15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

ワールドコイン、企業や政府にIDシステムの利用を認めると発表

Must read

ビジネス情報

ビジネス情報 Worldcoin、企業や政府にIDシステムの利用を認めると発表© Reuters.ファイル写真:2023年7月25日、インド、ベンガルールのマントリ・スクエア・モールで、球体装置で目をスキャンされ、ワールドコインにサインするベンガルールのエンジニア、カリーム(22)。REUTERS/Medha Singh/File Photo

ネッテ・ノーストリンガー、マティアス・ベーア、エリザベス・ハウクロフト 記

ロンドン(ロイター) – ワールドコインは、より多くのユーザーと契約するために世界的に事業を拡大し、虹彩スキャンと身元確認技術を他の組織にも使用させることを目指していると、このプロジェクトを支える企業のシニア・マネジャーがロイターに語った。

オープンエーアイのCEOであるサム・アルトマン氏によって共同設立されたワールドコインは先週発足し、「IDおよび金融ネットワーク」を構築する計画の一環として、デジタルIDや一部の国では無料の暗号通貨と引き換えに、ユーザーに虹彩スキャンを提供することを求めている。

世界中の登録サイトでは、人々は光る球体の「オーブ」で顔をスキャンされており、生体データが悪用されるかもしれないというプライバシー保護運動家の懸念を一蹴している。ワールドコインによれば、220万人が登録し、そのほとんどが過去2年間の試験期間中だったという。イギリス、フランス、ドイツのデータ監視団は、このプロジェクトを調査中だと述べている。

サンフランシスコとベルリンを拠点とするTools For Humanityのヨーロッパ担当ジェネラル・マネージャーであるリカルド・マシエイラ氏は、「我々は、できる限り最大の金融とアイデンティティのコミュニティを構築するという使命を担っている」と語った。

Worldcoinは5月の資金調達ラウンドで、Blockchain Capital、a16z crypto、Bain Capital Crypto、Distributed Globalなどのベンチャーキャピタル投資家から1億1500万ドルを調達した。

Macieira氏は、Worldcoinはヨーロッパ、ラテンアメリカ、アフリカ、そして “私たちを受け入れてくれる世界のすべての地域 “で事業を展開していくと述べた。

ワールドコインのウェブサイトは、人工知能と人間を区別する、「グローバルな民主的プロセス」を可能にする、ユニバーサル・ベーシック・インカムへの「潜在的な道筋」を示すなど、様々な可能性のあるアプリケーションについて言及しているが、これらの結果は保証されていない。

先週、英国、インド、日本の登録サイトでロイターのインタビューに応じた人々のほとんどは、同社が認証されたユーザーが請求できると言う25の無料ワールドコイントークンを受け取るために参加していると答えた。

「ユニバーサル・ベーシック・インカムを生み出すのは我々ではないと思います。もし私たちが、政府や他の団体がベーシックインカムを実現できるようなインフラを作ることができれば、とてもうれしいです」とマキエラは語った。

例えば、コーヒーショップが全員に無料でコーヒーを1杯提供したい場合、Worldcoinの技術は、ショップが個人データを収集する必要なく、人々が1杯以上のコーヒーを要求しないことを保証するために使用できる、とMacieira氏は述べた。

「私たちがこのインフラを構築し、他のサードパーティがこの技術を使用できるようにすることです。

将来的には、虹彩スキャンオーブを支える技術はオープンソースになるだろう、とマキエラは付け加えた。

「将来的には、誰でも自分のオーブを作ることができ、そのオーブが目指しているコミュニティのためにそれを使うことができるということです」と彼は言った。

プライバシーへの懸念

規制当局とプライバシー保護運動家は、ワールドコインのデータ収集について、ユーザーがインフォームド・コンセントを与えているかどうか、データの取り扱いに1社が責任を持つべきかどうかなどの懸念を表明している。

ワールドコインのウェブサイトは、このプロジェクトは「完全にプライベート」であり、バイオメトリック・データは削除されるか、暗号化された形で保存されることをユーザーが選択できるとしている。

ツールズ・フォー・ヒューマニティが欧州連合(EU)に事務所を構えていることから、EUを管轄するバイエルン州データ保護監督局は、機密データの大規模処理に関する懸念から、2022年11月にワールドコインの調査を開始したと述べた。

バイエルン州の規制当局の社長であるマイケル・ウィル氏は、ワールドコインのシステムが「安全で安定している」かどうかを調査すると述べた。

このプロジェクトは「非常に野心的なセキュリティ対策と、データ保護要件がないがしろにされないようにするための多くの説明と透明性が必要だ」とウィル氏は述べた。

ウィル氏は、自分のデータを渡す人々は、そのデータがどのように処理され、なぜ処理されるのかについて「絶対的な明確さ」を必要としていると述べた。

ベルリンのヴァイツェンバウム研究所のAIと社会に関する研究者であるライナー・レハックは、ワールドコインのテクノロジー利用は「無責任」であり、どのような問題を解決するのか明確ではないと述べた。

「要するに、Web3と暗号製品のための新しい消費者基盤を作るための大きなプロジェクトだ」と彼は言った。Web3とは、ブロックチェーンを中心とした、ユーザーの資産やデータが取引可能な暗号資産として存在する、インターネットの仮想的な次の段階を指す言葉である。

ケイマン諸島を拠点とするワールドコイン財団は、プライバシーに関する懸念に対処するため、声明の中で、個人データを管理するすべての法律を遵守し、プライバシーとデータ保護慣行に関する情報を求める政府機関の要請に引き続き協力すると述べた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article