15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

豪準備銀行、第4四半期に最終利上げか=エコノミスト調査ロイター世論調査

Must read

ビジネス情報

ビジネス情報 豪準備銀、第4四半期に最終利上げか=エコノミスト調査ロイター世論調査© Reuters.FILE PHOTO:2017年3月7日、オーストラリア・シドニー中心部で、小包を配達する作業員が、オーストラリア準備銀行の建物の前を通る台車を押している。REUTERS/David Gray/File Photo

デバヤニ・サティアン撮影

ベンガルール(ロイター通信) – オーストラリアの中央銀行は、来四半期に25ベーシスポイントの利上げを実施し、このサイクルで最後の利上げに踏み切るだろうと、ロイター通信が世論調査したエコノミストらは語った。

8月1日、オーストラリア準備銀行は2ヶ月連続で金利を据え置き、過去16ヶ月間の400ベーシスポイント相当の利上げが、インフレが緩和の兆しを見せる中、需要を冷やすために機能していると述べた。

据え置きの決定は金利先物の価格設定に沿ったものだったが、インフレ率が6.0%と中央銀行の目標レンジの上限の2倍に達していることから、RBAが借入コストを引き上げると予想していたエコノミストの大半を驚かせた。

「理事会は、2025年末までにインフレ率を2-3%台に引き上げるという目標達成に自信を深めている。ウェストパックのチーフエコノミスト、ビル・エバンス氏は、「2025年末までに目標レンジの真ん中を達成できないことは問題だと思われるが、理事会はそのことに動揺していないようだ」と指摘した。

「労働市場が非常に逼迫しているという明確な証拠があるにもかかわらず、2ヵ月目の利上げを見送ったことは、理事会が逼迫した労働市場がインフレに与える影響を見極める必要があることを示している。

インフレ率が目標である2~3%まですぐに低下するとは予想されておらず、昨年後半からRBAはしばしばコンセンサス・ビューに反しているため、エコノミストにとって中央銀行の次の動きを予測することはますます難しくなっている。

回答者28人中18人と過半数が、RBAは年末までに公定歩合を少なくとも25ベーシスポイント引き上げると予想しており、13人は最初の引き上げは来四半期以降になると予想している。中央値は4.35%。

残りの10人は、市場予想通り4.10%に据え置くと予想した。

エコノミスト31人のうち23人、75%近くが今期の金利が4.35%以上になると予想していた1週間前とは、予想が急変した。

「RBAは現在、データに依存したモードに安住しており、予想に織り込まれている引き締めを前倒しする必要性はほとんど示唆されていない。しかし、そのインフレ経路は、サプライズの余地がほとんどないことを示唆している」と、オーストラリアのエコノミスト、クリス・リードは指摘する。 モルガン・スタンレー (ニューヨーク証券取引所:)。

「このため、11月の次回予想更新時に最終的な利上げが実施されると予想し、最終金利予想を4.60%から4.35%に引き下げる。我々の予想に対するリスクは、利上げ見送りの期間がより長期化することである。”

RBAが9月5日の公定歩合を4.10%に据え置くと予想した回答者は、29人中24人と8割を超えた。25ベーシス・ポイントの引き上げを予想した回答者はわずか5人だった。

ANZ、CBA、NAB、ウェストパックの主要地銀はすべて9月の利上げを休止すると予想した。4行のうち、NABだけが中央銀行による更なる引き締めを予想した。

中央値予想では、金利は3月末まで4.35%で据え置かれる。その後、四半期ごとに25ベーシス・ポイントの利下げが予想され、2024年末には3.60%になる。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article