9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

今日の株式市場:S&P500が10月安値を20%上回り、ウォール街は再び強気に転じる

Must read

ニューヨーク(AP) – 木曜日、株価はウォール街が新たな強気相場に突入するのに十分なほど上昇し、S&P500種株価指数は昨年秋の安値から上昇を続けている。

同指数は0.6%上昇し、10月につけた底値を20%上回った。これは、ウォール街の健全性を示す主な指標が、約9ヶ月間で25.4%下落した痛々しい弱気相場から抜け出したことを意味する。

ダウ平均は168ポイント(0.5%)上昇。一方、ナスダック総合株価指数は1%の上昇で市場をリードした。チップ・メーカーのエヌビディアをはじめとする一握りの大型ハイテク株がウォール街の上昇の大部分を占めているためだ。

弱気相場の終焉を宣言する 市場ウォッチャーによって定義は異なるが、投資家にとって有用な指標となる。また、S&P500のインデックス・ファンドでは、下落局面でも持ちこたえることができた投資家は、最終的に損失をすべて取り戻していることがほとんどであることを思い起こさせる。

過去数世代で最悪のインフレ、過去数十年で最速の金利引き上げなど、多くの超絶的な要因に後押しされたとはいえ、この直近の弱気相場はわずか9カ月しか続かなかった。S&P500種株価指数が過去最高を記録した2022年1月3日から、底を打った10月12日までである。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのデータによれば、これは典型的な弱気相場より短く、損失も平均より浅かった。

ノースウェスタン・ミューチュアルのチーフ・インベストメント・オフィサーであるブレント・シュッテ氏は、「今から思えば、それほど悪くはないように見えるかもしれないが、その瞬間は確かに悪く感じる」と語った。

昨年、投資家にとってさらに痛手となったのは、株式と債券の両方が損失を出したことである。

この強気相場の上昇の大部分は、不況に陥るという度重なる予測にもかかわらず、経済が不況に陥ることを拒んだためである。2007年以来の高金利、3月以来3度にわたる米銀の破綻、米国政府による経済を揺るがす債務不履行の脅威、その他一連の難題に耐えてきた。

アメリプライズ・ファイナンシャルのチーフ・マーケット・ストラテジスト、アンソニー・サグリンベン氏は「結論から言えば、経済は非常に回復力がある」と語った。

「市場には多くの否定的な見方が組み込まれていた。「確かなことを知るには時期尚早だが、ネガティブな材料がすべて株式市場に織り込まれた時、株価は通常通りに動いているように見える:株価は、前途が良くなることを期待して上昇し始める。

雇用市場と消費者の支出が極めて堅調なため、景気後退が回避されただけでなく、FRBが間もなく利上げを打ち切るのではないかという期待も高まっている。

高金利は経済全体を減速させ、株やその他の投資価格の足を引っ張ることで、インフレ率を低下させる。

トレーダーの間では、FRBが金利を据え置くというのが大方の予想だ。 来週、FRBは金利を据え置くだろう。FRBは7月にもう1回利上げを行う可能性があるが、ウォール街ではそれ以上利上げを行わないことが期待されている。インフレ率は昨夏のピークから低下している。

しかし、株式市場にはまだ多くの課題が残っている。

その最たるものが、FRBがいつ利上げを打ち切るか誰にもわからないということだ。インフレは緩和されたとはいえ、FRBが許容する水準を頑なに上回ったままであり、あらゆる家計、特に所得の低い家計に痛みをもたらしている。

そのため一部の投資家は、景気後退がいつ訪れるかの予測を数カ月早めても、その準備を続けている。

「ノースウェスタン・ミューチュアルのシュッテ氏は、COVIDの大流行を引き起こした景気後退からの「奇妙で不均等な回復だった。”それは不況への奇妙な、均一なプッシュだった”。

懐疑論者に対するもう一つの警告サインは、S&P500の今年の上昇が、ほんの一握りの銘柄に集中していることだ。

FRBによる小休止への期待が、特に大型の高成長株を後押ししている。投資家は、FRBが緩和金利の恩恵を最も受けると見ている。

さらに、先月のエヌビディアによる驚異的な売上予測によって煽られた人工知能をめぐるユーフォリアが加わり、わずか7銘柄が今年のS&P500の上昇の大半を占めている。

エヌビディア、アップル、マイクロソフト、その他の大手ハイテク企業は、S&P500に大きな影響力を持っている。一方、S&P500構成銘柄の半数近くは、今年に入ってから下落している。

木曜日はその良い例だった。アップル、マイクロソフト、エヌビディアがS&P500を押し上げた。来週FRBが利上げを一時停止するとの期待が高まる中、大手ハイテク企業が上昇した。

というのも 先週、失業手当を申請した労働者の数は、2021年10月以来最も多かった。.労働市場の冷え込みは、カナダとオーストラリアの中央銀行が最近金利を引き上げたことで、より厳しい政策を求める圧力に逆行する可能性がある。

しかし、S&P500種株価指数は勝ち組と負け組にほぼ二分された。一方、ラッセル2000の小型株は0.4%下落した。

強気相場の到来も、株式市場が以前の高値に戻ったことを意味しない。S&P500種指数が25%下落した場合、イーブンに戻すには33%の上昇が必要だ。

S&P500種指数は26.41ポイント上昇し、4,293.93となった。ダウは168.59ドル高の33,833.61ドル、ナスダックは133.63ドル高の13,238.52ドル。

失業率のデータが市場に出た後、国債利回りは朝方からの上昇を止めた。10年物国債利回りは、水曜日深夜の3.78%から3.71%に低下した。年物国債利回りは、住宅ローンやその他の重要なローンの金利設定に役立っている。

年物国債利回りは、FRBへの期待により大きく動くが、4.55%から4.53%に低下した。

AP Business Writers Yuri KageyamaとMatt Ottが寄稿。

スタン・チェ、AP通信

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article