3.7 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

今日の株式市場アジア株はまちまち、ウォール街は強気相場へ

Must read

東京–。 木曜日のアジア株は、ウォール街でハイテク株の売りが優勢となったことから下落した。

市場は地域全体で下落し、米国先物も下落した。原油価格は後退した。

の大幅な上方修正にもかかわらず、下落した。 日本日本の1-3月期の経済成長率は2.7%と推定された。これはアナリストの予想を上回った。

日本のベンチマークである日経平均は、1.3%安の31,517.45。 オーストラリアS&P/ASX200は0.2%下落の7,105.30。韓国のコスピは0.6%下落の2,599.49。

香港のハンセンは0.4%安の19,177.52。上海総合は0.1%安の3,193.86。

台湾のTaiexは1.1%下落し、インドのSensexは0.1%上昇した。

水曜日の米国株は、マイクロソフトをはじめとするハイテク株の下落が他の多くの銘柄の上昇を上回ったため、まちまちの終値となった。人工知能への期待や利上げ打ち切りへの期待から、ハイテク・セクターは上昇していた。

日本経済は、コロナウイルスのパンデミックに関連した規制が解除されて以来、回復している。観光客が戻り、その他の経済活動も活発化している。

現在の焦点は、日本の中央銀行が何年も固執してきた金融緩和政策からいつ脱却するかにある。この1年、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)をはじめとする世界の中央銀行は金利を引き上げてきた。日本の基準金利はマイナス0.1%だ。

「IGのマーケットアナリスト、ヤップ・ジュン・ロン氏はリポートの中で、「成長率が高まれば、日銀の政策的な出口を検討する余地が生まれるかもしれないが、中央銀行のスタンスは今のところ動かない可能性がある。

ウォール街では、S&P500種指数が0.4%下落の4,267.52となった。ダウ平均は0.3%上昇の33,665.02、ナスダック総合株価指数は1.3%下落の13,104.89。

マイクロソフト、アマゾン、エヌビディア、アルファベットの4社は少なくとも3%下落し、S&P500種株価指数で最もウエイトの高い銘柄となった。これらの銘柄はウォール街で最も価値のある銘柄のひとつであるため、その動きはS&P500指数に大きなパンチを与える。

小型株で構成されるラッセル2000指数は1.8%上昇し、先週の雇用統計が予想を上回ったことから、景気後退が懸念されていたよりも遠のく可能性が示唆されて以来、連騰を続けている。

市場全般は、景気後退の予測を何とか覆してきた回復力のある経済のおかげで、数ヶ月にわたって上昇してきた。しかし、その脅威は依然として迫っており、ウォール街は、景気後退と、連邦準備制度理事会(FRB)が利下げに踏み切るほどのインフレ率の低下と、どちらが先に訪れるのかに疑問を投げかけている。

ほとんどのトレーダーは、FRBが来週金利を据え置くと予想している。そうなれば、2007年以来の高水準にある基準金利を引き上げない、1年以上ぶりの政策決定会合となる。しかし、FRBは7月に利上げを再開する可能性がある。

金利引き上げの目的は、経済全体を減速させ、株式や債券、その他の投資商品の価格に打撃を与えることで、高インフレを抑制することだ。高金利による圧力は、雇用市場は堅調を維持しているものの、米国の銀行業や製造業を圧迫している。

債券市場では、10年物国債の利回りが火曜日深夜の3.68%から3.78%に上昇した。年債利回りは3.68%から3.78%に上昇し、住宅ローンやその他の重要なローンの金利設定に役立っている。年物国債利回りは、FRBへの期待でより大きく動くが、4.50%から4.55%に上昇した。

木曜日のエネルギー取引では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、ベンチマークとなる米国産原油が19セント安の1バレル72.34ドルとなった。水曜日には79セント高の72.53ドルだった。国際標準のブレント原油は14セント安の1バレル76.81ドル。

為替取引では、米ドルは140.10円から139.73円まで下落した。ユーロは1.0698ドルから1.0708ドル。

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

Yuri Kageyama is on Twitter https://twitter.com/yurikageyama

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article