15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

テンセント、世界ゲーム市場シェア拡大のためビジュアルアーツを買収

Must read

テクノロジー

テクノロジー ビジュアルアーツのゲーム「クラナド」は、日本の京都アニメーションによってアニメ化された。
ビジュアルアーツのゲーム「クラナド」が、日本の京都アニメーションによってアニメ化された。 クレジット 京都アニメーション

中国の大手ハイテク企業テンセントが、ギャルゲーやビジュアルノベルを得意とする日本のゲーム開発会社ビジュアルアーツ(カブシキガイシャビジュアルアーツ)を買収した。大阪に本社を置く開発会社は、中国のソーシャルプラットフォームでこのニュースを発表した。 微博 木曜日。

なぜそれが重要なのか テンセントの買収で ビジュアルアーツ は、より幅広い視聴者にリーチし、新たな成長機会を探ることができると述べている。一方テンセントは、ここ数週間の一連の動きに続き、評判の高い開発会社をまた買収することで、世界的なゲーム大国を目指す。

詳細はこちら ビジュアルアーツの木曜日の発表と同時に、昨年明らかになった創業者馬場隆博氏の引退が確認された。馬場氏は保有株式をテンセント社に譲渡し、新CEOには天雲元気が就任することが発表された。

  • 1991年に設立されたビジュアルアーツは、日本のアニメスタイルのギャルゲーの最前線にいた。ギャルゲーは、恋愛に焦点を当てた出会い系ゲームやビジュアルノベルのサブジャンルで、一般的に異性愛者の男性向けに販売されている。
  • ビジュアルアーツはKeyの親会社であり、Kanon、AIR、Clannadなどの評価の高い作品の制作で知られている。
  • ビジュアルアーツのゲームの多くは、感傷的なストーリーが特徴。Kanon』、『AIR』、『クラナド』は、いずれも日本のスタジオ 京都アニメーションACG(アニメ、コミック、ゲーム)グループの中でも大きな影響力を持つ。
  • によると、同社の2022年発売のターン制ロールプレイングゲーム「ヘブン・バーンズ・レッド」は、かつて日本のiOSベストセラーリストのトップになったことがある。 Jiemian.
  • での 発表 馬場隆博氏は、テンセントとの契約について、同社は “これまでで最高の状態にある “と述べた。テンセントの投資の助けを借りて、ビジュアルアーツは世界中に広がるクラシックを作りたいと彼は付け加えた。

コンテキスト 中国最大のゲーム会社であるテンセントは、ここ数カ月で国際的な足跡を拡大しており、ライオット・ゲームズの過半数所有権に加え、一連の大規模な取引を行っている。

  • について 7月5日テンセントはライトハウス・ゲームズ(Lighthouse Games)に不特定額を投資し、英国のゲームスタジオがまだ名前のない近日発売予定のタイトルを開発するのを支援する。Lighthouse GamesはPlayground Gamesの共同設立者であるGavin Raeburn氏が最近オープンしたトリプルAスタジオである。
  • その数週間後 7月24日テンセントは、人気ゲーム「ダイイングライト」を開発したポーランドのスタジオ、テックランドの大株主になったと発表した。

テクノロジー アバター写真

ジェシー・ウーは上海を拠点とするテック系記者。TechNodeで家電、半導体、ゲーム業界を担当。Eメール:jessie.wu@technode.com。ジェシー・ウーの他の作品

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article