2四半期に力強い業績とキャッシュ・フローを達成した」と述べた。

FTSE100種株価指数グループによると、30億ドルの自社株買いプログラムを開始し、少なくとも25億ドルの追加自社株買いプログラムが発表される予定の第3四半期決算発表までに完了する予定であるという。

シェル、第2四半期の配当金を0.331ドルと発表、前年の0.25ドルから増加

シェルの第2四半期の総合ガス生産量は石油換算で日量98万5000バレル、液化天然ガス量は720万トン、上流生産量は石油換算で日量170万バレルであった。これはシェルの予想通りであった。

クリスチャン・モース・ラウルセン宛 christian.moess@wsj.com

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article