8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

本日の株式市場:米国のインフレ率とFRBの金利決定を控え、アジア市場は上昇

Must read

By:ジョー・マクドナルド、AP通信投稿

北京(AP) – 米国のインフレ・アップデートと米連邦準備制度理事会(FRB)による追加利上げの可能性に関する決定を控え、火曜日のアジア株式市場はほぼ全面高となった。

この記事を無料で読む

続きを読むには、購読をお申し込みください:

期間限定キャンペーン:通常価格より55%お得です!

19ドル 9週間の無制限アクセス*のための+ GST

  • winnipegfreepress.comで読み放題をお楽しみください。
  • 電子版新聞を読む
  • 受賞アプリ「News Break」にアクセスする
  • インタラクティブパズルで遊ぶ

続ける

*1~9週目:19ドル+GST。9週目以降は、4週ごとに通常料金の$19.00+GSTに値上がりします。キャンセルはいつでも可能です。
キャンペーンは7月31日まで。

北京(AP) – 米国のインフレ・アップデートと米連邦準備制度理事会(FRB)による追加利上げの可能性に関する決定を控え、火曜日のアジア株式市場はほぼ全面高となった。

上海は下落したが、東京と香港は上昇した。原油価格は月曜日の急落から反発した。

ウォール街のベンチマークであるS&P500指数は0.9%上昇し、14ヶ月ぶりの高値をつけた。予想では、5月のインフレ率は緩和したものの、企業活動を冷え込ませるための利上げにもかかわらず、FRBが目標とする2%の2倍を維持している。

日本を表示する電光掲示板の前に立つ人。
2023年6月13日火曜日、東京の証券会社で、日本の日経平均株価を示す電子ボードの前に立つ人。アジア株式市場は、米国のインフレ更新と米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ決定を控え、ほぼ全面高となった。(AP Photo/Eugene Hoshiko)

トレーダーは、FRBが水曜日の月例理事会で追加利上げを見送ることを期待しているが、インフレ率が予想より高ければ、それは複雑になるかもしれない。欧州と日本の中央銀行も今週会合を開き、利上げの可能性について協議する予定だ。

FRBの基準貸出金利は16年ぶりの高水準にあり、これが製造業の活動縮小と3つの有名な銀行破綻を引き起こしている。

「強気相場の上昇は止まりそうにない。「ウォール街は、FRBが今週11回連続の利上げを実施することはないと確信しているようだ。

上海総合指数は、中国の中央銀行が昨年夏以来初めて1週間貸出金利を引き下げた後、0.1%未満下落して3,227.57となった。これは、工場や消費者活動の成長が弱まった後、中国経済の回復の健全性に対する公式の懸念を反映したようだ。

東京の日経平均は1.8%高の33,018.65、香港のハンセンは0.5%高の19,495.06。

韓国のコスピは0.2%高の2,635.28、シドニーのS&P-ASX200は0.2%高の7,135.30。

ニュージーランド、バンコク、インドネシアは上昇。シンガポールは下落した。

ウォール街では、S&P500種株価指数は4,338.93まで上昇し、2022年4月以来の高値をつけた。

ダウ工業株30種平均は0.6%上昇し34,066.33となった。ナスダック総合株価指数は1.5%上昇し、13,461.92となった。

日本の株価を表示する電光掲示板の前を通り過ぎる人。
2023年6月13日火曜日、東京の証券会社で、日本の日経平均株価とNYダウの株価を表示する電子ボードの前を通り過ぎる人。アジア株式市場は、米国のインフレ率と連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ決定を控え、ほぼ全面高となった。(AP Photo/Eugene Hoshiko)

投資家が金利低下の最大の受益者と見ている高成長株が、月曜日の市場を牽引した。マイクロソフトとアップルが少なくとも1.5%上昇したことで、ハイテク株だけでS&P500種株価指数の半分以上を占めた。

火曜日に発表されるインフレ率では、先月の消費者物価は前年同月比で4.1%上昇すると予想されている。これは、4月の4.9%や昨年6月の9%超のピークからは低下するものの、FRBの目標値である2%の2倍以上となる。

人のFRB理事が、FRBは過去の利上げの影響に関するデータを収集する間、今週の利上げを見送るべきだと述べた。

月曜日、スイスのUBSは、同国の2大銀行を統合するために政府が手配した、ライバルのクレディ・スイスの買収が完了したと発表した。

エネルギー市場では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、ベンチマークとなる米国産原油が26セント上昇し、1バレルあたり67.38ドルとなった。月曜日には3.05ドル安の67.12ドルだった。国際的な原油取引の価格基準となるブレント原油は、ロンドン市場で43セント高の1バレル72.27ドル。前場は2.95ドル安の71.84ドルだった。

ドル円は月曜日の139.62円から139.52円まで下落した。ユーロは1.0756ドルから1.0796ドルへ上昇した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article